クレジットカード発行を振り返ってみる

0

    JUGEMテーマ:クレジットカード

    今まで発行したクレジットカードを振り返ってみます。

     

    PARCOカード

    ANA AMEX

    エポスカード

    楽天カード

    Lifeカード

    MUJIカード

    ANA to me card(ソラチカカード)

    Yahoo Japanカード

     

     

    クレジットカードに

    2017年7月ごろから急にカードを作り始めました。

    7〜11月でPARCOカード以外の7枚のカードを発行しており、

    かなり作ったなぁーと実感

     

     

    PARCOカードは店頭で作りました。(数年前)

    当時はマイルやポイント貯める発想はなかったですね。

     

    ANA Amexは陸マイラーを始めるきっかけになったカード。

    成田空港で作ったのが既に懐かしいです。

     

    エポスカードはKEYUKAで作りました。

    店頭での申し込みで10万円以上で1万円引きだったので。。。

    (ポイントサイト経由よりもお得ですね。)

     

    楽天カードはハピタス経由で作りました。

    入会特典はハピタス8000ポイント+楽天ポイント8000ポイントでした。

    もう少し粘ればハピタスで12000ポイントぐらいもらえたのでちょっと後悔しました。

     

    Lifeカードは家賃保証で作らされました。

     

    MUJIカードはハピタスのポイント狙いですが、

    無印でフトンなどを購入する時などに活躍しています。

    セゾンポイントモール経由だと還元率が2.5%になるので、

    意外と使えます。

     

    ANA to me card(ソラチカカード)

    説明するまでもなく、陸マイラー必須のカードです。

    むしろ、すぐにでも発行しておくべきだったなぁ、

    と少々ばかり後悔しています。

    ポイント集めが難航すると思っていたのですが、

    予想以上に順調で、早くマイルに交換したい状態です。

     

    Yahoo Japanカード

    楽天市場よりもYahooショッピングの方がマイルを貯めるのに

    適していることに気づき、急いで発行。

    おそらく、今後のネットショッピングの主力カードになります。

     

     

     

     

    今はANA VISA ワイドゴールドを作るか迷っています。

    マイル還元率が良いので、店頭での大型の決済には使いたいのですが、

    年会費に対してどの程度、元が取れるか計算の必要アリです。

     

    あとはマイルと関係ないですが、

    JCBのゴールドカードも欲しくなってきました。

    JCB THE CLASS狙いです。

     

    エポスカードもインビテーションが来たらゴールドになりますが、

    決済額が足りていない状態で、あと半年はかかりそう。

     

     

     

    陸マイラーを始めて、クレジットカードについていろいろ調べたせいか

    クレジットカードの方もいろいろ欲しくなって来てしまいました。。。


    アメリカンエキスプレスゴールドカードの入会キャンペーンの比較

    0

      JUGEMテーマ:クレジットカード

      クレジットカード発行時に紹介やキャンペーンなどを利用することで

      よりお得にカード発行ができますが、色々なパターンで発行できる場合もあります。

       

      例えば、アメリカンエキスプレスゴールドカード(AMEXゴールドカード)

      (以下、2017/11/18での情報を記載)

       

      .▲瓮螢ンエキスプレスのホームページからの申し込みの場合

      ・入会後1か月以内にカード利用で3,000ポイント

      ・入会後3か月以内に30万円以上利用で10,000ポイント

      ・入会後6か月以内に60万円以上利用で11,000ポイント

      すべて達成でボーナスポイントが24,000ポイントもらえます。

       

       

      AMAZONのキャンペーンから申し込む場合

      (Amazonで商品を頼むとたまにキャンペーンのビラが入っています。

       ビラがなくてもキャンペーンコード AMZN2017 を入力すれば特典を受けられるようです。)

       

      ・初年度年会費無料(年会費:29,000円+税)

      ・入会から3か月以内に30万円以上利用でAmazonギフト券 20,000円分

      ・入会後6か月以内に60万円以上利用で40,000ポイント

      ・二年目カード更新でAmazonギフト券 5,000円分

      54,000円分+40,000ポイントが獲得できます。

       

       

      アメックス会員からの紹介で申し込む場合

      ・初年度年会費無料(年会費:29,000円+税)

      ・入会後3か月以内に10万円以上利用で10,000ポイント

      ・入会後3か月以内に30万円以上利用で20,000ポイント

      29,000円分+30,000ポイントが獲得できます。

       

      ぅ櫂ぅ鵐肇汽ぅ鳩侏

      ・ハピタスでもらえるポイントは2,000ポイントでこれ以外特典なし。

       

       

      もらえるポイント、還元額から言うと、

      △Amazonのキャンペーンからの申し込みが一番条件が良いですが、

      6か月で60万円という決済額は無理、という方もかなり多いのではないでしょうか。

      少なくとも私は通常の決済だけでは無理そうです。

      (金券類の購入などで無理やり達成する方法を取らざるえなさそう)

       

      次点はでこちらは、3か月以内に10万円以上利用が最初のボーナスポイント獲得の条件なので

      これであれば達成できる可能性が高いです。(月4万円決済相当)

       

      ,禄蘿度年会費無料がないですし、ボーナスポイントも紹介経由よりも低いです。

      い魯▲瓮奪スからの特典は受けることはできないようです。。。

       

       

      ということで申し込みの際は今後の決済額の予定で決めるのが良い方法です。

      △両魴鐫成が可能かどうかがポイントになります。

       

      以上、アメックスゴールドカードの入会に関する記事でした。

       

       

       


      陸マイラーの視点から楽天市場とYahooショッピングを比較してみた

      0

        JUGEMテーマ:マイル、マイレージ

        楽天市場とYahooショッピングは、ネットショッピングの最大手ともいえる存在であり、

        ポイントの還元制度など、非常にシステムも近く、ライバル的存在です。

         

        我々消費者からすると、競争によって消費者への還元が増えることはとてもうれしいことですが、

        実際にお買い物をするうえでどちらがお得なのでしょうか。

         

        私の場合はマイルを貯めることに特化していますので、マイル視点で見ていきます。

         

         

        ちなみに結論ですが、Yahooショッピングのほうがマイルが溜まる、です。

        なぜなら、前の記事にも書いたようにYahooショッピングではすべてのポイントがマイルに交換できるからです。

        このすべてのポイントというのは期間固定Tポイントも含まれます。

        楽天の期間限定ポイントは現段階ではマイルへの交換方法がなく、楽天などのサービスで使用するしかありません。

        なお、計算上では単純なポイント還元でもYahooショッピングのほうが若干高そうです。

         

         

        では、実際に検証してみます。

        計算するための前提条件として以下のような設定としました。

         

        〃遏5万円の買い物を楽天または、Yahooショッピングでする。

        楽天カード利用あり、Yahoo Japanカード利用あり。

        3敕轡皀丱ぅ襪陵用あり、ソフトバンクまたはYモバイルの利用あり。

        で磴Δ發里呂垢戮督名錣離好肇還元率1%のみの商品とする。

        ゥ櫂ぅ鵐肇汽ぅ鳩侏海△蝓▲▲廛衢用あり。ただしアプリ利用などの条件と併用できない場合は除く。

        η磴げ鵑螢ャンペーンは、今回の計算では入れない(次の機会に検討します。)

         

        以上から、還元率を計算していきます。

        まず楽天市場から。

        楽天市場のお買い物で+1% (通常のストア購入時に得られるポイント)

        楽天カードの決済で+2% (楽天市場で楽天カード決済をした場合の特典。ゴールドカードなら3%)

        楽天カードの決済+1%(クレジットカードそのものの還元率)

        楽天モバイル利用+1%

        楽天市場アプリ利用+1%

        楽天ブックス利用+1%

        ハピタス利用+1%

         

        これらを合計すると8%還元されます。

        楽天市場アプリはハピタスは併用できないように見えますが、

        楽天市場アプリを月1回以上利用すれば、その月すべての買い物にポイントアップが適用されるため、

        少額の商品のアプリで1回だけ購入し、残りをすべてハピタス経由で買えばOKです。

         

        これに加えてポンカンキャンペーンがあります。

        要エントリーですが、継続実施されているので、これも加味しますが、

        最大倍率の要件を満たすのは難しいので、現実的な範囲にします。

        ポンカンキャンペーン対象のサービスは以下の六つ

         

        ・楽天市場

        ・ケータイ版楽天市場(アプリ)

        ・楽天ブックス

        ・楽天トラベル

        ・楽天GORA

        ・楽天kobo

         

        このサービスのうち

        3つ以上利用で+1%

        4つ以上利用で+2%

        5つ以上利用で+3%

        となります。

         

        おそらく、実際に使う可能性があるのは上の4つがいいところでしょう。

        なのでこのキャンペーンで+2%となり、上記の8%と合わせると

        10%の還元率になります。

         

        これに加えて、楽天イーグルスorヴィッセル神戸が勝つと翌日はポイントが+1%(W勝利で+2%)

        となるので、これも入れると還元率12%まで上がります。

         

        ここで注意が必要なのは、このほとんどがマイルに交換できない期間限定ポイントである、ということです。

         

        この中でマイルに交換できるのは、、、

         

        楽天市場のお買い物で+1% (通常のストア購入時に得られるポイント)

        楽天カードの決済+1%(クレジットカードそのものの還元率)

        楽天モバイル利用+1%

        ハピタス利用+1%

         

        この四つだけです。

        ハピタス利用分はソラチカルートでマイルに変換できるので、マイル還元率は0.9%

        残りの三つは楽天スーパーポイントなのでマイル還元率はそれぞれ0.5%

         

        合計すると2.4%のマイル還元率になります。

        これと楽天スーパーポイント8%分となります。

        月5万円分とすると、

        1200マイル/月、4000楽天ポイント/月

        貯まることになります。

         

        実際には他のキャンペーンもあるので、もう少し還元率は上がります。

        (が、ほぼ期間限定ポイントになります。)

         

         

         

         

         

         

        では次にYahooショッピングを見てみましょう。

        Yahooショッピングのお買い物で+1% (通常のストア購入時に得られるポイント)

        YahooJANANカードの決済で+1% (YahooショッピングでYahooJANANカード決済をした場合の特典。)

        YahooJANANカードの決済+1%(クレジットカードそのものの還元率)

        ソフトバンク利用で+9% (Yモバイルもエンジョイパックに入れば同じ倍率、、なはず)

        Yahooショッピングアプリ利用+2% または ハピタス利用+1%

         

        合計すると14%まで行きます(ハピタス経由なら13%)

         

        これらの中には期間固定Tポイントも含まれますが、以下の方法ですべてマイルに変換可能です。

        通常のTポイントは、50%の交換率でマイルに移行可能、

        期間固定ポイントはヤフオクでドットマネーギフトコードを購入し、ソラチカルートでマイルに交換。

        (ヤフオクではTポイントで決済ができ、期間固定Tポイントも使える)

         

         

        ヤフオクでは1600円程度で1000マネーは売られているのでソラチカルートでは1000÷1600×0.9で約56%の交換率。

        面倒なのですべて50%で交換できたとすると、マイル還元率7%になります。

        月5万円分とすると、3500マイル/月、

        つまり年間42000マイルになります。

        決済だけでこれほど貯まるのは、正直かなりすごいです。

         

        しかしながら、Yahooショッピングは楽天ほど品ぞろえが良くない、という点で若干不利です。

        楽天とYahooショッピングの両方でお店を出しているところもあるので、、、

        楽天で調べておいて、そのあとにYahooで同じ店がないか、確認してみるのも一つ有効な方法だと思います。

         

         

         

         

        私自身、楽天市場のヘビーユーザーだっただけに、この事実に気づいたときはかなり衝撃でした。

        (もちろん、今後ヤフオクでドットマネーギフトコードの取引が禁止になったり、

          Tポイントが使えなくなる可能性も否定できませんが。)

         

        マイルを貯めるならYahooショッピングが良いことに気づき、今後は楽天からYahooショッピングに

        乗り換えていくつもりです。

         

         

        ちなみにですが、陸マイラーの方はすでにお分かりと思いますが、

        ドットマネーギフトコードを購入しているので、

        すでにソラチカルートの渋滞が発生している方(ハピタスなどで紹介制度のポイントが十分に入ってきている方)は

        ソラチカルートの上限に引っかかるために、この還元率には意味がありません。

        どちらかというと、決済やポイントサイトでちょっとずつマイルを貯めている方向けに、

        という説明になります。

         

         

        以上、陸マイラー視点でのネットショッピングの比較でした。

         

         


        Yahoo! JAPANカード 申し込みました

        0

          JUGEMテーマ:マイル、マイレージ

          このところクレジットカードの申し込みが続いており、

          いつ審査に落ちるかとひやひやしています。

           

           

          今回、申し込んだのはYahoo! JAPANカード。

          楽天カードと並ぶ高還元率カードであり、使いやすいカードの筆頭です。

           

           

          もちろん、例によってポイントサイト経由での申し込みです。

          また、ちょうどYahoo! JAPANカード自体の入会キャンペーンもあり、

          ポイントが大量獲得できます。

           

          ハピタス経由で8500ポイントに加えて、

           

          Yahoo! JAPANカード入会で5000ポイント

          Yahoo! JAPANカード入会で6111ポイント

          Yahoo プレミアム会員入会で5000ポイント

          のTポイントがもらえます。

           

          このキャンペーンが今日までということに気づき、慌てて申し込みました。

           

          ハピタスのポイントはソラチカルートでマイルに変換予定ですが、

          Tポイントのほうが少し厄介です。

           

          この入会のポイントは期間固定ポイントであり、そのままマイルに移行することはできません。

          しかしながら、ある方法でソラチカルートでマイルに変換することができます。

           

           

           

          それは、ドットマネーギフトコードをヤフオクで購入する、という方法です。

           

          ヤフオクでドットマネーと検索すると、ドットマネーギフトコードが出てきます。

          1000マネーあたり1600円前後で売り出されています。

          これをソラチカでマイルにするとマイル移行率は56%程度です。

           

          通常のTポイントは1000ポイントで500マイルという交換率ですので、若干ですがマイル移行率がアップします。

          しかし、ソラチカルートが渋滞していると意味もありませんし、

          マイルに替えるまでに時間がかかるデメリットがあります。

           

          楽天の期間限定ポイントは現状、マイルに交換することが難しいので、

          マイラー視点ではTポイントに分があるように思います。

           

           

          もうひとつ、ハピタスのポイントを現金にする場合はヤフオクでドットマネーギフトコードを売る、

          という方法で換金率を上げることができることになります。

          (手間とヤフオクの手数料はかかりますが。)

           

           

           

           

          以上、Yahoo! JAPANカード入会&期間固定Tポイントのマイルへの交換方法でした。


          ソラチカカードを申し込みました (備忘録)

          0

            JUGEMテーマ:マイル、マイレージ

            陸マイラーの必須カードとも言えるソラチカカードを申し込みました。

             

            ハピタスで楽天カードやMUJIカードを発行していたこともあり、

            少し時間を空けてから発行しました。

             

            おそらく、決済用にはまったく使用しないと思います。

             

            備忘録的にソラチカカードまとめ

            ◆年会費1080円(初年度無料)

            ◆入会時と継続時に1000マイルもらえる

            ◆PASMOと一体型

            ◆10マイルコースは5400円/年かかるが、決済時還元率0.5%→1%(100円=1マイル)にアップ

            ◆PASMOへのオートチャージでもポイントがたまる

            ◆東京メトロ乗車でメトロポイントがたまる

            ◆オートチャージはエリアが限定される

            ◆メトロポイント100ポイントをANAマイル90マイルのレートで交換できる

            (月上限20000メトロポイント)

             

            PASMO機能の部分が活用できれば、使う価値が出てくるのですが、

            PASMOのチャージが首都圏などのSUICAエリア、PASMOエリアに限られるため、

            中部在住の私ではまったく活用できません。

             

            なので、メトロポイントをANAマイルに高いレートで移行できる部分を活用していくことになります。

            これがソラチカカードが陸マイラーに必須のカードを言われる所以であり、

            ポイントサイトで得たポイントをフル活用できる最強のカードです。

             

            ハピタスのポイントやちょびリッチのポイントはドッドマネー経由でメトロポイントに交換し、

            これをソラチカカードでANAマイルに交換するゴールデンルート(通称ソラチカルート)です。

             

            また、永久不滅ポイントもドットマネー経由のほうが高いマイル移行率になります。

            (100永久不滅ポイント=500マネー=500メトロポイント=450マイル)

            永久不滅ポイントからダイレクトにANAマイルに移行すると200ポイント=600マイルになりますので、

            ソラチカルートのほうが高移行率になります。

            ただし、月の移行上限以上にメトロポイントを持っている場合はANAマイルに直接移行してもよいと思います。

             

             

             

            ところで、ソラチカカードのようにクレジットカードで別名のようなものがついているのは珍しいのではないでしょうか。

            個人的にはこの名前、すごく気に入っていおります。

             

            また、キャッチコピー(?)の

            東京の地下には、空がある。

            っていうのも、かなり好みのセンスです。

            夢があるというか、例え方が上手いというか、

            なんとも表現できないのですが、良いのです(笑)

             

            以上、蛇足もありましたが、ソラチカカードの備忘録でした。



            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << April 2018 >>

             

            にほんブログ村バナー

            ブログ村 ランキング

            Twitter

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              しょうにん
            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              ヒビヒビ
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              しょうにん
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              -@-
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              しょうにん
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              -@-

            profile

            search this site.