三井住友VISAカードを発行しましたが。。。

三井住友VISAカードのポイントが高くなっており、ついつい申し込んでしまいました。

ちょびリッチ経由で14,000円相当のポイントを獲得予定です。

 

ポイントサイトの高騰で何も考えずに申し込んだのですが、三井住友VISAカードのメリットは何があるのか、調べてみたのですが。。。

 

 

 

今回発行したのは三井住友VISAクラシックカードです。

一番オーソドックスなVISAカードであり、マイペイすリボに登録し、年一回以上の利用で年会費が無料になります。マイペイすリボは限度額と同じにしておけば、手数料はかからないので実質年会費無料で持てるカードです。

 

ポイント還元は1,000円につきワールドプレゼントのポイントが1ポイント(=5円相当)もらえますので、0.5%の還元率です。また、リボ払いの手数料がある月は利用額に対して2倍のポイントがもらえるため、還元率は1%になります。リボ払いの手数料を支払い金額の増額等でぎりぎりまで少なくする方法を使えば、実質1%の還元率で使うことができます。

 

さらに前年の利用額に応じたポイント優遇制度があり、V1, V2, V3の3段階になっています。

昨年の利用が300万円以上利用でV3になり、還元率が実質0.65%になります。

(50万円利用で150ポイント付与、以降10万円利用ごとに30ポイント付与)

 

マイペイすリボ併用でも1.15%の還元率なので、還元率としては物足りない感触です。

(プライムゴールドやゴールド以上なら1.3%になるので、少し良くなる)

 

 

ポイントUPモールというネットショッピングでのポイント優待もありますが、楽天やamazonは還元率1%なので、ポイントサイト経由やその他カードのポイント制度を利用した方がお得だと思います。

 

リアル店舗での利用はココイチという制度があります。

事前エントリーが必要で少し面倒ですが、キャッシュバックかポイントアップかを選択して優待を受けることができます。エントリー後、優待の有効期限がありますが、何度でもエントリー可能で実質使い放題です。

 

また、金曜日はエントリーした店舗での利用でポイントがさらに3倍になります。(2019年3月まで)

例えば、エントリーでポイントが3倍になる店舗で金曜日に利用すれば、実質6倍のポイント還元になります。

(通常の還元率が0.5%なので、還元率としては3%になります)

これはうまく使えれば、かなりのポイント獲得が期待できます。

 

東急ハンズ、大丸、松坂屋、タカシマヤはエントリーでポイント3倍になりますので、大きい買い物をする場合は金曜日にすることでかなりのポイント還元率でお買い物ができるようになります。

 

海外旅行保険は利用付帯で国内旅行保険はなし。実質年会費無料なので、流石に旅行保険関連は弱いです。

 

 

 

ということで、三井住友VISAクラシックカードの特典から使い道を考えてみると、

ココイチにある百貨店で金曜日に利用する。

となりそうです。

 

通常のポイント還元率が低いので、使いどころが難しいといった印象です。

もちろん三井住友のゴールドやプラチナが欲しいのでその前の実績作りとして発行するのはありだと思います。

 

あと、マイラーの場合はポイント経由地としてワールドプレゼントのポイントが利用できるのは重要なポイントだと思います。ハピタスからはGポイントへの移行が直接できないので、Pexとワールドプレゼントポイントを経由する必要があるためです。ワールドプレゼントポイントは三井住友のカードを持っている必要があるため、年会費無料で持てる三井住友カードは非常にありがたい限りです。私の場合は、三井住友カードを一枚も持っていなかったので、どこかで発行する必要がありそうだと思っていたのですが、ポイントサイトで急騰していたので、申し込んでしまいました。。。

 

既にたくさんのカードを持っているにも関わらず、さらにカードが増えてしまい、そろそろ管理できなくなりそうです。

ポイントサイトで発行したカードの整理が必要な時期かもしれません。

 

以上、三井住友カードの発行と、活用方法の考察でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です