ソラチカカードを申し込みました (備忘録)

陸マイラーの必須カードとも言えるソラチカカードを申し込みました。

 

ハピタスで楽天カードやMUJIカードを発行していたこともあり、

少し時間を空けてから発行しました。

 

おそらく、決済用にはまったく使用しないと思います。

 

備忘録的にソラチカカードまとめ

◆年会費1080円(初年度無料)

◆入会時と継続時に1000マイルもらえる

◆PASMOと一体型

◆10マイルコースは5400円/年かかるが、決済時還元率0.5%→1%(100円=1マイル)にアップ

◆PASMOへのオートチャージでもポイントがたまる

◆東京メトロ乗車でメトロポイントがたまる

◆オートチャージはエリアが限定される

◆メトロポイント100ポイントをANAマイル90マイルのレートで交換できる

(月上限20000メトロポイント)

 

PASMO機能の部分が活用できれば、使う価値が出てくるのですが、

PASMOのチャージが首都圏などのSUICAエリア、PASMOエリアに限られるため、

中部在住の私ではまったく活用できません。

 

なので、メトロポイントをANAマイルに高いレートで移行できる部分を活用していくことになります。

これがソラチカカードが陸マイラーに必須のカードを言われる所以であり、

ポイントサイトで得たポイントをフル活用できる最強のカードです。

 

ハピタスのポイントやちょびリッチのポイントはドッドマネー経由でメトロポイントに交換し、

これをソラチカカードでANAマイルに交換するゴールデンルート(通称ソラチカルート)です。

 

また、永久不滅ポイントもドットマネー経由のほうが高いマイル移行率になります。

(100永久不滅ポイント=500マネー=500メトロポイント=450マイル)

永久不滅ポイントからダイレクトにANAマイルに移行すると200ポイント=600マイルになりますので、

ソラチカルートのほうが高移行率になります。

ただし、月の移行上限以上にメトロポイントを持っている場合はANAマイルに直接移行してもよいと思います。

 

 

 

ところで、ソラチカカードのようにクレジットカードで別名のようなものがついているのは珍しいのではないでしょうか。

個人的にはこの名前、すごく気に入っていおります。

 

また、キャッチコピー(?)の

東京の地下には、空がある。

っていうのも、かなり好みのセンスです。

夢があるというか、例え方が上手いというか、

なんとも表現できないのですが、良いのです(笑)

 

以上、蛇足もありましたが、ソラチカカードの備忘録でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です