フレッツ光+OCN(プロバイダ)からソフトバンク光に乗り換えた際の話

先日、スマホをドコモからYモバイルに乗り換えた際にソフトバンク光への乗り換えを勧められました。
フレッツ光とocnのプロバイダ契約より安くなるとのことで、工事も不要だったので乗り換えてみました。
(結論から言うと、乗り換えても乗り換えなくてもよかった、です。)
ソフトバンク光やドコモ光などはフレッツの回線をそのまま使用しているので、転用する場合は工事不要(家での工事なし)で乗り換え可能なのがよい所です。手続きの流れは、転用番号取得→申し込み→プロバイダの契約解除、です。
私の場合はYモバイルに乗り換え時に店員さんにほとんどの作業をやってもらったので手続きは1時間程度でした。
ただ、契約から手続き完了、開通までは数日かかります。
(私の場合は一週間程度でした)
その後、OCNのプロバイダ契約を解除し、9月1日からソフトバンク光にしましたが、最初は設定の仕方がわからず、困りました。
フレッツ光を利用していた際の接続ツールでは接続できないことに気づき、パソコンののネットワークと共有センターから新しい接続を選び、手入力で認証IDとパスワードを入力してつながりました。
(どこにも書いてないので、少し不親切だと思います。)
セットアップのCDやらソフトバンク光のモデムが届くのか、なんて思っていましたが、フレッツ回線そのままなので不要です。
お値段ですが、フレッツの回線がすでに開通していて、工事不要の場合では月々3800円(+消費税)です。もともとが4500円程度だったことを考えると若干安くなっています。
あと、最初に手数料で3000円くらいとられます。
以上で私の乗り換えた時の話ですが、乗り換え後にいろいろ調べると安易な乗り換えはあまりお勧めできません。
たとえば、
・フレッツ光のサービスが利用できなくなる
私の場合はセキュリティ1台分無料のサービスがなくなりました。
別のものを申し込みましたが、3800円以外にセキュリティ代が掛かることに。
・プロバイダの解約料金はかかる
フレッツ光回線の転用なので、フレッツ光の解約料金はかかりませんが、プロバイダの解約料金はかかります。私の場合は9200円だったと思います。
・固定電話があると他社への乗り換えしにくい。
光コラボからだと他に移る際に電話番号は引き継げません。(フレッツ光→光コラボの引き継ぎは可能)。なので一旦乗り換えると次の乗り換えづらいです。今後、固定電話でもMNP制度ができればこの限りではありませんが。
・セット割はたいして安くならない
ソフトバンク光はケータイとのセット割がありますが、利用条件などがある上に乗り換えたり、利用条件に当てはまらなくなると、割引が受けられません。セット割でも安くならない理由は、家族全員がソフトバンクユーザーであることを前提として料金設定されている部分がある、利用条件にオプションへの加入などがある、ためです。オプションへの加入前提であれば良いですが、そうでない方は要注意です。
さらにソフトバンク光に入る際にオプションへの加入を進められることもありますが、不要なものも多く要らないことがほとんどです。後からでもオプションは付けれるので、必要に感じた時点でつけるようにしましょう。
私の場合は月々の料金はわずかに安くなったものの、セキュリティソフトと解約料でトントンかなと思います。
詳しい料金などはgoogleで検索していただくのが良いと思います。
検索すると良い部分、悪い部分などいろいろ出てきますので。
以上、ソフトバンク光への乗り換えでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です