そもそも、マイルがあれば何ができるのか。

陸マイラーはポイントや決済でマイルを貯めることに心血を注いでますが、

航空各社のマイルで実際のところ、何ができるのでしょうか。

ANAのマイルの場合について、少し調べてみました。

①ANAの特典航空券への交換

一定のマイル数と特典航空券が交換できます。

(ANA以外の提携航空会社(スターアライアンス加盟航空会社など)の便でも利用できます。)

 

必要なマイル数は区間・クラス・時期で決まっています。

 

Yはエコノミークラス、Cはビジネスクラス、Fはファーストクラスです。

Y(エコノミー)よりもC(ビジネス)の方が必要マイル数が高くなっています。

また、ハワイより距離の遠い北米・欧州は必要マイル数が多くなっています。

 

また、L, R, Hはそれぞれ、ローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンです。

ハワイの場合は上のような区分けになっています。

 

ハワイに行くために130,000マイル必要と言われているのは、

レギュラージーズンでビジネスクラスを2名分取るために必要なマイル数だからです。

 

なお、成田-ホノルル間の往復のビジネスクラスの値段(2名分)は

正規料金なら150万円(!)ほどです。

実際には正規割引料金のものがあるため、2名分で40~50万円程度です。

(またツアーならこれよりもう少し安いのもあるかもしれません。)

 

130,000マイルで40~50万円分のチケットが手に入るわけですから、1マイルは3円以上の価値があります。

このため、ポイントをマイルに変換するというのは価値を増やすという点では非常に合理的です。

 

 

②ANA SKYコインに交換する

ANA SKYコインはANAの航空券や旅行商品の支払いに利用できる電子クーポンのことです。

ANAのマイルはANA SKYコインに交換することができます。

 

交換のレートは交換するマイル数、会員ステイタスとANAカード種類によって違います。

50,000マイル以上一度に移行すればお得になります。

マイラーであれば、ANAゴールドカードを持っている可能性が高いと思うので、

1マイル=1.6 SKY コインに交換できます。

 

1 SKYコイン =1円として利用できるので、1マイル=1.6円に価値になります。

ビジネスクラスの特典航空券には劣りますが、それでも中々の価値があります。

 

 

③座席のグレードアップ

実はマイルを使って、座席のグレードアップができます。

もちろん、購入済みの航空券(特典航空券は×)が必要です。

こちらは区間の基本マイレージで決まっています。

成田ーホノルルでは3,831なので、エコノミー→ビズネスにアップグレードに必要なマイル数は20,000マイルです。

なお、特典航空券と共通の席数のため、アップグレード自体が難しいですが、

アップグレードできれば、それなりの価値になりそうです。

アップグレード可のエコノミーの席で2名分で30万円ぐらいなので、

ビジネスとの差は15万円くらい、2名分のアップグレードに必要なマイルは40,000マイルなので、

およそ、1マイル = 4円 くらいの価値になりそうです。

 

特典航空券とそこまで変わらないですね。

マイルが足りない場合はアップグレードを使うのもありそうです。

(ただし、事前に特典航空券の枠が余っていることを確認する必要アリ。)

 

 

④その他商品への交換

マイルは①から③以外のものにも交換できます。

例えば、レストランでの食事券に交換できます。

ただ、このマイル数で食事のコースであれば、普通に予約を取ったほうが良いかもしれません。

 

 

 

ということで、マイルの使い方を見るとやはり特典航空券への交換がマイルを最も効率よく使えます。

次点は使いやすさの点からSKYコインがお得です。

SFC修行している場合、資金の足しにできるため活用しやすいですし、ANA経由でホテルをとれば、

1コイン1円で使えるため、特典航空券では補えないホテル代などに充てることができます。

 

なお、マイルは他のポイント類に交換することもできますが、1マイル=1ポイントです。

つまり、特典航空券やSKYコインには劣るため、お勧めできない交換先です。

 

できる限り有効な手段でマイルを使うというのも、陸マイラーとして重要な要素だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です