陸マイラーに必須のソラチカカード ちょびリッチで7000円相当のポイント獲得&ANA JCBのキャンペーンで一気にマイルを貯めよう!

ANAのマイルを貯めるために必須のカードともいえるソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)ですが、ポイントサイトのちょびリッチで14,000ポイント(=7,000円相当)まで上昇しており、通常より多くのポイントがもらえます。

ソラチカカードが陸マイラーにとって必須である理由

ソラチカカードは年間216,000マイルを効率よく生み出すことができるカードであり、その秘密はポイントサイトとポイント交換にあります。詳細はこちらの記事をご覧ください。

年間20万ANAマイルを貯める陸マイラーの実態とは? その方法を公開します

2018.09.02

今のところ、ポイントサイトで得られたポイントを最も効率よくマイルに交換できるのはソラチカカードです。ANAのマイルで陸マイラーを始めるなら、最初に発行したいカードです。

ちなみに通常のANA JCBを発行済みでもソラチカカードは別カードとして発行できるので、すでにお持ちのカードからの切り替えにはなりませんのでご安心ください。

しかも、”他のANA JCBカードを所持していても、今回発行する券種が初めての申込みであればポイント対象となります。” とちょびリッチの注意事項に記載されており、ポイントも貰えるようになっています。

ちょびリッチからソラチカカードを発行することでもらえる7000円相当のポイントもANAのマイルに交換すれば、約5,600マイルになります。

ソラチカカードのキャンペーンも実施中

ソラチカカードのキャンペーンは全部で20,200マイルと公式サイトには書かれています。

しかし、ちょっとした技で貰えるマイルが増やすことができ、29,050マイルになります。詳細はこちらの記事をご覧ください。

ソラチカカードの入会キャンペーンで大量マイル獲得を狙え!

2018.09.02

なお、キャンペーンのマイルはカード発行後に公式サイトから登録しないともらえないので、発行後必ずキャンペーン登録をしてください!

ちょびリッチの登録はこちらから

まだ、ちょびリッチに登録されていない方はこちらからどうぞ

月末までに1ポイント以上を獲得することで500ポイント(=250円相当)のポイントが貰えます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

陸マイラー的なお話 ソラチカルートはいつまで続くか

少し話は変わりますが、マイルを貯める方法は少しずつ変遷しており、ソラチカルートもドットマネーやPeXなどのポイント交換サイトから東京メトロポイントへの交換が断たれてしまい、交換レートの低下という改悪の憂き目にあっております。

また現状のLINEポイント→東京メトロポイントへの交換やメトロポイント→ANAマイルへの交換レート90%や月20,000ポイントの上限がいつ変更になるかも分かりません。なので、ANAでマイルを貯めるなら今のうちが良いとも言えます。

アメックスプロパーやANAのダイナースも改悪があったばかりで、個人的にはソラチカルートもそう長くないのではないかと思っています。しかし、現状最高の交換レートかつ年会費2,160円のカードですから、少なくとも発行して損をすることはないとも思っています

最後に

私はマイルを貯め始めてからちょうど1年くらい経ちましたが、マイルを貯め始めた当初は本当に貯まるんだろうか、と不安でした。しかしマイラーをやるうちにマイルを貯めるのは思ったほど難しいことではない、という認識になりました。

最終目標だったファーストクラス特典航空券も発券できたので、今では陸マイラーを始めてよかったと思っています。

ANAファーストクラス 成田-ニューヨーク往復分を発券しました

2018.07.22

ソラチカカードは陸マイラーを始める第一歩ともいえるカードなので、まだ発行されていない方はソラチカカードを発行して陸マイラーにチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です