初年度年会費無料で翌年度以降も格安の年会費のミライノカード発行で一撃8,100ポイント(8,100円相当)獲得可能 ~隠れた優良案件を見つけ出そう~

ポイントサイトのクレジットカードの案件は比較的高額還元のものの紹介が多いですが、一回限りの案件なのでこなせる案件が減っていくのが、悩みの種です。

しかし、今回紹介するミライノカードのように、よくよく探せば発行していないけど割とポイント数の高いカードもあります。

ミライノカードについて

ミライノカードは住信SBIネット銀行のクレジットカードです。JCBと提携して発行しているため、国際ブランドもJCBのみとなっています。

ミライノカードは初年度年会費無料、翌年度以降は900円(税抜)の年会費ですが、年間10万円以上の利用で次年度は無料になります。

カード利用に対する還元率は最大1%となっており、1,000円につき5ミライノポイントが貯まり、ミライノポイントは1000ポイントを2,000スマプロポイントに交換可能。

さらにスマプロポイントは1ポイント=1円として現金に交換できるため、ミライノカード実質的に1%のキャッシュバックが可能になるカードです。

スマプロポイントとは

住信SBIネット銀行のポイント制度で、現金かJALマイルに移行可能。ミライノカード以外にも住信SBIネット銀行のサービスの利用で貯めることもできます。

ポイント還元の注意点はミライノポイントからスマプロポイントへの最低移行ポイント数が1,000ポイントという点。ミライノポイントの有効期限は2年なのでポイント失効の可能性があるので、ある程度の利用は必要でポイント管理が面倒であることは否めません。

ミライノカード発行はマイボンバー経由で8,100ポイント獲得可能

自己アフィリエイトをポイントサイトと同じ感覚で使える、新興サイトのマイボンバーで8,100ポイントとなっています。マイボンバーは1ポイント=1円の表記のため、8,100円相当のポイントになります。

ポイント付与の条件は条件は以下の通り。

ポイント還元系媒体 : カード発行(キャッシングご利用可能枠あり)
※カード発行キャッシングご利用希望枠を10万円以上で希望のうえお申込みいただき、
キャッシングご利用可能枠が1万円以上のカードが発行された場合。

キャッシング枠がもらえなかった場合は残念ながらポイント付与対象でないため、キャッシング枠が付与される可能性が低そうな場合は申し込みを見送った方が良いでしょう。特に本人に収入が場合はキャッシング枠がもらえない可能性が高いです。

マイボンバーはポイント移行先がドットマネーしかなかったのですが、先日Gポイントが加わったことによりソラチカルートからANAのマイルにも交換できるようになりました。

特定案件では強みを持っているマイボンバーはこのような案件が比較的長期間掲載されていることが多いです。ミライノカードもここ一か月以上、8,100ポイントを維持しています。

マイボンバーの登録はこちらからどうぞ


マイボンバーの広告リンクから住信SBIネット銀行のミライノカードの申し込み画面に行くと、パッと見て住信SBIネット銀行の口座が必要に見える画面になりますが、下の方に小さく “ミライノ カード(JCB)のみを申込ご希望の方はこちら” と書いてあり、カード単体での申し込みも可能です。

ミライノカードならキャッシング枠があっても良いかも

クレジットカードの案件を行う場合は通常、キャッシング枠についてはあまり設定しない方が良いです。これは与信枠とは別に、キャッシング枠の上限があり、他のカードとも合算される仕組みになっているからです。不用意にキャッシング枠を設定するとクレジットカードの発行も難しくなる場合があります。

しかし、ミライノカードは海外キャッシングに関して使い勝手の良いカードなので、とりあえずキャッシング枠10万円は設定していても良いと思います。

と言いつつ、海外キャッシングに関してはセディナカードが一強というポジションなので、セディナカード保有者にはキャッシング枠は不要。セディナカードは手数料的にも優位であり、Web上から繰り上げ返済が可能な点で他のカードを圧倒しているとも言えます。

またキャッシング枠そのものは不必要になればなくすこともできますし、10万円の枠であればリスクは小さめです。もちろん必要以上のキャッシング枠は持つ必要はないので、不要ならすぐにキャッシング枠をなくしましょう。

最後に

ミライノカードは住信ネット銀行のクレジットカード。すでに銀行口座をお持ちなら、クレジットカードの方も発行されてみてはいかがでしょうか?

以上、ミライノカード案件の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です