年間20万ANAマイルを貯める陸マイラーの実態とは? その方法を公開します

マイルがあれば海外旅行行けるのになぁ~、格安で海外旅行に行きたい! そう思ったことはありませんか? 私の場合、妻と二人でビジネスクラスで海外旅行に行ってみたい、と思ったのがマイルを貯めるきっかけでした。

マイルは飛行機に乗って貯めるものだと思っていませんか?それはマイルに対する思い込みです。陸マイラーは飛行機に乗らずにマイルを貯める方法を実践しています。クレジットカードでポイント貯めるようにマイルを貯めるんでしょ?思われるかもしれませんが、これも思い込みです。

こんなことを書いている私ですが、マイルを貯めようと思い立った時点ではこの二つの方法しか知りませんでし、飛行機に乗らずに大量のマイルを貯める方法について知ったとき、衝撃を受けました。しかも非常に再現性が高く、万人に通用する方法だったんです。

最初に挙げた二つの方法は一般的に知られているマイルの貯め方ではありますが、飛行機に乗ってマイルを貯める方法はまったく再現性がなく、万人にできる方法ではないですし、クレジットカードで貯める方法も貯められる量に限界があります。

飛行機に乗ってマイルを貯めているのは出張族

マイルは飛行機に乗ることでも貯まりますが、日常的に飛行機を利用する人はそう多くありません。頻繁に飛行機を利用しているのは主に出張で利用するサラリーマンの方々、つまり会社のお金でマイルが貯まる仕組みです。マイルは基本的に個人に付与されるものなので、出張で貯まるマイルは個人が自由に使っても会社から咎められないのです。

会社のお金で飛行機に乗ってマイルが貯められるならマイルを貯める、ということに苦労しません。私もサラリーマンですが、飛行機に乗る出張なんて年に一、二回あるかどうかです。出張でマイルが貯まるのはうらやましい限りですが、飛行機乗って海外を飛び回る仕事ができるか、と言われたら正直私には厳しいです。また、仕事がたまたま出張が多い仕事だったという方が多く、マイルが貯まるから出張族やっています、というのも少数派だと思います。

クレジットカードの決済で貯められるマイルは雀の涙

飛行機に乗る以外でマイルを貯める方法としてクレジットカードでの決済があります。クレジットカードの中にはマイルを貯めることができるものがあり、例えばANA提携のクレジットカードであれば、100円につき1マイルぐらいは貯まります。

しかし、クレジットカード決済でマイルを貯める方法は決済額の壁があります。還元率が1%のカードで支払って13万マイル(=ハワイ往復ビジネスクラス二人分のマイル数)を貯めようと思うと、なんと1300万円の決済が必要です。サラリーマンには到底不可能な領域です。

可能な限りクレジットカードで支払うようにしても、年間の決済額はせいぜい200万円~300万円が限度。年に2万~3万マイルがクレジットカード決済の限界で国内線の特典航空券が利用できる程度です。

クレジットカードの入会キャンペーンは有力な方法だが、続かない

もう少しマイルとクレジットカードに詳しい方なら、”ANAのクレジットカードの入会キャンペーンで一気にマイルを貯める方法があるよ”という方がいると思います。

例えば、以下のANA JCBカードのキャンペーン。最大で32,500マイルが獲得可能なキャンペーンです。

この方法は一度に数万マイルを貯めることが可能で有効な方法ではあるんですが、一つ問題があります。それは発行できるANAのクレジットカードに限りがあり、入会キャンペーンは一回しかもらえません。つまり、発行してキャンペーンでマイルを貰ったらそれ以上のマイルを手にすることはできません。しかもキャンペーンでマイルを獲得するには一定以上の決済が必要な場合がほとんどで、次々にカードを発行してマイルを獲得するのも難しいです。

では、どうやって大量のマイルを飛行機に乗らず、クレジットカードの決済に頼らずに安定して手に入れるか。一見、難しい方法のように思われますが、その方法は極めて単純で再現性が非常に高く、多くの人が実践できる方法なんです。

ポイントサイトが陸マイラー最大のマイル源

ポイントサイトを利用して手に入れたポイントをマイルに交換する、これが陸マイラーが利用している方法です。ポイントサイトって何?という方が大半だと思いますが、ポイントサイトは一言でいうと、ネット広告の一種です。企業が出している広告費の一部をユーザーに還元してくれるシステムで成り立っています。

ポイントサイトには楽天でのお買い物やホテル予約サイトもポイントサイト上に掲載されており、利用額の数%が還元されるため、普段の生活にポイントサイトを取り入れるだけでポイントを貯めていくことができます。その他にも一度に10,000ポイント以上を獲得可能なものもあり、一気にポイントを貯めることが可能にもなっています。

例えば、以下の画像はハピタスというポイントサイトで、ここを経由してから宿泊予約サイトに行くとサイトで利用した分の数%のポイント還元がもらえるようになっています。しかも、これは宿泊予約サイト独自のポイントとは別にもらえるポイントなどの、一度の予約で複数のポイントを手に入れることができるんです。

ポイントサイトで貯めることができるポイントは非常に使い勝手の良いポイントで、様々なサービスのポイントに交換可能です。このポイントをマイルに交換することで大量のマイルを安定して貯めています。

そして以下のルートでポイント交換していくことで効率的にANAのマイルを手に入れることができます。

マイルへの交換効率を上げるソラチカルート

マイルへの交換比率は1ポイントにつき0.5マイル、というものが大半です。楽天ポイントやTポイントもマイルに交換できますが、1ポイントにつき0.5マイルの交換比率です。しかし、その原則を超えて交換できる方法がソラチカルートです。

ハピタスというポイントサイトのポイントを交換していってANAのマイルに交換しているのですが、最後の東京メトロポイントからANAマイルに交換するのを利用した方法をソラチカルートと呼んでいます。通常の1ポイントは0.5マイルの交換比率なんですが、この交換がなんと0.9マイルも貰えるため、特別な名称を付けて呼んでいます。ポイント交換の途中でも少しポイントが目減りするので、1ポイントが最終的には0.75ポイントぐらいになります。

破格の交換比率のソラチカルートですが、弱点もあります。それは交換上限が存在しており、月20,000ポイントまでしか交換できません。そのため、このルートで獲得できるマイルは毎月18,000マイルが上限です。それでも、これを一年間繰り返せば、216,000マイルも貯めることができます。

200,000マイルの価値

ANAのマイルが200,000マイルあれば、色々な場所へ旅行も行けますし、上のクラスのシートもマイルを使って発券することができます。例えば、国際線の長距離路線のファーストクラスも発券可能で、ビジネスクラスなら二人分も発券もできます。通常のチケットでは購入できないであろう値段のビジネスクラスやファーストクラスのチケットが、マイルなら発券できてしまうんです。ちなみに国内線であれば、5人で沖縄旅行が2回可能になります。家族で旅行に行こうと思ったときに、一番費用のかかる飛行機代が浮くことを考えるとすごい効果があります。

 

これからマイルを貯める実践的な方法をを紹介します

陸でマイルを貯めるのは難しいことではありませんが、継続することが一番大事なことです。ポイントサイトの利用も難しい作業ではないのですが、継続して行わないと毎月18,000マイルを貯めることができません。以下の記事で具体的な方法について紹介していきます。

ポイントサイトへの登録がマイルを貯めるための第一歩

2018.09.02

ソラチカカードを発行して、ソラチカルートを開通させよう!

2018.09.02

ソラチカカードの入会キャンペーンで大量マイル獲得を狙え!

2018.09.02

ポイントサイトを完全攻略!狙うべき案件と効率的なポイントの集め方

2018.09.02

なんでわざわざマイルを貯めるの?と思う方はこちら。

マイルを貯める理由とその価値について

2018.09.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です