ソラチカカードを発行して、ソラチカルートを開通させよう!

陸マイラーがマイルを効率的に貯める方法はソラチカルートと呼ばれるポイント交換のルートです。ポイントサイトで貯めたポイントを以下のルートを使ってマイルに交換していきます。しかし、このルートはあるカードを発行しないと利用できないんです。

年間20万マイル貯めるために必須のソラチカカード

上のルートの中で、東京メトロポイント→ANAマイルへの交換を利用する方法をソラチカルートと呼んでいます。この交換は実は特定のクレジットカードに付帯したサービスです。その名もソラチカカード。正式名称は、ANA To Me CARD PASMO JCB です。

このカードを発行することで東京メトロポイントを効率よくANAマイルへ交換できるルートが使えるようになります。ソラチカルートの唯一の弱点は一度に20,000ポイントしか移行できず、月一回までという移行できる量に制限がある点です。毎月20,000ポイントを移行して、18,000マイルを獲得する作業を1年間行うと、216,000マイルになります。これがソラチカルートで生み出せる年間マイル数の上限です。このブログでも年間20万マイルと書いているのは、ソラチカルートの上限マイルが理由です。

ソラチカカードもクレジットカードの一つなので、発行するときにポイントサイトを利用できる場合があります。ANA JCBカードの案件の中でソラチカカードはポイントサイトで対象になっている場合とそうでない場合があるので、注意してください。

審査の難易度は普通レベル

クレジットカードを発行するには審査を通る必要があり、ソラチカカードも例外ではありません。ソラチカカードの審査の難易度ですが、学生や専業主婦でも通っている例もあるため、非常に厳しい審査ではないと予想されますが、クレジットカード支払い延滞があったり、クレジットカードの多重申し込みをしている場合には落ちることもあるようです。陸マイラーを始める際にはまず、ソラチカカードを発行しておくことをおすすめします。

ちなみにソラチカカードの年会費は初年度無料、二年目以降2,160円がかかりますが、入会時に1,000マイルと毎年1,000マイルがもらえるため、年会費の元は取れている計算です。むしろ、1ポイントを0.9マイルに交換できる点を含めると破格の年会費とも言えます。

マイル移行のコース選択は、5マイルのマルチポイントコース

ソラチカカードの発行で迷う点は、5マイルコースか10マイルコースか、マイル自動移行コースかマルチポイントコースか、だと思います。これについては、5マイルのマルチポイントコースを選んでおけば間違いないです。5マイルのコースであれば、移行手数料は発生しませんし、10マイルコースへはいつでも切り替え可能です。ポイント移行もいつでも可能なので、ポイントが発生するたびにマイルに交換するマイル自動移行コースにする必要性は低いです(こちらも後から変更可能です)。

ソラチカカードの審査は1日で結果が出る場合が多いようです。私の場合もちょうど1日くらいで審査通過のメールが来ました。審査通過からカード到着まで2週間前後かかるようなので、申し込みは余裕をもって行うようにしてください。

ソラチカカードの申し込みが終わったら

ソラチカカードが届くまでの間に、ソラチカルートを補うポイント交換サイトへの登録を行いましょう。必要なのはPeXとLINE。LINEの方はLINEユーザーであれば、そのまま利用できますので登録不要です。PeXの方はポイントを交換して行くための中継サイトになります。独自にポイント案件も出していますが、還元率も低くお勧めできません。単にポイントの中継点として利用しましょう。

PeX登録方法

PeXの登録もハピタス同様簡単に行うことができます。こちらから登録ページに移動できます。

メールアドレス、ニックネーム、パスワード秘密の質問と答え、を入力して、お知らせメールの有無を選択すればOKです。登録内容を確認後、メール送信ボタンを押すとPeXから登録したメールアドレスに以下のようなメールが来ます。

このメールにあるURLに飛ぶと登録完了です。ただし、ポイント交換時にはプロフィール登録が別途必要なので、ポイント交換の際に登録しましょう。

前の記事からやってきたことを合わせるとソラチカルートが完成しているはずです。これでポイントサイトを使っていけば陸マイラーとしての活動が開始できます。

次の記事ではポイントサイト活用の前に、ソラチカカードの入会キャンペーンを攻略します。

ソラチカカードの入会キャンペーンで大量マイル獲得を狙え!

2018.09.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です