デュッセルドルフからケルン大聖堂へ行ってみた

出張の最終日、フライトまで時間があったため、少し足を延ばしてケルンまで行ってきました。ケルンは世界遺産にも登録されている大聖堂が有名です。

 

宿はデュッセルドルフ中央駅にほど近いニッコーホテルデュッセルドルフで、そこからケルン中央駅に向かいます。デュッセルドルフ中央駅からケルン中央駅までは電車で30分程度です。在来線(RE)、特急(ICE)のどちらでも行くことが可能ですが、在来線の方が治安が少し悪いようで、現地の駐在員の方からはICEに乗ることをお勧めされました。なお、値段は数ユーロの違いなので、せっかくなら特急に乗りましょう。

 

チケットは自動券売機で買えます。英語表記に変更できるので、買うのはそこまで難しくありません。デュッセルドルフとケルンの往復だけなら、普通のチケットでOKです。ほかにも行くのであれば一日券がありますので、お得な方を選びましょう。

 

ケルンに到着

 

大聖堂はケルン中央駅を出てすぐのところにあります。

 

 

とにかくでかい。写真に収まりきりませんでした。

 

聖堂の中に入ることもできます。中もでかいです。ステンドグラスは有名だそうです。

確かにきれい。。。

 

ステンドグラス

 

 

そして、聖堂の塔に上ることもできます。が、狭い階段のみです。500段以上あるそうです。体力に自信がある方はぜひ。私も上りましたが、上りより下りの方がしんどいです。下りの途中で左足がつりそうになり、非常に危険な状態でした。無理は禁物です。

 

塔の上から

 

 

降りてきてお昼ご飯。ドイツらしく、ソーセージとビールにしました。

ケルン大聖堂近くのFrüh am Domというお店でいただきました。

美味しかったです。

 

この後お土産をチョコレート博物館で購入し、デュッセルドルフ空港へ。

チョコレート博物館は大聖堂から徒歩で15分くらいの場所でお土産購入にちょうど良かったです。

 

以上、ケルンへの旅でした。

 

 

 

P.S.

ニッコーホテルデュッセルドルフは日本語の通じるスタッフもいるため、安心感があります。

朝ごはんもご飯とみそ汁があったりするので、洋食だけだときついよ、という方にお勧め。

なお、ニッコーホテルはone harmony系列のホテルなのでJALマイラー向けかもしれません。

(日航だから当たり前か)

 

 

ついでにデュッセルドルフ滞在中に行ったお店を紹介

 

①Brauerei Schumacher

ドイツ料理とアルトビールが楽しめます。ビール・料理ともに非常においしい。

シュニッツェル、メット(生の豚ひき肉の料理)、シュヴァイネハクセをいただきました。

メット(生の豚ひき肉の料理)はびっくりしましたが、食べてみるとこれが美味しい。

おなかを壊すこともありませんでした。日本では楽しめない食でした。

 

 

 

 

②Fischhaus

ニッコーホテルから少し遠いですが、海鮮系ならおすすめ。

ムール貝をいただきましたがこれが非常においしかったです。

 

正直なところドイツ料理はそこまで期待していなかったのですが、イメージを完全に覆されました。

また行きたいまであるレベルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です