Y!mobileから楽天モバイルに乗り換えて思ったこと

JUGEMテーマ:スマホ

2年程前にymobileに乗り換えましたが、

2年でデータ通信量2倍と月々割のキャンペーンががなくなるために、

2017年9月にY!mobileから楽天モバイルに乗り換えました。

楽天モバイルに乗り換えて3か月、使ってみた感想とどっちが良いか、考察していきます。

 

プランについて

私の場合は

Y!mobileは、2015年8月にドコモからMNPで乗り換えました。

2年間の間はスマホ割と容量2倍があったので、6GBで月々2980円+税でした。

また、かけ放題もついてくるので、10分間までは通話料無料、でした。

この時に端末もセットで購入し、Nexus5を9800円+税で買いました。

 

ここから楽天モバイルにMNPで乗り換え。

スーパーホーダイの2GBのプランにしました。

高速通信は2GBまでですが、使い切ったときに最大速度が1Mbpsまでしか落ちないのが特徴。

私の場合は楽天ダイアモンド会員ですので、

一年目は1480円+税で二年目以降は2980円+税になります。

2年で乗り換えを前提として、平均すると2230円+税です。

通話料金は楽天でんわ利用で5分間まで無料です。

端末のNexus5をそのまま使用し、2年間契約で楽天ポイントを10,000ポイントもらいました。

 

料金面ではやや楽天有利ですが、楽天ダイヤモンド会員でなければあまり差はありません。

容量の面ではY!mobileが多いですが、容量を使い切った場合はY!mobileではYahooニュースを

見るのすら困難な速度になります。

一方で楽天モバイルの場合は、高速通信は2GBですが、使い切ってからも比較的速度が出ます。

お昼の時間帯は遅いですが、それ以外なら使える速度になります。

 

通話に関しては、Y!mobileが10分まで無料、楽天モバイルは5分まで無料。

意外とこの違いは大きい気がします。

ほとんど電話しない方は問題ないのですが、たまに電話する人は注意が必要です。

Y!mobileでは通話料を取られた記憶がないのですが、楽天に変えてからは、通話時間に注意しています。

意外と少し話しているだけで、5分を過ぎていることがあるからです。

例えば、実家に連絡を電話でしたときは、7分くらいの通話時間だったことがあります。

長電話するつもりがなければ10分を超えることはないのですが、短い連絡でも少し話していると5分は超えてしまうことがあります。

短い電話でも頻繁にされる方は無料通話時間の違いは注意すべきポイントでと思います。

 

通信容量の面は6GBはかなりありますが、家にWi-Fi環境があると、2GBくらいしか使わないので、かなり余ります。

もし家にWi-Fi環境がない場合は6GBはちょうどよい容量です。

 

楽天モバイルは2GBですが、使い切っても最大が1Mbpsまでしか減速しないので、あまり困りません。

これに関してはどの程度の速度を求めるかにもよりますが、楽天に分がありそうです。

 

 

スマホとは別の部分の提携サービス面でも違いがあります。

 

楽天モバイル利用者は楽天市場で買い物すると楽天ポイントが通常のお買い物ポイント+1%になります。

 

一方、Y!mobileの場合はYahooプレミアム会員が自動的についてきます。

このため、Yahoo!ショッピングで買い物するとTポイントが通常のお買い物ポイント+4%のポイントがもらえます。

さらに月額500円のenjoyパックに入ると+5%のポイントがもらえるため、実質10倍のポイントがもらえます。

 

提携サービスの面ではY!mobileの圧勝です。

 

 

 

以上のことから、楽天モバイルとY!mobileは普段のスマホの使い方とネットショッピングをどこでやっているかで、優位性が変わります。

 

楽天モバイル向きの人

①楽天(ダイヤモンド)会員である

②通信容量は多いが速度はそこまで求めない、または量は容量は大きくなくて良い。

③通話はほとんどしない、しても短い通話のみ。

④楽天市場での買い物が多い

 

Y!mobileの人

①Yahooプレミアム会員である

②高速通信の容量が多い方がよい

③通話する頻度がそれなりにある。

④Yahoo!ショッピングでの買い物、ヤフオクでの取引がある。

 

どちらが良いかは人のよって変わってくると思うので、自分のスタイルに合った方を選んで

キャリアを選ぶのが良いかと思います。

 

以上、楽天モバイルとY!mobileの比較でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です