ダイソンの掃除機が予算オーバーなら、マキタの掃除機というコスパ最高の選択肢をおすすめします

最近はいろいろな洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、掃除機などなど、家電があります。

その家電に対して、各メーカーが色んな機種やタイプのものを出しているし、色々機能が付いていたりと、家電製品一つ選ぶのも大変です。

しかも、有名な商品だと結構値段が高く、予算オーバーになったり、本当にコスパがいいのかよくわからないというような状況が良くあります。。

我が家でも掃除機の購入で似たような状況になったことがあります。当初は某有名メーカーのサイクロン掃除機の購入を検討していました。

ダイソンは吸引力は凄いが、高級品

我が家で最初に購入を検討していた掃除機はこれです。

掃除機といえば、ダイソンというイメージがあったので色々レビューを見ながら、ダイソンの掃除機のスペックを検索していました。

上の商品は2018年12月現在は4万円強で購入可能となっていますが、2017年の末に購入を検討していた頃は5万円は間違いなく超えていたので、手が出ませんでした。

また、サイクロン式で他のメーカーのものも検討してみましたが、全体的なレビューの評価はダイソンの方が良い傾向でした。

ダイソンの掃除機の吸引力は良い

ダイソンは吸引力の性能はいいので、よそのお家の話を聞くと使っている人が結構います。

レビューを見ても吸引力の点で優れているというものが多いです。

でも、性能の良いモデルを買おうとするといいお値段します。上の型落ち商品でも4万円強ですし、最新モデルになると倍近い値段になります

我が家は掃除機の購入を検討している段階では、洗濯機や冷蔵庫、エアコンなどの家電にもすでにかなりお金をかけていたので、少しでも節約したい状況でした。

マキタの掃除機という選択肢

安い掃除機がないか、色々調べていた時にふと思い出しました。職場の隣のチームが作業場で使っているハンディーの掃除機がマキタというメーカーのものだったということを。

さっそく調べてみると、レビューは悪くない、というよりむしろ良いレビューが多数ありました。職場のもので集じん性能とお手入れしやすいか、確認。

性能も悪くないし、使っている人もマキタの掃除機いいよ、とおすすめされました。

マキタの掃除機はいくつか機種がありますが、フローリングが掃除できて充電式のものを探すと出てきました。しかも全体的にだいぶ安いです。

で、実際に購入したものがこれになります。

楽天で9,999円+送料という超良心価格で購入可能です。ダイソンの1/4の値段で買えます。

この掃除機を現在進行形で使っていますが、かなり使いやすいです。我が家は2LDKですが、充電不足になることはないし、本体の重量も軽いので非常に掃除が楽です。

紙パック式が意外と良い

このマキタの掃除機、実は紙パック式です。

サイクロン式の掃除機が主流ですが、個人的には紙パック式が楽という認識です。サイクロン式のダストボックスはきれいにしようと思うと外して洗浄&乾燥が必要ですが、紙パックはそういう煩わしさがありません。

ダイソンを使わないなら、紙パック式も検討してみる価値が十分あります。我が家も最初はサイクロン式に絞って調べていましたが、実際に使ってみると紙パック式で十分です。

ヘッドはたまにお手入れします

ダイソン程の吸引力はないので、ヘッドのお手入れして吸引力が落ちないようにしています。と言ってもヘッドを外してヘッドに絡みついた髪の毛やらほこりを取って、ヘッドを外した掃除機で吸うだけです。

マキタ掃除機にぴったりのスタンドがある

しかも、このマキタの掃除機は自立式のスタンドも安い市販品で対応可能なので超便利です。これも合わせて購入しました。

色々レビューを調べて安くてぴったりのスタンドを探し出しました。マキタ専用のスタンドじゃないか思うほどぴったりです。

非常に安定して立てかけられるので、掃除機がこける心配があります。

実際の写真はこんな感じです。下の方だけで支えているので一見不安定に見えますが、掃除機自体の重量が軽いのでこれで非常に安定しています。

ちなみにこちらの紙パックも購入しましたが、紙パックがすぐにいっぱいになることはないので気長に使いましょう。

実家用にも購入

妻が非常に気に入ったらしく、妻の実家の掃除機(ダイソン)が壊れた際に家と同じマキタの掃除機とスタンドと紙パック一式を買って妻の実家に送ったりもしました。

義母も大いに気に入ったようで使ってくれています。

性能重視ならダイソンが良いと思いますが、コスパならマキタが良いと思いました。

マキタに感謝。

 

P.S. マキタは電動工具メーカー

マキタってどういうメーカー?と思われる方も多いので最後に紹介しておきます。

マキタは電動工具メーカーで、電動ドリルとかの方が馴染みがある人の方が多いと思います。

例えば、こういう商品。セットの内容が若干違いますが、私の隣の職場にもあります(たまに借りて使います)。壁に穴開けたり、サンダー(雷の魔法ではないですよ)も使えるので便利アイテムです。

同じく私の隣の職場にあるハンディーの掃除機(これもたまに借りて使います)もマキタ製なのですが、成形加工などで出た屑などを掃除するのに使っています。通常の家庭用製品では想定されていない使われ方ですが、マキタの掃除機はまったく壊れる気配がなく、頑強さのレベルの違いを感じます。

マキタは家庭用向けの電化製品のメーカーではなく、業務用の製品のメーカーとも言えるので家電メーカーとは製品の毛色はだいぶ違います。

しかし、世界的にも有名な電動工具メーカーで品質は一級品なのは間違いありません。

家庭用の電動ドライバーもニトリの家具を組み立てるのとかにも便利なのでDIYをしてみようかなという方はマキタ製にしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です