ちょびリッチでモニター案件をやってみた

ちょびリッチのリアルモニターをやってきました。

今回は最寄り駅にあるお店を選んで行きました。

 

ポイント還元率は70%で10000ポイントまで。

本当は100%還元のものをやりたいのですが、

競争率も激しいため、諦めました。

 

 

 

まずモニターは事前に申し込みを行い、当選するところがスタートです。

当選前に行っていたとしても、ポイント付与はされないようです。

選ぶポイントはもちろん家の近くや何かのついでに行ける所から選ぶことになりますが、

ポイント還元率と上限ポイントが良い案件を選びましょう。

ポイント還元率100%でも上限ポイントが低いと、費用がかさみますし、

上限ポイントが高くてもポイント還元率が低いと、ポイント上限までもらえない場合が多いです。

 

 

当選したら、期日内にお店に行ってミッションをこなします。

ミッションはモニターごとによって違い、

私の場合は特定の品を注文し、写真を撮る、のがメインのミッションでした。

 

 

退店時に必ずレシートを受け取ります。

これがないと来店証明が提出できなくなります。

 

 

帰ってきたら、アンケートを記入します。

店員さんに関するアンケートやトイレの清掃状況に関するアンケートもあります。

事前にアンケート内容をチェックして、お店に行くことをお勧めします。

アンケートの記載内容はチェックがあり、不十分な箇所がある場合は、再提出を求められます。

今回は特に再提出なく、チェック完了となりました。

なお、再々提出でも不備があった場合はポイント付与されないようです。。。

(きちんと書いていれば、まずありえないと思いますが。)

 

その他、必要な料理の写真などを添付し、アンケートは提出します。

レシートは写真を撮って、添付します。

 

以上でモニターは終了でチェック完了後、ポイントが付与されます。

私の場合は行った当日の夜に提出、次の日の朝にはポイントが付与されました。

ポイント付与の速さがすごくてびっくりしました。

 

以上、モニターに関するレビューをしましたが、

モニターの注意点としては、

①ミッションを確認しておくこと。

料理の写真が必要な場合も多いため、必ずチェック。

 

②クーポン類を使用しないこと。

クーポン類は使用すると、ポイント付与の対象外になります。

 

③レシートを必ず受け取ること(クレジットカード控え・領収書は×)。

クレジットカード払いの際に控えのみが渡されることがありますが、

必ず、レシートももらうようにしてください。

 

④アンケートはお店の改善のために書くこと。

ポイント付与の観点からは重要ではないかもしれませんが、

ポイント(お金)をもらってモニター(仕事)をしているわけですから、

お店の改善につながる内容を書いた方が良いではないかと思います。

 

 

以上、ちょびリッチモニター案件でした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です