パルコの上位カード PARCOカードクラスS 条件クリアが難しいけど実は裏技があります

0

    百貨店やスーパーなどが出しているクレジットカードはそのブランドの店舗でお得にお買い物がすることができるので、節約術としてよく紹介されています。特に年会費無料で持てるカードは維持費がかからず、買い物の頻度が低くてもお得に使うことができます。

     

    その中でパルコのお買い物でお得になるクレジットカード、パルコカードがあります。年会費無料(VISAブランド)で、発行しやすいカードです。各地のPARCOの店舗での優待があり、入会年度はPARCOでのお買い物が5% OFFになります。PARCカードはセゾン系のカードなので、5%OFFに加えて永久不滅ポイントも貰える(1000円につき、1ポイント5円相当の永久不滅ポイントが付与される)ため、5%OFFと還元率0.5%の優待を同時に受けることができ、お得感があります。

    (永久不滅ポイントはその名の通り、有効期限のないポイントですので、比較的利用頻度の低いと思われるPARCOカードの性質とマッチしたポイント制度が利用可能です。)

     

    しかしながら、初年度を除くと実はお得に利用するのが少し難しいです。入会年の翌年度以降はPARCOカードでPARCOで10万円以上利用し、PARCOカードクラスSメンバーにならないと、このPARCOでのお買い物が5% OFFの優待を受けることができません。

     

    毎年行くけど、PARCOで10万円は使わないなぁー、という方は多いのではないでしょうか。

     

    実はこの5%OFFの優待は別の方法で受けることができます。

     

     

     

    PARCOカードで10万円以上の利用をした場合、翌年度からPARCOカードクラスSメンバーズになれます。この優待としてPARCOでのお買い物が5%OFFになるという仕組みです(PARCOカードクラスSでの決済で5%OFFになる)。また、年数回の優待期間中は10%OFFになるため、非常にお得にお買い物をすることができます。

     

    このPARCOカードクラスSですが、ある方法でカードを申し込むことができるのです。その方法はPARCOの株を100株以上保有することです。

     

     

    実はPARCOの株主優待として、PARCOカードクラスSに申し込み可能であることと、PARCO優待券がもらえることの二つがあり、これを利用することで毎年10万円の決済をPARCOですることなく、PARCOカードクラスSを手に入れることができます。

     

     

    PARCOの株価は直近一年では1,200円〜1,600円程度で推移しており、100株購入しようと思うと12万円〜16万円程度が必要になります。こう考えると、無理してPARCOで10万円の決済を行うよりも株を買った方が経済的だと思います。

     

    また、100株保有で1,000円分のPARCO優待券が貰えるので、損はありません。

     

     

    PARCOカードは初年度以降、5%OFFのメリットを享受するのが難しいですが、このような小技で回避することもできます。PARCOを利用されている方は、PARCOの株主になることも検討されてはいかがでしょうか。


    楽天カードって実際使いやすいのか。発行したのでレビューしてみる。

    0

      高還元率のカードとして人気の楽天カードですが、実際に使いやすさ、還元率などなど、実際のところどうなのでしょうか。私自身が使ってみて感じたメリットとデメリットからレビューしていきたいと思います。

       

       

      ◆楽天カード基本スペック&メリット

      ・年会費無料

      ・通常の利用では還元率1.0%

      ・楽天市場で利用でボーナスで1%

      ・楽天Edy、楽天ポイントカードと一体型カードとして使用できる

      ・入会キャンペーンで5,000ポイント〜8,000ポイント程度がもらる

      ・VISA, Master Card, JCB の三つのブランドから選択可能。

       

      楽天カードの特徴として、楽天市場の買い物で+1%のポイントがカード利用額とは別にもらえることです。さらに楽天市場では様々なキャンペーンが行われており、還元率をどんどん高めることができます。現在はSPU(スーパーポイントアッププログラム)で最大13%の還元率になります。さらに、5と0の付く日はポイント5倍や、お買い物リレーでのポイント10倍など、非常にポイントが貯まりやすい環境があります。一番いいのが、楽天ふるさと納税。これもポイント付与の対象のため、大量のポイントと返礼品が貰えるため非常にお得です。(なお、SPUの最大還元率は楽天ゴールドカードまたは楽天プレミアムカードでないと出ません。)

       

      一方で還元率1%のカードは他にもあることを考えると、楽天市場を使わないとあまり得しない気もします。が、入会キャンペーンのポイントは非常に嬉しい特典になります。入会キャンペーンで貰ったポイントは楽天ポイントは楽天関連のサービスだけでなく、楽天ポイントカードの利用できるお店(実店舗)でも使うことができます。

       

      楽天ポイントカードが利用できるお店としては、

       

      出光興産

      くら寿司

      マクドナルド

      ミスタードーナツ

      ダイコクドラッグ

       

      などがあり、期間限定ポイントでも利用可能なのが嬉しい点です。楽天市場でのキャンペーンでのポイント付与は期間限定ポイントです(※楽天カードの利用額に対して貯まるポイントは通常ポイントのため、最後のポイント獲得から1年有効なので毎月100円以上の支払いがあれば、実質無期限のポイントになります。)。このため、期限までにポイントを消化する必要があるのですが、無駄なものを楽天市場で買うと勿体ない。。。

       

      しかし期限の切れそうなポイントは実店舗の利用でも消費できるため、ポイントを無駄にしなくて済みます。私が実際にやるのは、出光でのガソリンの給油です。これなら無駄なものを買うことなく、ポイントの消化が可能になります。そのほかダイコクドラッグで消耗品のまとめ買いもありだと思います。

       

       

      楽天Edyはオートチャージ設定も可能ですし、使わなくなったらオートチャージ設定をやめて余ったEdyは楽天ポイントに移行可能なので、微妙に残った残額で困ることはありません。なお、カードが壊れた場合(ICチップの故障)は返金し貰えるようですが、カード更新時は自動で移行されないので要注意です。カードを裁断する前に使い切るか、楽天ポイントに移行しておきましょう。

       

       

      こう考えるとクレジットカードと楽天ポイントカードと楽天Edyの機能が一体型になっている楽天カードはかなり使い勝手が良いのではないかと思います。

       

       

       

      ◆楽天カードのデメリット

      ・ETCカードの年会費が有料(税込み540円)

      ・海外旅行保険は利用付帯

      ・楽天のサービスを使うことになり、そこからのメールが大量に届く

       

      ETCカードに関しては、楽天プラチナ会員以上で年会費無料になるので、楽天サービスのヘビーユーザーなら実質無料にできます。

      もしくは楽天ゴールドカード以上でも無料ですので、楽天ゴールドカードを利用するのもありだと思います。

       

      海外旅行保険に関しては年会費無料で高還元率のカードなので、必要な場合は別のカードで補うことになります。個人的には高還元率のカードの目的は決済によるポイント獲得なので、旅行保険が付いていてもあまり意味がないと思います。

       

      最後に楽天の各種サービスから届くメールですが、、、

      これはフォルダ分けするか、しくは楽天専用のメールアドレスを作成するか、で対応するしかありません。楽天カードに決済を集中して楽天市場や楽天トラベルなどなどのサービスを利用していると宣伝のメールがかなりの数届きます。普通のアドレスと共用にしていると煩わしくなる可能性が高いので、しっかりと仕分けしましょう。(私の場合は仕分けも煩わしくメールもそんなにしないのでほったらかしていますが。)

       

       

      こう見ると唯一のデメリットはETCカードが有料な点だと思います。楽天会員のランクが上がれば無料になるので、そこを目指すか、年会費2160円を払って楽天ゴールドカードにするかです。楽天ゴールドカードであれば、楽天市場での買い物でさらに2%のボーナスポイントがもらえるので、楽天市場で年間100,800円の買い物をすればペイできます。もちろんふるさと納税も対象なので、50,000円分ふるさと納税すれば、少なくとも半分はペイできる計算です。

      この辺りを勘案してゴールドにするかを決めるのが良いと思います。

       

       

       

      まとめ 楽天カードを使う上でのポイント

       

      以上から楽天カードを使いこなすうえで大事なのは、楽天のサービスをうまく利用して楽天ポイントを貯めて、上手に使うことだと思います。とはいえ、そこまで楽天は利用しないという方も多いと思いますが、100円で1ポイント付与でポイントが使いやすいことも考えると、使い勝手が悪いということはあり得ません。楽天カードでのポイントでガソリンの給油代を浮かすこともできますし、ふるさと納税で一気にポイントをもらうのもありです。

       

      この使い勝手の良さに加えて、入会時のポイント付与もあり、人気が出ているのだと思います。普段カードを使わない方も楽天カードでのクレジットカード決済に乗り換えてポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。


      JCBオリジナルシリーズゴールドカードの年会費が来年度から実質半額になるようです

      0

        JCBからお知らせが届いていました。

         

         

        2019年春 「支払い名人」が新サービスに生まれ変わります

         

        と裏面に書いており(表側は宛名のみ)、リボ払いの宣伝だろうと思っていたのでしっかり読んでいなかったのですが、よく読むと良いニュースが書かれていました。ちなみに支払い名人とは、JCBで行っているリボ払い制度の名称です。VISAで言うマイペイすリボに相当する制度です。

         

        これまでJCBの年会費は10,000円+税で、年会費の割引制度はありませんでした。しかし支払い名人から新サービスに移行後はリボ払いに登録し、年一回以上の利用でゴールドカードの場合は5,000円のキャッシュバックが貰えるようです(一般カードは1,350円、プラチナ以上のカードや年会費無料のカードは優遇なし)。つまり、年会費が実質半額になります。さらに、リボ払い手数料の発生した月はokidokiポイントが2倍になる優遇もあるようです。

         

        一方でショッピングリボ払いの手数料の初回手数料無料の優遇がなくなるため、リボ払いの設定金額以上の利用があった場合は、最初の引き落としから手数料が発生するようになると思われます。また新サービスへの移行時、もともとリボ払いのない人は残高スライドコースに自動的に移行するようですが、その後定額コースに変更できるのかが、気になるところです。詳細内容の案内は今年10月に来るようなので、そこで確認したいと思います。

         

         

         

        今回のJCBの支払い名人のリニューアルですが、、、三井住友VISA ゴールドカードではマイペイすリボ登録で年会費が半額になり、かつリボ払いの金利手数料が発生する時はポイントが2倍になる制度がありますので、おそらく三井住友VISAカードを意識した制度変更だと思います。

         

        確かに三井住友VISAゴールドカードの方が年会費が安くできるので、単にゴールドカードが欲しい場合には三井住友の方がメリットがあるように思います。

         

         

        と言いつつ、私はJCBのゴールド所持しており、月10万以上のペースで決済をしています。もちろん目的はJCB THE CLASSです。JCB THE CLASSはJCBプロパーカードで最も上位のカードでブラックカードと言われる部類に属します(人によってはプラチナだという人もいますが、昨年にJCB プラチナができたので、JCB THE CLASS位置づけとしてはブラックカードであると思います)。JCB THE CLASSは通常インビテーションでしか発行できないカードであり、インビテーションを受けるにはJCBゴールド以上を保有してJCBでの優良なクレヒスが必要です。具体的には年100万円以上の決済を2年以上して、JCBゴールドザプレミアのインビテーションを受けてさらにそこから年100万円以上の決済が数年程度でJCB THE CLASSのインビテーションが届くと言われています。

         

        JCB THE CLASSの取得を考えている方にとっては、ゴールドカードの間の年会費を抑えられるのは朗報ではないでしょうか。またJCBゴールドはオンライン入会の場合(ネット経由で申し込めば)、初年度の年会費が無料になります。

         

        JCBのオンライン入会の審査の速さは凄まじく、私の場合は15分で審査通過の連絡が来ました。最短の場合、翌日にカードが来るようです。

         

        JCBゴールドは国内空港のカードラウンジ利用可、旅行保険類など基本的なゴールドカードのサービスは付帯しており、家族カードも一枚まで無料で発行できます。ポイント還元率が0.5%とやや悪いですが、カード保有者向けのキャンペーンを積極的に行っており、還元率の悪さはカバーできている印象です。カード券面もゴールドにしては落ち着いたデザインなので、個人的には気に入っているカードです。

         

         

        JCBのゴールドカードの唯一の欠点ともいえる年会費の高さが今後解消される方向に向かいそうなので、非常に嬉しい限りです。皆様もJCBカードの興味があれば、発行されてみてはいかがでしょうか。

         

        以上、JCB支払い名人のリニューアルのお知らせとカードの紹介でした。

         

         


        三井住友VISAカードが最高額を更新中

        0

          私が少し前に申し込んだ三井住友VISAカード、ポイントサイトでさらに高騰し、最高額を更新しています。

           

          Get moneyで16,500円相当

          i2iポイントで16,100円相当

          ちょびリッチで16,000円相当

           

          です。

           

           

          私の場合は少し気が早かったようで、14,000円で申し込んでしまいました。。。このあたりの最高値を狙っていくのは難しいですね。プラスマイナス2,000円くらいは誤差だと思って諦めるのも大事かもしれません。

           

           

          さて三井住友VISAクラシックカードについてですが、実は年会費無料で持てるため、陸マイラー的には美味しい案件でもあります。マイペイすリボの登録と年一回以上の利用で年会費が無料になります。マイペイすリボはリボ払いへの登録ですが、リボ払い額を限度額と同じにしておけば、手数料が発生しないため、実質一回払いで利用するのと同じになるため、安心して利用できます。

           

          また、ややハードルは高いですが、入会キャンペーンも行っているようです。

          ・新規入会&入会月の2ヵ月後末までに12万円の利用で、2,000円のキャッシュバック。

          ・マイペイすリボ同時登録&入会月の1ヵ月後末までに6万円利用で、6,000円キャッシュバック。

          ・電子マネーiD同時登録&入会月の1ヵ月後末までに6万円利用で、1,000円キャッシュバック。

          上記の利用はiDでもカード利用のどちらでもOKのようです。

          全部の特典を受けようと思うと12万円の利用なのでややハードルが高いと個人的には思います。

           

           

           

          なお、カードの詳細は発行した際の記事に少し紹介したので、リンクを載せておきます。

          三井住友VISAカードを発行しましたが。。。

           

           

          ポイント還元率で言えばやはり他のカードの方が良い印象ですが、ステータス性などのバランスや特定の使い方をすれば意外に良いカードとも思えます。特に三井住友カードの上位のカード(プラチナカード)を狙っている方はクレヒス実績を積み重ねることができるので、まずはゴールドかクラシックからになると思います。

           

           

          その他、陸マイラー的にはポイント経由地としてワールドプレゼントポイントを利用できる点は重要です。ハピタスなどではLINEポイントに交換するまでにポイント経由地として三井住友のワールドプレゼントポイントを経由せざるを得ない状況です。ワールドプレゼントポイントを経由地として使うためには三井住友カードを一枚は持っておかないといけないので、実質無料で持てる三井住友カードは非常にありがたい存在となっています。

           

           

          以上、カード案件の紹介でした。


          ダイナースクラブカードがポイントサイトに掲載中 発行の是非は?

          0

            ダイナースクラブカードがポイントサイトで復活しています。

            ちょびリッチは15,000円相当

            ゲットマネーは14,000円相当

            ハピタスは10,000円相当です。

             

             

            ダイナースクラブカードの基本情報

            年会費 22,000円+税(23,760円)

            利用可能額に一律の制限なし

            入会資格は27歳以上

            還元率 1%

            ポイントに有効期限なし

            ポイントはANAなどのマイルに移行可能(マイル移行手数料6480円/年)

            国内・海外主要空港のラウンジが利用可能

            空港手荷物宅配サービス

            海外旅行保険 最高1億円(うち自動付帯5,000万円)

            エグゼクティブダイニングで一名分のコース料理が無料

            他多数のサービスあり。

             

             

            カードのサービスの内容からはゴールド〜プラチナ級のカードで年会費相応のサービスと言えます。個人的にはエグゼクティブダイニングの特典がかなり魅力的です。アメックスゴールドカードもゴールド・ダイニング by 招待日和という類似のサービスがありますが、アメックスゴールドの年会費が29,000円+税(31,320円)なので、年会費的には少しお得です。

             

            また、ANAマイルに移行するならアメックスゴールドの場合、メンバーシップリワードプラスとメンバーシップリワードANAコースで8,000円+税(8,640円)取られることになり、ダイナースよりも高い移行手数料になります。

             

            一方で、マイル移行先はアメックスの方が多いため、ポイント移行の自由度はアメックスの方が高いです。

             

            ポイントはANAマイルへの移行のみで、エグゼクティブダイニングの利用が目的ならアメックスゴールドよりも優れているかもしれません。

             

            ただし、ダイナースの弱点としてアメックスよりも加盟店の数が少ないことが挙げられます。とは言え、アメックスが使えない所もたまーにあるので、決済力でいえばVISAとMasterが圧倒的でアメックスとの比較はあまり意味がないかもしれません。

             

             

            こうしてみると中々良いカードに思えてくるのですが、やはり年会費23,760円は大きな負担です。私の持っているクレジットカードでコース料理が一名分無料になるサービスの付帯したものはないので、一枚くらいそういったカードを発行してみたいのですが、SPGアメックス、JCBゴールド、ANAアメックスといったカードも持っているので、年会費が家計を圧迫しつつあります。これ以上年会費の高いカードを増やせないという事情からも今回は発行できそうにありません。。。

             

             

            ただ、現在はキャンペーン中で入会後3か月以内にエグゼクティブダイニングの利用で10,000円キャッシュバックされるようです。ポイントサイト経由(ちょびリッチ)から申し込めば、さらに15,000円相当のポイントがもらえるので、初年度の年会費23,760円分のもとは取れる計算になります。

             

            もし、エグゼクティブダイニングの利用をお試しでしてみたいのであれば、申し込みもありだと思います。

             

             

            以上、ダイナースクラブカードの紹介でした。



            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>

             

            にほんブログ村バナー

            ブログ村 ランキング

            Twitter

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 楽天ふるさと納税で返礼品と楽天ポイントを獲得しましょう!
              塾マイラー
            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              しょうにん
            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              ヒビヒビ
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              しょうにん
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              -@-
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              しょうにん
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              -@-

            profile

            search this site.