SPGアメックスを持つことの本当のメリット・デメリットについて解説

SPGアメックスは非常に人気のホテル系クレジットカードで、私もおすすめしているクレジットカードの一つでもあります。

私はSPGアメックスを保有してから丸一年経ちましたが、実際に使ってみてわかったメリットとデメリットをしっかりと解説していきたいと思います。

この記事では先にデメリットの方を紹介してから、メリットの内容について説明していきます。なぜなら、デメリットが大きいと感じるなら、SPGアメックスは持つべきではない可能性が高いカードだからです。

そして、最後に私自身が使っていて感じたSPGアメックスの本当のメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

SPGアメックスのデメリット

SPGアメックスのデメリットは大きく分けて4つです。これらのデメリットに対して、メリットが打ち勝つかどうかがSPGアメックスを所有すべきかの分岐点になります。

年会費が33,480円と高額

SPGアメックスの33,480円という年会費はクレジットカードにおいては高額な部類に入ります。

「高額な年会費をクレジットカードに払えるかどうか」という心理的なハードルも高いですし、「元が取れるのか」という問題もあります。

もちろんSPGアメックスは大きなメリットもある分、この年会費の元は取れます。しかし、30,000円以上のお金をパッと払えるかと言われると難しいが現実です。

発行するまでに検討に検討を重ねました

私もSPGアメックスの発行に際して、年会費に対してメリットがどの程度かあるのか一か月ほど検討を重ねてから、最終的に発行することに決めました。

確かに年会費は高額ですが、メリットの一部でもうまく利用できれば、発行する価値のあるカードと判断したからです。私自身、このカードを発行して良かったと感じています。

この年会費なら自分の生活水準には合わないと考えて発行を見送るのも大事な選択と言えます。

逆にクレジットカードの年会費でここまで支払う心理的障壁だけであれば、メリットをよく確認してみて発行するか検討するのが吉です。

マイルでの還元率は最大でも1.25%

SPGアメックスの還元率は100円につき3ポイント、もしくは100円につき1マイルまたは1.25マイルです。ポイントは、マリオットリワードのポイントでポイント宿泊に利用すれば1ポイントは1円弱で利用できます。

通常、マイルへの交換は3ポイントにつき1マイルなのですが、60,000ポイントを貯めて交換すると25,000マイルになるため、実質1.25%です。しかし、60,000ポイント貯めるには200万円の決済が必要なので、貯まるまでにはある程度の時間がかかります。

入会特典でスピードアップできる

SPGアメックスは入会特典があり、最大39,000ポイントを獲得可能なため、最初の60,000ポイントは比較的容易に貯めることが可能です。

通常のANAやJALカードであれば、100円につき1マイルなのでSPGアメックスの還元率は悪くないのですが、高額な年会費や還元率1.25%まで持っていく条件を考えるとそこまで還元率は良いとは言えないでしょう。

マイルの還元率で考えると他のカードも選択肢に入るため、この還元率だけではSPGアメックスを発行する理由としては弱いと思います。SPGアメックスはマイルの還元率というよりもホテルの宿泊や宿泊でのポイント利用にメリットがありますので、マイルだけを目的にするには不向きです。

SPG・マリオットのホテルを利用すると宿泊費が高額になる

SPGアメックスではSPG・マリオットのホテル系列で優待が受けられるカードですが、いずれのホテル系列も高級ホテルです。

旅行先のホテルでこれらの系列から選ぶことになると、宿泊費が高額になってしまいます。

受けられるサービスも値段相応のものですが、SPG・マリオットやリッツカールトンといったホテル系列に年間にどの程度宿泊するかはよく考えておく必要があります。

年一回の無料宿泊は初年度はない

SPGアメックスのメリットで書いている年一回の宿泊特典は入会した初年度はありません。このため、初年度の年会費は普通に支払うことになります。

しかし、入会特典があるため、その分で元を取ることは可能です。SPGアメックスは入会特典で、最大39,000ポイントを獲得可能なため、カテゴリー5のホテルまで宿泊可能になり、初年度の年会費の元がほぼ取れる計算になります。

ただし、33,480円という年会費をいきなり支払う必要があるので、メリットに対して年会費が高すぎると感じる場合は入会しないという選択を重要です。

 

SPGアメックスのメリット

SPGアメックスは年会費という大きな壁はあるものの、その分メリットも破壊力抜群です。

カードを所有した日からSPG・マリオットのゴールド会員になれる!

まずメリットとして大きいのがこれ。カードを持つだけでSPG・マリオットのゴールド会員になれます。SPG・マリオットのゴールド会員の特典はかなり充実しています。

ゴールド会員ではさすがにラウンジアクセスや朝食無料は付いてきませんが、レイトチェックアウトなどの特典はあります。

お部屋のアップグレードもワンランク程度は期待できるため、非常にお得です。

年一回の無料宿泊特典

入会した年度はもらえませんが、入会翌年分の年会費を支払った後に無料宿泊特典が貰えます。

権利は1泊一室(2名まで)となっています。50,000ポイントまでのホテルです。レギュラーシーズンまでであればカテゴリー6と呼ばれるランクまで宿泊可能になります。

国内のマリオット・SPGのホテルだと以下のホテル系列が利用可能です(レギュラーシーズンで利用可能)。ただし、一部のホテルではウェブ上ではポイント予約が出てこないホテルもあり、その場合は電話での確認が必要と思われます。

  • シェラトン北海道キロロリゾート(カテゴリー5)
  • フォーポイントバイシェラトン函館(カテゴリー4)
  • ウェスティンホテル仙台(カテゴリー5)
  • コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション(カテゴリー5)
  • 東京マリオットホテル(カテゴリー6)
  • モクシー東京錦糸町(カテゴリー5)
  • ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション(カテゴリー6)
  • コートヤード・マリオット銀座東武ホテル(カテゴリー5)
  • シェラトン都ホテル東京(カテゴリー6)
  • ウェスティンホテル東京(カテゴリー6)
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(カテゴリー6)
  • 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(カテゴリー5)
  • コートヤード・バイ・マリオット白馬(カテゴリー4)
  • 軽井沢マリオットホテル
  • 伊豆マリオットホテル修繕寺(カテゴリー5)
  • 富士マリオット・ホテル山中湖(カテゴリー5)
  • 名古屋マリオットアソシアホテル(カテゴリー5)
  • フォーポイントバイシェラトン名古屋国際空港(カテゴリー4)
  • 琵琶湖マリオット・ホテル(カテゴリー5)
  • ウェスティン都ホテル京都(カテゴリー5)
  • コートヤード新大阪ステーション(カテゴリー5)
  • ウェスティン大阪(カテゴリー6)
  • モクシー大阪本町(カテゴリー5)
  • シェラトン都ホテル大阪
  • 大阪マリオット都ホテル(カテゴリー6)
  • 南紀白浜マリオットホテル(カテゴリー5)
  • 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ
  • ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス(カテゴリー5)
  • ルネッサンス・リゾート・ナルト(カテゴリー5)
  • シェラトングランドホテル広島(カテゴリー5)
  • シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(カテゴリー5)
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート(カテゴリー6)

国内のホテルだけでも非常に多くのホテルが無料宿泊特典で利用可能になっています。

 

一方、国内で無料宿泊特典では利用できないホテルは以下の通り(オフピークの場合はカテゴリー7に宿泊可能ですが、向こう一年の宿泊予約ポイント数を見てもポイント数がすべてレギュラーシーズンのものとなっており、現状では予約不可です)

  • ウェスティンルスツリゾート(カテゴリー7)
  • リッツカールトン京都(カテゴリー8)
  • 翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都(カテゴリー8)
  • ザ・リッツ・カールトン大阪(カテゴリー7)
  • セントレジスホテル大阪(カテゴリー7)
  • いラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古(カテゴリー8)
  • ザ・リッツ・カールトン沖縄(カテゴリー7)
  • オキナワマリオットリゾート&スパ(カテゴリー6)
  • ルネッサンス・オキナワ・リゾート(カテゴリー7)
  • ザ・リッツ・カールトン東京(カテゴリー8)
  • ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル(カテゴリー8)

リッツカールトンの系列は残念ながら無料宿泊では泊まることができません。しかし、カテゴリーに応じたポイントを貯めれば宿泊はできますので、泊まりたい方は積極的にSPGアメックスを利用してポイントを貯めましょう。

100円で3ポイントも還元 しかもポイントは実質無期限

SPGアメックスは100円につきマリオットのポイントを3ポイントの還元する仕組みになっています。このためマイル還元率で見ると1.25%なのですが、100円で3ポイントという還元は非常に優秀です。

マリオットのポイントは宿泊に利用すると1ポイント1円弱の価値で利用できるため、ホテルの宿泊に利用することで実質2.5%程度の還元率になります。

ポイントは実質無期限

マリオットのポイントは過去二年間にポイントの獲得や利用がない場合、ポイントが失効します。つまり、ポイントの獲得が過去二年間にあればポイントが失効することがありません。

SPGアメックスで決済している限り、毎月ポイントが貯まるので有効期限に関する心配は全くありません。

このため、マリオットのポイントはマイルに交換するよりも宿泊に使った方が効率的です。というのもANAマイルはこのブログでも紹介している方法で比較的容易に貯めることができますが、マリオットリワードのポイントはSPG・マリオットに宿泊するか、SPGアメックスを利用するしか貯める方法がないからです。

ANAマイルの貯め方はこちら

飛行機に乗らずに年間20万マイル以上を貯める方法とは? 誰でも実践できるマイルの貯め方を公開します!

2018.09.02

旅行に出かけるときに費用が掛かるツートップが飛行機代とホテル代の二つ。飛行機代はマイルで補えますが、ホテル代はマイル充当するのは難しいです。

そこでSPGアメックスが非常に大きな役割を果たします。マリオットのポイントは一定ポイント数を使うことで無料宿泊が可能であり、カテゴリーに応じて必要なポイントが変わります。

ホテルカテゴリー 必要ポイント数
スタンダード ピーク オフピーク
1 7,500 10,000 5,000
2 12,500 15,000 10,000
3 17,500 20,000 15,000
4 25,000 30,000 20,000
5 35,000 40,000 30,000
6 50,000 60,000 40,000
7 60,000 70,000 50,000
8 85,000 100,000 70,000

このポイント宿泊を利用して、旅行の時にかかるホテル代も大幅な削減が可能になります。SPGアメックスが旅行好きや陸マイラーの方から人気のあるカードとなっている理由は宿泊代を抑えながら、旅行を楽しめるという点も大きいです。

ポイントで4泊連続宿泊なら、5泊目無料!
これを活用することで旅行で高くなりがちなホテル代も大幅に抑えることが可能になるのです。また、ポイント宿泊時もゴールド会員としての特典を利用することができますのでさらにお得になるという仕組みです。(この表はスタンダードシーズンのポイント数)

マリオットのポイント宿泊特典として、4泊分のポイントで5泊可能というものがあります。このため、多くのポイントを貯めておくことで連泊が容易になります。

このため、マイルと組みわせて連泊するように使えば、非常にお得。リゾート地だとホテル代も高くなりがちですが、SPGアメックスで貯めたポイントで解決できます。

 

ポイントをマイルに交換できる提携航空会社が多い

ポイントをマイルに交換することも可能です。しかも、交換できる航空会社が非常に多いです。

以下の表に交換できる航空会社を一覧にしました。

航空会社 交換レート
ポイント:マイル
エーゲ航空 3:1
アエロフロート 3:1
アエロメヒコ 3:1
エアカナダ 3:1
中国国際航空
(エアチャイナ)
3:1
エールフランス 3:1
ニュージランド航空 200:1
アラスカ航空 3:1
アリタリア航空 3:1
全日本空輸
(ANA)
3:1
アメリカン航空 3:1
アシアナ航空 3:1
アビアンカ航空 3:1
ブリティッシュ・エアウェイズ 3:1
キャセイパシフィック航空
(アジアマイル)
3:1
中国東方航空 3:1
中国南方航空 3:1
コパ航空 3:1
デルタ航空 3:1
エミレーツ航空 3:1
エティハド航空 3:1
フロンディア航空 3:1
海南航空 3:1
ハワイアン航空 3:1
イベリア航空 3:1
日本航空
(JAL)
3:1
ジェットエアウェイズ 3:1
ジェットブルー航空 6:1
大韓航空 3:1
LATAM航空 3:1
ルフトハンザドイツ航空 3:1
LATAM航空 3:1
カンタス航空 3:1
カタール航空 3:1
サウジアラビア航空 3:1
シンガポール航空 3:1
南アフリカ航空 3:1
サウスウエスト航空 3:1
TAPポルトガル航空 3:1
タイ国際航空 3:1
ターキッシュエアラインズ 3:1
ユナイテッド航空 3:1.1
ヴァージン・アトランティック航空 3:1
ヴァージン・オーストラリア 3:1

60,000ポイント移行ごとに5,000マイルのボーナスマイルが貰えます。このため、ポイント:マイルの交換比率が3:1となっている航空会社は実質3:1.25で交換できます。

海外の航空会社のマイルは貯めにくいものがあるため、SPGアメックスが活躍することもあります

JALやシンガポール空港のマイルへの交換という選択肢

SPGアメックスはマリオットのポイントが貯まるので、宿泊に使うことでお得になりますが、航空会社のマイルも選択肢として有力。

ANAの場合は、ANA VISA ワイドゴールドで約1.65%までマイル還元率を上げることが可能なのでメリットは薄いのですが、JALマイルに関してはSPGアメックスの1.25%が最高還元率のカードです

シンガポール航空(SQ)はANAと同じスターアライアンスに所属していますが、SQのファーストクラスはSQのマイルでしか特典航空券を予約できません。SQのA380のファーストクラスは非常に快適なことで有名でどうしても乗りたい!という方はSPGアメックスでマリオットリワードのポイント貯めてSQのマイルに交換するのが、効率の良い方法の一つです。

その他の付帯特典も非常に多い!

SPGアメックスは上記の点にメリットを強調されがちですが、アメックスなどの付帯特典も秀逸です。

空港ラウンジ

アメリカン・エキスプレスのカードと利用当日の搭乗券を呈示すると、アメリカン・エキスプレスが提供する空港ラウンジを同伴者1名様まで無料で利用可能です。国内の主要空港のカードラウンジが利用可能になっており、同伴者も無料な点が非常に便利です。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に、空港から自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送してもらえます。

利用の当日に、下記の申し込みカウンターにて、カードと搭乗券を呈示のうえ、「手荷物無料宅配サービス」を利用する旨を伝えれば利用可能です。

利用可能なカウンターは以下の三つ。

  • 成田空港:JALエービーシーカウンター
  • 中部国際空港:宅配手荷物カウンター
  • 関西国際空港:JALエービーシーカウンター

旅行傷害保険

アメックスは旅行保険類も充実しているのが特徴です。利用付帯の場合は以下の補償額になります。

保険金の種類 基本カード会員 基本カード会員
の家族
家族カード会員 家族カード会員
の家族
国内旅行 傷害死亡・後遺障害保険金 最高5,000万円 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1,000万円
海外旅行
補償期間:最長90日間
傷害死亡・後遺障害保険金 最高1億円 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用保険金 最高300万円 最高200万円 最高300万円 最高200万円
疾病治療費用保険金 最高300万円 最高200万円 最高300万円 最高200万円
賠償責任保険金 最高4,000万円
携行品障害保険金 1旅行中最高50万円
救援者費用保険金 保険期間中
最高400万円
保険期間中
最高300万円
保険期間中
最高400万円
保険期間中
最高300万円

利用した場合の補償は家族カードや家族カード会員の家族にまで及び、非常に充実しています。

自動付帯分の補償は以下の表のとおりです。

保険金の種類 基本カード会員 基本カード会員
の家族
家族カード会員 家族カード会員
の家族
国内旅行 傷害死亡・後遺障害保険金 補償なし
海外旅行
補償期間:最長90日間
傷害死亡・後遺障害保険金 最高5,000万円 最高1,000万円 補償なし
傷害治療費用保険金 最高200万円 補償なし
疾病治療費用保険金 最高200万円 補償なし
賠償責任保険金 最高4,000万円 補償なし
携行品障害保険金 1旅行中最高50万円 補償なし
救援者費用保険金 保険期間中
最高300万円
補償なし

家族カード補償分が少ないですが、カード会員の補償はしっかりと残っているので、非常に安心感があります。

航空便遅延費用補償

SPGアメックスでは海外旅行で航空機の遅延があった際の補償もしてくれます。乗継便の遅延や出航の遅延・欠航などで2万円までが補償されます。

手荷物の紛失(いわゆるロストバゲージ)の場合は4万円まで補償されます。

オーバーシーズ・アシスト

海外の旅行先からでも日本語でのサポートが受けられます。レストランの予約や、医療機関の紹介などの緊急時の支援まで行ってくれます。24時間日本語で対応してくれるのは心強いサービス。

国によって電話番号が違うので、旅行に行く先の電話番号は登録しておくと良いです。

オンラインプロテクション

オンライン・ショッピングで「カード番号を入力するのは少し不安」という方も、アメリカン・エキスプレスのカードなら心配無用。
万一、第三者によるインターネット上での不正使用と判明したカード取引については、原則としてご利用金額を負担する必要はありません。

SPGアメックスなら、安心してネットショッピングでポイントを貯めることが可能です。

ショッピングプロテクション

国内、海外を問わずアメリカン・エキスプレスのカードでお求めのほとんどの商品について、破損・盗難などの損害を購入日から90日間、1名で年間最高500万円まで補償されます。

ショッピング保険も付帯しており、その補償も充実しています。

リターンプロテクション

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードで購入した商品の返品を、万一購入店が受け付けない場合にアメックスに連絡すると補償が受けられます。購入日から90日以内なら、アメリカン・エキスプレスに返却することで、購入金額を口座に払い戻ししてもらえます。

アメックスのカードは補償類が充実しているので、お買い物での利用では安心感があります。

リターンプロテクションの注意事項として、商品が未使用で損傷がなく、他に加入している保険または購入店の返品規定によって適用されない場合のみ有効となります。また補償金額1商品につき最高3万円相当額まで、1会員口座につき年間最高15万円相当額までです。

キャンセルプロテクション

急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気、ケガによる入院などで、予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償する画期的なサービス。
さらに、同行する予定のあった配偶者の方の分も併せて補償されます。

非常に面白い補償です。以下のサービスをSPGアメックスで購入した場合、補償の対象になります。自己負担額は「1,000円」または「キャンセル費用の10%に相当する額」のいずれか高い額となります。

  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテルなどの宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送
  • 宴会、パーティー用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行

※社命出張によるキャンセルは、海外旅行契約に基づくサービスに限ります。

支払いの補償金の限度額は以下の通り

  • カード会員様ご本人、カード会員様ご本人の配偶者またはカード会員様ご本人の1親等以内の親族の死亡・傷害または疾病による入院に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)
  • カード会員様ご本人、カード会員様ご本人の配偶者またはカード会員様ご本人の子どもの傷害による通院に基づくキャンセルの場合:3万円(年間最高)
  • カード会員様ご本人の社命出張に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)

京都特別観光ラウンジ

高台寺塔頭 圓徳院にあるカード会員専用の「京都特別観光ラウンジ」を利用できます。

圓徳院の拝観券売り場でカードを呈示すると利用できます。

サービスの内容は以下の通り

  • 圓徳院書院・知客寮にてお茶の提供
  • 圓徳院の拝観無料
  • 高台寺・掌美術館の拝観割引
  • 高台寺駐車場1時間無料サービス
  • 同伴者3名様までご利用可能。

京都で観光するときに立ち寄れば休憩するところとしても利用できるので、非常に便利です。

 

SPGアメックスの真のメリットとデメリット

たくさんのメリット・デメリットを上げてきましたが、SPGアメックスの使いこなすという点で最も重要かつ忘れがちなメリットデメリットを記載しておきます。

真のメリット:無料(ポイント)宿泊特典と上級会員の体験

無料宿泊特典やポイント宿泊特典は非常にお得です。うまく利用することで非常に無料もしくは格安で高級ホテルに宿泊が可能になります。

しかも、ゴールド会員としての特典を受けることが可能で普通のホテルステイとは一味違った体験ができるはずです。

SPGアメックスを発行して最初に泊まった大阪マリオットホテルは感動しました。

大阪マリオット都ホテル宿泊記 SPGアメックスを発行して良かったと実感しました!

2018.02.28

他にも名古屋マリオットアソシアホテルにも宿泊しましたが、こちらも非常に良いホテルでした。

名古屋マリオットアソシアホテルに宿泊! 名駅直結で超便利な立地です

2018.07.24

体感的にはゴールド会員でホテルが混雑していなければ最低一段階くらいはお部屋をアップグレードしてもらえるようなので、ホテルステイの質が大幅に向上しています。

また妻の宿泊分を私が代わりに予約したときは4段階くらいアップグレードされていたこともあり、上級会員の資格は非常にお得であるのは間違いありません。

このようなホテルステイを楽しめるのもSPGアメックスのおかげであり、最大のメリットだと感じています。

真のデメリット:無駄に高級ホテルに泊まりたくなる

真のデメリットはこれです。実体験した私が言うのですから間違いありません。

SPGアメックスを発行してマリオットへの宿泊もしましたが、なぜか帝国ホテルやIHG・ANAホテルや全く違うホテルブランドまで手を出し始めています。

IHG・ANAホテルも上級会員の資格が欲しくなりました! ANAクラウンプラザホテル広島 クラブフロア宿泊記 

2019.01.05

帝国ホテル大阪 インペリアルフロア宿泊記 なだ万の朝食は控えめに言って最高でした

2018.07.22

SPGやマリオットの良いホテルに泊まると他のホテルブランドのレベルや快適性が気になってしまうので、ついつい調べてしまいます。

しかし、SPGアメックスを発行したならば、マリオットやSPGに泊まるのが一番ポイントも貯まりますし、お得なのは間違いありません。

あまり他のホテルブランドに浮気しすぎないように注意が必要です。

 

SPGアメックスの入会は紹介経由がお得!

ここまでにSPGアメックスのメリット・デメリットを解説してきましたが、年会費が高額ながらも総合的に見れば非常にお得なカードであると個人的には思っています。

もし、SPGアメックスへの入会を検討されている方はアメックスのカード保有者からの入会をおすすめします。

SPGアメックスの通常の入会特典は、「入会後3か月以内に10万円以上カード利用で30,000ポイント獲得」となります。このため、入会特典分と10万円利用分を合わせて33,000ポイントはすぐに獲得可能です。

しかし、SPGアメックスはアメリカンエキスプレスのカード保有者の紹介経由で入会すると、入会特典が「入会後3か月以内に10万円以上カード利用で36,000ポイント獲得」となります。10万円利用分と合わせると39,000ポイントが獲得可能です。

紹介を経由するだけ6,000ポイント分(=20万円利用分に相当)が獲得できるので非常にお得です。

35,000ポイントでカテゴリー5の宿泊も可能になるため、紹介経由での入会なら初年度の年会費の元を取るのも容易になります。

もし、紹介経由でのお申し込みを考えている方は下のお問い合わせフォームからご連絡ください。ご連絡をいただければ、SPGアメックスの紹介URLをご案内いたします。

お問い合わせの際、名前はニックネームでOKです。また、申込時に私に個人情報が伝わるということもありませんので、ご安心ください。

さいごに

SPGアメックスを保有して一年と少しが経ちましたが、特典が変わらない限りはSPGアメックスは保有を続けていく予定にしています。

SPGアメックスを発行するときは年会費が高額故に、発行するか迷いに迷いましたが、結果的に発行してホテルステイをとても楽しむことできていて満足しています。

年会費の壁は高いですが、リゾート旅行や高級ホテルに興味のある方は非常にお得なカードなると思うので、是非SPGアメックスへの入会を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です