ダイナースクラブカードがポイントサイトに掲載中 発行の是非は?

0

    ダイナースクラブカードがポイントサイトで復活しています。

    ちょびリッチは15,000円相当

    ゲットマネーは14,000円相当

    ハピタスは10,000円相当です。

     

     

    ダイナースクラブカードの基本情報

    年会費 22,000円+税(23,760円)

    利用可能額に一律の制限なし

    入会資格は27歳以上

    還元率 1%

    ポイントに有効期限なし

    ポイントはANAなどのマイルに移行可能(マイル移行手数料6480円/年)

    国内・海外主要空港のラウンジが利用可能

    空港手荷物宅配サービス

    海外旅行保険 最高1億円(うち自動付帯5,000万円)

    エグゼクティブダイニングで一名分のコース料理が無料

    他多数のサービスあり。

     

     

    カードのサービスの内容からはゴールド〜プラチナ級のカードで年会費相応のサービスと言えます。個人的にはエグゼクティブダイニングの特典がかなり魅力的です。アメックスゴールドカードもゴールド・ダイニング by 招待日和という類似のサービスがありますが、アメックスゴールドの年会費が29,000円+税(31,320円)なので、年会費的には少しお得です。

     

    また、ANAマイルに移行するならアメックスゴールドの場合、メンバーシップリワードプラスとメンバーシップリワードANAコースで8,000円+税(8,640円)取られることになり、ダイナースよりも高い移行手数料になります。

     

    一方で、マイル移行先はアメックスの方が多いため、ポイント移行の自由度はアメックスの方が高いです。

     

    ポイントはANAマイルへの移行のみで、エグゼクティブダイニングの利用が目的ならアメックスゴールドよりも優れているかもしれません。

     

    ただし、ダイナースの弱点としてアメックスよりも加盟店の数が少ないことが挙げられます。とは言え、アメックスが使えない所もたまーにあるので、決済力でいえばVISAとMasterが圧倒的でアメックスとの比較はあまり意味がないかもしれません。

     

     

    こうしてみると中々良いカードに思えてくるのですが、やはり年会費23,760円は大きな負担です。私の持っているクレジットカードでコース料理が一名分無料になるサービスの付帯したものはないので、一枚くらいそういったカードを発行してみたいのですが、SPGアメックス、JCBゴールド、ANAアメックスといったカードも持っているので、年会費が家計を圧迫しつつあります。これ以上年会費の高いカードを増やせないという事情からも今回は発行できそうにありません。。。

     

     

    ただ、現在はキャンペーン中で入会後3か月以内にエグゼクティブダイニングの利用で10,000円キャッシュバックされるようです。ポイントサイト経由(ちょびリッチ)から申し込めば、さらに15,000円相当のポイントがもらえるので、初年度の年会費23,760円分のもとは取れる計算になります。

     

    もし、エグゼクティブダイニングの利用をお試しでしてみたいのであれば、申し込みもありだと思います。

     

     

    以上、ダイナースクラブカードの紹介でした。


    三井住友VISAカードを発行しましたが。。。

    0

      JUGEMテーマ:クレジットカード

      三井住友VISAカードのポイントが高くなっており、ついつい申し込んでしまいました。

      ちょびリッチ経由で14,000円相当のポイントを獲得予定です。

       

      ポイントサイトの高騰で何も考えずに申し込んだのですが、三井住友VISAカードのメリットは何があるのか、調べてみたのですが。。。

       

       

       

      今回発行したのは三井住友VISAクラシックカードです。

      一番オーソドックスなVISAカードであり、マイペイすリボに登録し、年一回以上の利用で年会費が無料になります。マイペイすリボは限度額と同じにしておけば、手数料はかからないので実質年会費無料で持てるカードです。

       

      ポイント還元は1,000円につきワールドプレゼントのポイントが1ポイント(=5円相当)もらえますので、0.5%の還元率です。また、リボ払いの手数料がある月は利用額に対して2倍のポイントがもらえるため、還元率は1%になります。リボ払いの手数料を支払い金額の増額等でぎりぎりまで少なくする方法を使えば、実質1%の還元率で使うことができます。

       

      さらに前年の利用額に応じたポイント優遇制度があり、V1, V2, V3の3段階になっています。

      昨年の利用が300万円以上利用でV3になり、還元率が実質0.65%になります。

      (50万円利用で150ポイント付与、以降10万円利用ごとに30ポイント付与)

       

      マイペイすリボ併用でも1.15%の還元率なので、還元率としては物足りない感触です。

      (プライムゴールドやゴールド以上なら1.3%になるので、少し良くなる)

       

       

      ポイントUPモールというネットショッピングでのポイント優待もありますが、楽天やamazonは還元率1%なので、ポイントサイト経由やその他カードのポイント制度を利用した方がお得だと思います。

       

      リアル店舗での利用はココイチという制度があります。

      事前エントリーが必要で少し面倒ですが、キャッシュバックかポイントアップかを選択して優待を受けることができます。エントリー後、優待の有効期限がありますが、何度でもエントリー可能で実質使い放題です。

       

      また、金曜日はエントリーした店舗での利用でポイントがさらに3倍になります。(2019年3月まで)

      例えば、エントリーでポイントが3倍になる店舗で金曜日に利用すれば、実質6倍のポイント還元になります。

      (通常の還元率が0.5%なので、還元率としては3%になります)

      これはうまく使えれば、かなりのポイント獲得が期待できます。

       

      東急ハンズ、大丸、松坂屋、タカシマヤはエントリーでポイント3倍になりますので、大きい買い物をする場合は金曜日にすることでかなりのポイント還元率でお買い物ができるようになります。

       

      海外旅行保険は利用付帯で国内旅行保険はなし。実質年会費無料なので、流石に旅行保険関連は弱いです。

       

       

       

      ということで、三井住友VISAクラシックカードの特典から使い道を考えてみると、

      ココイチにある百貨店で金曜日に利用する。

      となりそうです。

       

      通常のポイント還元率が低いので、使いどころが難しいといった印象です。

      もちろん三井住友のゴールドやプラチナが欲しいのでその前の実績作りとして発行するのはありだと思います。

       

      あと、マイラーの場合はポイント経由地としてワールドプレゼントのポイントが利用できるのは重要なポイントだと思います。ハピタスからはGポイントへの移行が直接できないので、Pexとワールドプレゼントポイントを経由する必要があるためです。ワールドプレゼントポイントは三井住友のカードを持っている必要があるため、年会費無料で持てる三井住友カードは非常にありがたい限りです。私の場合は、三井住友カードを一枚も持っていなかったので、どこかで発行する必要がありそうだと思っていたのですが、ポイントサイトで急騰していたので、申し込んでしまいました。。。

       

      既にたくさんのカードを持っているにも関わらず、さらにカードが増えてしまい、そろそろ管理できなくなりそうです。

      ポイントサイトで発行したカードの整理が必要な時期かもしれません。

       

      以上、三井住友カードの発行と、活用方法の考察でした。

       

       


      バイマイルのためにドットマネーから効率よいANAマイルへの交換ルートを考えみたが。。。

      0

        ドットマネーからANAマイルに交換する方法を模索してみましたが

        結論はTポイントかnanacoポイントからANAマイルにするしかないようです。

         

        最初に考えていたのは、

         

        ドットマネー⇒リクルートポイント⇒pontaポイント⇒LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル

         

        というLINEポイントルートを利用してANAマイルにするルートでした。

        これができれば67.5%でANAマイルに交換できる!と思っていたのですが、

         

        残念ながら、このルートは成立していません。

         

        実はpontaポイント⇒LINEポイントができません。

        pontaポイントで交換できるのはLINEギフトコードで、LINEポイントとは別物だったのです。。。

         

         

        ドットマネーのバイポイント案件で少しでも効率よくマイルにできないか、とソラチカルート終了後に考えていたのですが、やはり単純にTポイントルートを使うしかないようです。Tポイントルートは交換レートが50%なので、ドットマネーのバイポイント案件で1円=1マネーで購入できたとすると、1マイル=2円、というバイマイルになります。ソラチカルート経由だった場合は1マイル=1.11円でのバイマイルが可能だったので、少し悲しいレートですね。。。

         

         

        実際にドットマネーでバイポイントしてみた記事はこちら

        ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた

         

         

        また、ソラチカルート終了前は期間固定Tポイント消化にドットマネーギフトコードの購入する技がありましたが、マイルへの交換レートが下がるため、あまりお得感がありません。

        その代わりにソラチカ終了前後のあたりからGポイントギフトコートが売り出されており、こちらで代用することができます。相場は1ポイント=1.5-1.6円程度でこれまでのドットマネーギフトコードの相場と同じか少し低い程度です。ただし、LINEポイントルートになったことでANAマイルへは81%での交換になるので、その分マイルにできる量は目減りしています。

         

         

        ヤフオクで直接バイマイルもできますが、2.5円〜5円=1マイルが相場になっており直接購入はやはり高くつきます。(ほぼ即時付与される点ではメリットがある。)

         

         

        SPGのスターポイントを購入する方法でバイマイルする場合は、35%OFFのキャンペーン中でドル円の相場が110円/ドルとすると約2.5円=1スターポイントになり、20000スターポイント以上マイルに交換する場合は5000マイル追加でもらえるので、実質2マイル=1円でのバイマイルが可能です。ただし、年間3万ポイントまでしか購入できないという制限があります。

         

         

        1マイル1円くらいで簡単に購入できれば嬉しいのですが、なかなかそういった案件はありませんね。。。


        ぐるなびのポイントが楽天スーパーポイントに移行可能になっていた件

        0

          ぐるなびのポイント、かなり便利なポイント移行先ができました。

          ぐるなびのポイントはぐるなび経由でお店を予約すると結構まとまった量が貯まります。20人の飲み会をすれば、少なくとも20×100=2000ポイントになるので、幹事をされている方は使っているかもしれません。

           

          今までポイント移行先は、Amazonギフト券、WAON、dポイント、東急ポイント、あたりが比較的使いやすい所だったと思いますが、実は2018年3月1日から楽天スーパーポイントへの移行が可能になりました。交換レートは1ぐるなびポイント=1楽天ポイントで等価交換可能です。この件、楽天のポイント関連の調べものをしていたら、急に出てきてかなり驚きまして、急いで記事にしました。

           

          楽天ポイントは非常に使い勝手が良く、ぐるなびのポイントからの移行の場合、通常の楽天スーパーポイント(期間限定ポイントではない)なので、期限切れを気にすることなく使えます。

           

          さらに通常ポイントであることを生かして、ANAマイルへの移行もできてしまいます。2楽天スーパーポイント=1ANAマイルと交換レートが50%でかつ一日1000ポイントまで、月間20000ポイントまで、という制約はあるものの、ぐるなびのポイントから直接ANAマイルへ移行するよりも良いレートで移行できます。以前から500ぐるなびポイント=150マイルで直接交換可能でした が、レートが悪すぎて使い勝手が悪かったのです。

           

          もちろん、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOやANAアメックスをお持ちであれば、より高レートで交換可能な方法もありますが、楽天経由であれば特にカードを持つ必要なくANAマイルに50%のレートで交換できます。

           

          飲み会の幹事をされる方は、ANAのマイルを貯めるにせよ、ポイントを稼ぐにせよ、ぐるなび経由で予約するのも選択肢としてありだと思います。

           

          以上、ぐるなびと楽天ポイントの交換についてでした。


          SPGアメックスのデメリットをあえて取り上げてみる 〜発行してから気づいた隠れたデメリット〜

          0

            SPGアメックスの入会キャンペーンが4月11日までということで、SPGアメックスの紹介記事が多くなってきました。私も発行して、その恩恵にあずかっている一人です。

             

            しかし、あまりにも紹介記事も多いので、ここではあえてSPGアメックスのデメリットについて取り上げてみようと思います。

             

             

            ’会費が高い

            兎にも角にも年会費が高いです。税込33,480円で、クレジットカードの年会費ではかなり高いと言えます。月々にすれば、3,000円といったところなので、携帯電話をもう一回線契約しているような感じです。二年目以降は無料宿泊特典があり、これを使いこなせれば、年会費の高さはある程度相殺は可能ですが、毎年30,000円超のキャッシュが出ていくのは結構辛いです。

             

             

            ▲粥璽襯媛餔ではスターウッドホテルでの特典がやや弱い

            SPGアメックスを発行することで、自動的にSPGゴールド会員になることができます。しかしSPGゴールド会員はラウンジの利用や朝食がついてこない(プラチナ会員ならついてくる)ので、少し物足りないと感じるかもしれません。SPGゴールドならマリオットゴールドにステータスマッチでき、マリオットゴールドならラウンジの利用と朝食が無料で付きます。このため、SPGアメックスを発行した場合、マリオットに宿泊する方が特典を有効活用できます。

             

             

            スターウッドやマリオットに泊まることで宿泊費が高くつく

            △暴颪い人由から、マリオットのホテルに泊まりたくなるのですが、実際に泊まろうと思うとかなり高くつきます。私の場合、マリオットに泊まった際は週末だったこともあり、一泊一人当たり15000円くらいの費用が掛かりました。ベストレート申請で安くする裏技もありますが、使えないときもありますし、使っても普通のビジネスホテルより高いです。宿泊は安宿で十分という方は、マリオットやSPG系列のホテルに泊まることがないため、結果としてSPGアメックスの特典を生かせないことになりますし、逆に無理やり特典を使おうとするとすごい出費になります。

             

             

            ご垳砧┐いまいち

            SPGアメックスは利用額の1%がスターポイントとして還元されます。スターポイントは様々な航空会社のマイルに交換可能であり、交換レートは1:1です。ただし、20,000スターポイントをマイルに移行すると5,000ポイントが貰えるため、マイルの場合は実質1.25%の還元率になります。マイルで見れば、還元率はまずまずです。しかしANAマイル還元率を重視するなら、ANA VISA ワイドゴールドの方が上で年会費も安いです。なのでSPGアメックスのカード還元で貯めるものは、マイルではなく、スターポイントとなり、還元率は1%になりますが、1%だとやはり還元率がいまいちだと感じます。

            スターポイントはポイントによる無料宿泊などで利用することで、1ポイント2円〜3円の価値で使うことができます。なので実際には単純に1%の還元率という訳ではないのですが、マイルとの比較をするとやや見劣りするように感じてしまいます。

             

             

            テ会特典以外でスターポイントやマリオットのポイントを貯める方法が限られている

            これが入会してから気づいた隠れたデメリットであり、SPGアメックス最大の弱点だと思っています。マイルであれば様々なルートでマイルを貯めることが可能ですが、スターポイントはそのバリエーションがほとんどありません。カードの利用額の1%がスターポイントとして還元されるので、100万円決済で10,000スターポイントです。カード利用していれば、有効期限が切れることがないので少しずつ貯めることは可能ですが、マイルの感覚に慣れているとカード決済だけでポイントを貯めていると非常に物足りない感があります。

            一番手っ取り早くスターポイントを手に入れる方法として、スターポイントの購入という手段があります。しかし、セール中かつ相当円高でないと買う気が起きません。もちろん、ぎりぎりポイントが足りないので、少量のポイント買ってくるのはありだと思います。

            ホテルの宿泊で貯めることもできますが、宿泊そのものが高額になってしまうので、マイルのようにザクザク貯める方法ではありません。

            そして、もう一つ、スターポイントを一気に貯める方法がありますが、それがSPGアメックスの紹介です。紹介者はSPGアメックスを一名紹介することで10,000スターポイントが貰えます。つまり紹介者は100万円の決済分に相当するポイントを獲得可能です。

            10人紹介経由でSPGアメックスに入会してもらえれば、100,000ポイント、これはすごいですね。

            とはいえ、紹介でポイントを稼げるのは少数派と言えるでしょう。このため、スターポイントを貯めるのは決済がメインになり、効率的に貯める方法が見当たりません。。。

             

             

            最後に

            SPGアメックス入会前にメリットとデメリットについて検討していましたが、 銑い暴颪い拭△金がかかる点(高額な年会費と高いホテルに泊まってしまう弊害)と還元率がいまいちな点について、概ね理解したつもりで入会したいのですが、イ離好拭璽櫂ぅ鵐箸鮟犬瓩觴蠱覆亡悗靴討離妊瓮螢奪箸狼い鼎い討い泙擦鵑任靴拭

            ただ、マリオットの宿泊自体は非常に満足しておりますし、入会特典のスターポイントもしっかり貰えたので、フルに活用したいと思っております。

             

            私が実際にマリオットに宿泊してみた感想はこちら

            大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由

            SPGアメックスを活用して、コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションにも宿泊してみた。

             

             

            本記事は私自身の個人的な意見も含まれているので、SPGアメックス発行に際しては、他の記事や情報を総合的に見て判断されるのが良いと思います。

             

            この記事がSPGアメックスの発行を検討されている方の一助になれば幸いです。



            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>

             

            にほんブログ村バナー

            ブログ村 ランキング

            Twitter

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 楽天ふるさと納税で返礼品と楽天ポイントを獲得しましょう!
              塾マイラー
            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              しょうにん
            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              ヒビヒビ
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              しょうにん
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              -@-
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              しょうにん
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              -@-

            profile

            search this site.