ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた

0

    スマホ版のドットマネーモールでは実質的にバイポイント可能な高額案件が出ています。

     

     

    例えば、スクショの左上の『うざタン』というコンテンツであれば、月額20,000円のコースを登録することで20,736マネーが獲得できます。ただし、月額20,000円(税抜)のため、実際には21,600円の支払いになり、96%の還元率になります。

     

    特に各月の初日(1日)になった瞬間に獲得マネーが100%または100%を超える案件が一気に増え、その後10分程度で獲得マネー下がることが知られています。このため、月が変わるときの0:00ごろに高額案件を巡って熾烈な争いがあるようです。

     

     

    ソラチカルートの封鎖に伴い、このような案件は陸マイラーにとっては4月1日以降はあまり意味のない案件になるのですが、ソラチカ封鎖直前には非常に役に立ちます。なぜなら、この案件は現金を使用することでたった数分でポイントを獲得できるからです。

     

    ポイントサイト案件で付与までの期間が長いものだと、3月31日までにドットマネーへの移行が間に合わず、残念ながらソラチカルートに乗せることができないものも発生します。そこで、ソラチカルート封鎖までに付与されないポイント分はドットマネーモールの高額案件で現金を使ってポイント(マネー)を先に獲得し、あとからポイントサイトで得たポイントを現金に戻すことで、なんと実質的にソラチカルート閉鎖までに付与されないポイントもソラチカルートに乗せてマイルに交換することができるようになります。

     

    ただし、この高額案件は厄介な問題もあります。

    ひとつはキャリア決済のみ対応しているコンテンツが多いこと。

    もう一つは解約しにくいコンテンツが非常に多いことです。

     

     

    格安simを利用している場合、キャリア決済をすることができません。このため、キャリア決済のみ対応やキャリア決済の場合のみポイント獲得の場合のコンテンツには、残念ながら申し込めません。最初のスクショの左下の『HAPPY うたフル』はその類で、月額10,000円(税込 10,800円)のコースで11,340マネーが獲得できます。

    私は楽天モバイルを使っているので、もちろんこのコンテンツは申し込むことができません。こういったものが多いため、ドコモ、au、ソフトバンク以外のユーザーからすると、案件数が目減りします。とはいえ、クレジットカード決済の物も多いため、キャリア決済に限定されていないものを選べば、この問題は回避できます。

     

     

    次に、解約しにくいコンテンツが非常に多い、という点についてですが、goooleで検索をかけると色々出てきます。いくつかのコンテンツは、非常に解約するページが分かりにくい、もしくは解約したように見えてまだ解約の作業が完了していない、解約できたかどうか分かりにくい、というものがあるようです。

     

    もし解約できなかった場合、月々高額なお金が取られてしまうため、かなり怖かったのですが、うざタンの月額10,000円のコースに申し込んでポイント獲得できるか、解約できるか、やってみました。

     

     

    サイトへGOをクリックすると、うざタンのページ(右のスクショ)に移動します。

    ここから”会員登録”のボタンを押すと月額のプランを選ぶ画面になり(スクショ取り忘れました)、10,800円のコースを選択すると、左下のページに移動します。

    このページの”利用規約に同意(承諾)して登録する(会員登録)”のボタンを押すと右のページに移動して、クレジットカード番号と有効期限とセキュリティコードを入力して、”決済する”のボタンを押します。

    私の場合、JCBのブランドのカードで決済したの J/Secureの画面に飛び、パスワードを入力することで決済を完了しました。

     

     

    決済が完了すると以下の画面になります。下の方にボタンがあったのですが、スクショで撮った時に切れてしましいました。スミマセン。。。そして、ボタンを押すと右の画面に戻ります。

     

    ここで登録完了になります。この段階で早ければ、ドットマネーの方にポイントが付与されているはずなので、確認しに行きます。このとき、この登録のページとは別窓でドットマネーの方に確認に行きましょう。一回消すと次に入るときに、ログインの仕方が分からなくなる可能性があるためです。おそらく、ドットマネーからこちらの画面に移動する段階でうざタンのページとドットマネーのページが別窓になっているはずなので、確認は簡単だと思います。ドットマネー側で10,368マネーが付与されていることを確認した後、退会作業に入ります。

     

    上の右側の画面から"トップページに戻る"を押すと、ログインした状態でトップページ(下の左のスクショ)に戻ります。ここで一回マイページに行き、会員登録情報を確認し、会員番号とパスワードをスクショで確保しておくことをお勧めします。もし何かあって退会(解約)できなかった場合に役立つと思われます。そして各ページの下の方に退会ボタンがあります(下の右のスクショ)。

     

     

    退会ボタンを押すと左下の画面になります。ここから、解約する、のボタンを押すと下の真ん中の画面になり、登録解除はこちらをクリック、を押すと右下の画面へ移動、これで解約が完了です。たぶん。ということで解約が終わりトップページに戻ると、ログアウトした状態になっており、解約が完了したものと思います。

     

     

    ということで、私が実際に高額案件の登録・解約をやった手順を載せてみましたが、不可解な点はないでしょうか。お気づきかと思いますが、この手順中で電話番号もメールアドレスも登録していません。つまり、入力したのはクレジットカードの情報だけです。これで会員番号やパスワードが与えられており、もし会員情報を確認する前にログアウトした場合は確認する方法がないため、うざタンの運営元に問い合わせが必須になります。問い合わせでもたもたしていると解約し損ねて、二か月分の料金を払うことになる可能性も否定できません。

     

    今回、私のやった案件は思ったよりも難なく解約できましたが、他の案件だと解約に苦労しているのも結構あるようです。なので、このドットマネーを使ったバイマイル(バイポイント)はメリットとリスクを合わせ持った案件と言えます。

     

    また、実際にこのバイマイルを高還元率のタイミングである月初めの0:00からの十分間で実行する上での注意点は他にもあります。

    月初めの0:00から還元率が高騰しますが、その直前(日が変わるちょっと前)も還元率が高騰しています。このタイミングで申し込むと、前月で申し込みそのタイミングで月額料金が発生し、日が変わると同時に月も変わるので、さらに月額料金が発生します。つまり、二倍のお金を取られることになり、大損します。

    次に0:00に変わった後も、注意が必要で還元率が高騰しているのはほんの10分程度ですが、月額コンテンツの登録が完了する前に還元率が下がってしまうと、下がった還元率分のマネーしかもらえないようです。つまり、登録が遅れると高還元率でマネーが獲得できなくなってしまいます。

     

     

    ソラチカルートが閉鎖される前に還元率が高騰するタイミングは後に二回、2/1と3/1の0:00のタイミングだけになります。リスクをある程度抱えてはいますが、今年分のソラチカルートのポイントが足りていない方はこのバイポイント案件は参戦する価値があるかもしれません。


    陸マイラー御用達のポイントサイト【ハピタス】 なぜ支持されるかを徹底的に解説

    0

      陸マイラーやお小遣い稼ぎのブログで様々なポイントサイトが紹介されていますが、

      その中でも”ハピタス”というポイントサイトは必ずと言っていいほど取り上げられています。

       

       

      数あるポイントサイトの中で、なぜハピタスがここまで支持されるのか、徹底的に解説していきます。

       

      とその前に、まずはポイントサイトそのものについて簡単に説明します。

      ポイントサイトの仕組みなどを知ることでハピタスが支持される理由がはっきりするからです。

       

       

      ☞ポイントサイトについて

       初めに、ポイントサイトの紹介でよく見かけるのは”ネットで無料で稼げる!”という感じの記事です。確かに稼げることは稼げるのですが、これだけ見ると胡散臭さ爆発です。大抵の方は、こういったものを見ると避けると思いますし、私自身そういったうまい話は懐疑的にみるタイプの人間です。

       何か怪しいと感じる感覚はおそらく間違っておらず、確かに無料で稼げるという部分だけ見ると非常に怪しいのは事実です。しかし、ポイントサイトというものがどういうことをしているのか、しっかりと理解していただければ怪しいという部分は解消できます。そして、稼ごうというはっきりとした意思がないと中々ポイントを稼いでいくことはできない、ということも理解できると思います。

       

       

      ☞ポイントサイトの仕組みについて

       ポイントサイトは一言で言うと、、、、

      『XXを見て来店した、と伝えれば10%OFF!』というのをネットショッピングなどでやっているサイトです。(仕組み的には少し違うのですが、やっていることとしてはほとんど同じです。)

      要は、楽天市場をポイントサイト経由してきたので1%還元してください、といった感じです。

       

       しかしなんで、こんな商売が成り立つのか、ということですが、上の状況を例にとると、ポイントサイト側は楽天市場をサイトに掲載する代わりに楽天から広告料をもらってます。そして、ポイントサイトを経由して楽天市場で買い物してくれた人にポイントを広告料の一部から還元しています(実質的にキャッシュバックしているのと同じ)。

       

       還元率はポイントサイトや利用する内容によって異なりますが、ハピタス経由で楽天市場を利用した場合、1%の還元を受けることができます。つまり、広告を見てきたので広告料の一部を還元してもらう、というのがポイントサイトを利用してポイントが獲得できる仕組みです。

       

       ネットショッピングだけでなく、宿泊予約・美容院の予約、クレジットカードの発行や口座開設などもポイントサイトを経由することでポイントを獲得することができます。意外と日常的にやっていることをポイントサイト経由にするだけでもそれなりのポイントになります。

       

       そして、ポイントサイトで獲得したポイントは他のポイントや現金に交換することができます。

       

       ここで一点、注意点があります。ポイントサイトは非常に多くあるのですが、中には悪質なポイントサイトがあります。どのようなポイントサイトが悪質かというと、最低換金額が非常に高いサイトです。きちんとしてポイントサイトであれば、最低換金額やポイントへの最低交換額は1000円以下です。

       一方悪質なサイトは、1万円とか、1万5千円に設定されています。なぜ、悪質サイトはこのような高い額に設定しているかというと、換金させないためです。つまり、広告利用でアプリダウンロードや無料登録をさせるが、無料系のサイト登録だけでは最低交換額に届かないようにしておき、換金はさせない(または換金できない)という手口です。これであれば、ポイントサイト側は広告料を丸儲けできます。また、パズドラの魔法石やモンストのオーブ、ツムツムのジュエルなどが数百個手に入るといった煽り文句も悪質なサイトではよく見かけるため、要注意です。

       

       少し話がそれてしましましたが、詳しくは 『ポイントサイト 悪質』 で検索すると悪質なポイントサイトに関する解説がゴロゴロ出てきますので、そちらに譲ります。

       

       今回解説しているハピタスは最低換金額は300円であり、問題なく現金化も可能です。さらに現金だけでなく、楽天スーパーポイント、nanaco、Amazonギフト券、やポイント交換サイト(ドットマネー、PeX)など、様々な交換先を選択することができます。

      また、これから解説する内容を読んでいただければ、より安心してハピタスを利用できると思います。

       

       

       

      ☞ハピタスが支持される4つの理由

       

      サイトそのものが分かりやすい構成で使いやすい

       私自身もハピタスをよく利用していますが、他のポイントサイトに比べてサイトそのものが非常に見やすい構成になっています。獲得ポイント数が大幅アップしている案件が出てくる”みんなdeポイント"やハピタスお勧めの案件を紹介している”ハピタスセレクション”はトップページ下の分かりやすい位置に表示されます。

       

      みんなdeポイント

      みんなdeポイントは期間限定でポイントアップしたお得な案件の特集のようなものです。

      月曜日と木曜日に内容が更新されるようなので、チェックしているとお得な案件が良く出てきます。

       

       

      ハピタスセレクション

       

       みんなdeポイント以外のオススメの案件も”ハピタスセレクション”に表示されるようになっており非常に親切です。こちらも時々お得な案件が出てくることがあり、要チェックです。

       

       また、ハピタスは獲得したポイントも1ポイント=1円であるため、分かりやすいです。逆に、2ポイント=1円といったポイントサイトだと案件に記載されているポイント数をいちいち2で割って実質いくらもらえるか、というのを計算しないといけないため、分かりずらく非常に不便です。

       

       ハピタスの使いやすい点は他もあり、各案件のポイント付与条件が非常に明確に書かれていることです。他のポイントサイトだと、この辺りが若干雑に書いてあるのですが、ハピタスは非常に細かく書いてあります。

       

      楽天カードの例で紹介すると

      ポイント対象条件のタブを開くと、【ポイント獲得条件】と【ポイント却下条件】が非常に細かく書かれています。前に楽天カードの家族カードを持ってたけど、自分名義で発行したら、ポイントが付与されるかどうか、という点についても

      ※また、家族カードをお持ちの方もしくは以前お持ちだった方も対象になりませんのでご注意くださいませ。

      と書かれており、対象にならないことがわかります。

      逆に、紹介者IDを入力した方でも、『ハピタス』からカード申し込みをされた方は対象になります。

      と記載されているため、紹介者IDの利用してもハピタスのポイントは獲得できるということが分かります。

       

       このようにポイントの獲得条件がはっきりと書かれているため、自分がポイント付与される対象になるのかということがすぐにわかり、もしかしたら付与されないかもしれない、という心配をいちいちする必要がありません。なお、ポイント数とポイント獲得条件は変わる可能性があるため、申し込む前に必ずチェックしてから申し込みをしてください。上記の記載は2018/1/14のものなので、この点は十分注意してください。

       

       

      ポイント通帳の制度がしっかりしている 〜お買い物あんしん保証〜

       ポイントサイトを利用する上で心配なのは、きちんとポイントが付与されるか、という点です。この点でハピタスは非常に安心感があるサービスを提供しています。

       ハピタスのお買い物あんしん保証は通帳に記載されなかったものに対しても適用されるため、非常に安心があります。そもそも通帳に記載されなかったものはポイント付与される可能性がゼロなので、これに関しても保証されるのは珍しいと思います。

       

       ただし、ハピタスを経由したという記録が確認できない場合はどうしようもないようです。ポイントサイトでポイント付与されなかった、という記事はかなりの数があるのですが、そのパターンは利用した記録が確認できない、というものが多いです。しかし、ハピタスには通帳記載がなくても問合せ可能であり、救済される可能性がかなり高いと言えます。このように、ポイントサイトを利用していて一番困るパターンの、ポイントが付かなかった、というときに安心感があるのがハピタスと言えます。

       

       

      掲載されている案件数が非常に多く、かつ総じて優良なポイント還元率である

       ハピタスの案件数は非常に多く、ポイント還元率、ポイント獲得量も非常に良いのが特徴です。ショッピングでは楽天、Yahooショッピング、ヤフオク、LOHACA、ベルメゾン、etc.  といったネットショッピングで一般的なサイトは網羅されており、かつポイント保証制度の充実で取りこぼしがないため、ネットショッピングをするならハピタスが第一候補になります。

       

       宿泊系も楽天トラベル、じゃらん、Yahooトラベル、るるぶ、エクスペディアなど、こちらもほとんどのサイトが掲載されています。他にもホットペッパービューティー、楽天beauty、Eparkリラク&エステなど美容院やマッサージについてもハピタスを経由して予約することでポイントが貰えます。

       

       このように日常で使うであろうネットショッピングや宿泊予約、美容院予約でも、ハピタスを経由することでしっかりとポイントをもらうことができます。また、クレジットカード案件やFXの案件など高額なポイントが獲得可能な案件でも他のポイントサイトと比較してもトップクラスの獲得ポイント数になっており、案件数も非常に豊富。数百ポイント程度という若干の差であれば、ポイント付与条件が明確に記載してあって保証もあるハピタスを選ぶのは自然だと思います。

       

       このような高還元率を達成している理由の一つとして、ゲーム要素がほとんどないことが挙げられます。他のポイントサイトだとゲームでのポイント獲得可能なところが多いのですが、ハピタスはそういったものがありません。そのため、各案件にしっかりとしてポイントを付与できるのだと思います。逆に言うと他のポイントサイトでゲームで稼いでいたりする方にはハピタスは向かないのではないでしょうか。日々の買い物、予約などをポイントサイトを経由したり、カードを発行したり、口座開設、還元率の良い商品購入など、ハピタスをしっかり使っていくことができれば、ポイントはしっかりと貯まります。

       

       

      紹介によるポイント獲得制度が充実している

      ハピタスはポイントサイトの中でも紹介によるポイント獲得がしやすいポイントサイトです。

       

       上記のようにハピタスを紹介で入会してもらうと、入会者は紹介者のハピ友になり、ハピ友が獲得したポイントの10%〜40%が紹介者にポイントとして入るようになっています。しかも、ハピ友が獲得したポイントでこの制度の対象外になるものはありません。つまり、クレジットカードの発行でも口座開設でも楽天市場でもハピ友がポイント獲得すれば、10%〜40%の割合で紹介者にポイントが入ります。紹介者に入るポイントの割合はハピ友数やその月のポイント獲得数で決まります。

       ここで注意してもらいたいのが、紹介者にポイントが入ることでハピ友の獲得できるポイント数が目減りすることはない、という点です。ハピ友の獲得したポイントに応じて紹介者にポイントが入りますが、ハピ友のポイント数には影響しないということです。ですので、紹介で入って損をするということは発生しないようになっています。

       

       

      ☞ハピタスの弱点

       

      交換上限が月に3万ポイント(3万円相当)までである

       ハピタスの交換上限は月に3万ポイントまでという縛りがあります。なお、ハピタス堂書店では、ハピタスのポイントを1ポイント=1円として無制限に使用することができ、ポレット(Pollet)と呼ばれるVISAのプリペイドカードは月に30万ポイント(30万円相当)分までチャージ可能で、この二つは3万円の換金制限とは別にカウントされます。

       

       ポレットは最近登場し、実質的な換金上限が30万円まで上がったに等しい制度となりました。換金制限を設けているのは、おそらく紹介制度などで一気にポイントを稼いでそれを一度に現金にされるのを防ぐためと思われます。これはたくさんの人がポイントサイトを利用できるようになる非常にバランスとの取れた制度だと思います。初期にハピタスを始めた方が紹介などの制度を利用してポイントを多くもらえる仕組みがある一方で、換金上限を設けることで紹介制度で一気にポイントがたまっても一度の現金や他のポイントにならないようにし、後からハピタスを利用している人にも多くのポイント還元できるようにしているのだと思います。とはいえ、ポレットで月に30万円分のチャージが可能になったので、これでも十分な量だと個人的には思っています。紹介制度で月に30万ポイント以上を獲得するのは非常に難しいと思いますので。。。また、通常の案件でもひと月にまとめてやらなければ、3万ポイントを超えることはあまりないと思うので、あまり問題にならないと思います。

       

       

      モニター案件がない

       これについてはハピタス唯一の弱点と言ってもいいと思います。他のポイントサイトでは外食のモニターや商品購入でポイントを獲得できるモニター案件があります。他のポイントサイトで実際に私もやってみたのですが、モニターに応募後に外食してアンケートに答えるだけでかなりのポイントが入るため、人気のある案件でもあります。しかしならが、ハピタスにはこのような案件はありません。

       

       ただ、ハピタスにはハピ友のポイントに応じたポイント獲得に対象外の案件がありません。個人的にはクレジットカードの発行や口座開設、etc、の案件での還元率アップや紹介制度での還元率を少しでも上げることに注力している代わりに高額なポイント獲得可能なモニター案件は採用していないのではないか、と思っています。

       

       

       

      ☞ハピタスは完成度の高いポイントサイトである

       

       ハピタスは稼げるポイントサイトであるからこそ支持されるわけですが、理由はそれだけではありません。ハピタスは保証制度と紹介制度が充実しており、なおかつ還元率が高いという三つの要素をすべて達成しているからこそ高い支持を得ています。逆にこれらを達成しつつ運営できているのは、換金上限3万円という制度でうまくバランスを取っているからと言えるでしょう。

       

       

       もう一つ、ハピタスは陸マイラーからも支持される存在ですが、それはなぜでしょうか。これは陸マイラーに人気のクレジットカード案件が高額かつ、換金上限が3万円でもソラチカルート上限には引っかからないからでしょう。ソラチカルートでは2万ポイントがマイルへの交換の上限であるため、ハピタスと非常に相性が良いといえます。

       なお、ハピタス ⇒ ドットマネー or PeX ⇒ 東京メトロポイント ⇒ ANAマイル というルートで90%のレートでマイルに移行するソラチカルートは2018年3月31日で終了になります。代わりに81%で交換可能なLINE ポイントを経由して東京メトロポイント ⇒ ANAマイルというルートがありますので、ハピタスからでもマイルへの交換は継続して可能で、換金上限の3万ポイントも特に問題になりません。こちらもすでに様々な記事が書かれており、ソラチカルートで検索するとソラチカルートの改悪による交換レートダウンの記事がたくさん出てきます。ハピタスでマイルを貯めようとされている方は一読された方が良いでしょう。

       

       

       少し話は逸れましたが、ハピタスはかなり完成度の高いポイントサイトだと思っています。だからこそ様々なブログでも紹介されており、高い人気があります。昨年の年末からは出川哲郎氏を起用したテレビCMも放送されており、認知度も大幅に上昇しているのではないかと思います。

       

       もしこの記事を見て、ハピタスでもポイント獲得にチャレンジしてみようと思った方は以下のバナーから登録いただければ、幸いです。もちろんですが、登録は無料です。バナー経由で入会すると入会時に30ポイント(=30円相当)を獲得することができます。

       

      その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

       

       

      以上、ハピタスの徹底解説でした。


      ソラチカルート終了 改悪に備えなかった私の反省点

      0

        ソラチカルート終了のお知らせに関する記事が相次いで上がってきています。

        私も見た瞬間に大変大きな衝撃を受けました。

        私のような始めたばかりの陸マイラーには非常に悲しいお知らせであったのは間違いありません。

         

        しかし、LINE ポイントルートで81%の交換ルートが紹介されており、そこまで悲観する必要はないのかな、とも思い始めました。元々マイルは2ポイント=1マイル(50%)、という相場だったのですから、ソラチカルートという2ポイント=1.8マイル(90%)で交換可能なルートの登場でバランスが大きく崩れていた状態だったのかもしれません。それを考えると81%でも十分すぎるレートです。

         

         

        一方、ソラチカルートの改悪は、"常に交換レートは変わる可能性がある"、という良い例になったのではないかと思います。クレジットカードの還元率も全体的に改悪続きであり、高還元率のカードがあったとしても現状の還元率が続くのはありあえない、と考えるようになってきています。ソラチカルートもいつか改悪の日が来ると同様に考えるべきだったのでしょう。しかし、比較的ソラチカルートが長く続いていたこともあり、改悪への備えが不十分だったと痛感しました。私の場合、交換レートが下がった場合のプランや代替策など全く考えていませんでした。

         

         

        ではどうすべきだったか、という点ですが、

        やはりポイント獲得源を多く持っておくことと交換ルートのチャンネルを増やしておくことは必須だったと思います。少なくとも現状では、私はLINEポイントルートを使うことができず、開通させる必要があります。また、ポイントサイトもハピタスとちょびリッチしか利用していないのでLINEポイント直通交換もできません。

         

        そしてもう一つ、ポイントを貯める、クレジットカードを発行する、FXの口座を開設する、ブログを書く、といったマイルを貯める活動について"マイル"以外の付加価値をつけて活動をすべきだった、という点です。

         

        マイルを貯めるというのはここ数年で非常に流行っている、メジャーになったものであると思いますが、このブームがずっと続くわけでもなく、流行り廃りは必ずあるでしょう。その時に、今までの活動がマイルを貯めることだけに特化していると、マイルの流行が終わった時(マイルを貯めることに旨味がなくなった時)にポイントを貯める意義が激減したり、ブログを書くネタがなくなったりと、今までやってきたことが何も使えない状態になってしまいます。

        しかし、マイルを貯める活動の中に他の価値があれば、今度はそれを中心に活動の軸を変えていけるようになります。クレジットカードのネタなのか、FXのネタなのか、はたまた飛行機のネタなのか、それともブログアップ用の写真の撮り方なのか、色々とマイルを貯めるためにやってきたことの中にもまだまだできることはあるのではないか、と思っています。

         

        と言っても、私は陸マイラーの活動を開始して半年も経っていないため、できることなんてほとんどないわけですが。。。

        ソラチカルートの改悪を教訓に今後いろんなネタでブログを書けるようにしたい、と考えることができるようになりました。

         

        次の記事は飛行機のネタにでもしようと思います。


        マイボンバーに登録してみた

        0

          突然ですがマイボンバーというサイトに登録してみました。

          Googleでマイボンバーと入れると、出ているのは以下の三つの記事とマイボンバーのサイトです。

           

          ポイントサイトより高還元なマイボンバーの本人アフィリエイトでマイルを貯める方法 ANAとマイルのパパじゃない

           

          本人アフィが可能なマイボンバーの登録方法、使い方を完全開設!案件の紹介も! いつか連れていくよオアフ島

           

          マイボンバーで自作自演をしたら中抜きされずに沢山ポイントゲットできた 地球人のポジション取り

           

          検索順位5位以下はゴールデンボンバーになります。笑

          一応、"マイボンバー"(ダブルクォーテーションで囲うと完全一致検索になります。)でも調べてみましたが、上記記事のリンクが乗ったページが出てくるだけで、マイボンバー紹介記事は上記だけの模様。

           

          投稿の日時からANAパパさんの記事が最速で出ており、オアフ島さんの記事では、

          『現時点でアニさん以外の記事が出ていないということはアニさんが個別にやり取りしていたアフィリエイトサイトだと思います。』

          と書かれています。

           

          マイボンバーってなんぞや、というのは先駆者様の記事に書かれており、私が紹介すべきことがあまりありません。

          ざくっというと、自己アフィリエイト(本人アフィリエイトやセルフバックとも言う)とポイントサイトのいいとこどりをしたようなサイトです。

          報酬はドットマネー経由で貰うこともできるため、ソラチカルートでマイルにすることも可能です。

           

           

           

          という訳で早速登録してみたのですが、、、

          (ほんとは案件をのぞき見しようと思ったのですが、登録しないと見れそうになかったので諦めて登録しました。)

           

          マイボンバーの弱点はやはり案件数が非常に少ないこと。

          カード案件は21件、FX関連は2件。。。

          現時点では本人アフィリエイト可の案件は96件のようです。

           

          また、ポイント数についても記事で紹介されているもの以外はそこまで高い印象ではありませんが、

          ソフトバンク光やソフトバンクAirの報酬が15,552円と高く、ポイントサイトとは違った面で強みを持っているのかもしれません。これから出てくる高額案件に期待したいところです。

           

           

          できてすぐのサイトということでまだまだ案件数が少ないのがネックですが、

          セゾンカード系などの案件もあるので怪しいサイトという訳ではないようです。

          (怪しいサイトだと広告主の審査に通らないため、怪しい案件しか出ていない)

           

          案件を見ていくと会員獲得報酬として324円というものがありました。

          要はポイントサイトの紹介制度と同じものですが、紹介時に被紹介者に特典がないところが少し残念です。

           

          と思っていたら、ティア報酬のところにも紹介リンクがあり、どっちを使えばいいのか。

          コレガワカラナイ。

          あと、ティア報酬の報酬額も見当たらず。。。

           

          とりあえず、下にティア制度のところから引っ張ってきたバナーを貼ってみました。

          よろしければ、バナーから登録をどうぞ。

           

           

           

           


          2017年の振り返りと2018年の目標

          0

            2017年は陸マイラーデビューした年でしたが、2018年はひたすらマイルとPPを貯める年になりそうです。

            2017年の活動報告と2018年目標を備忘録として残しておきます。

             

            ◆2017年陸マイラー活動の結果

             ・ANAマイル 10,000マイル

             ・ANA アメリカンエキスプレスカードのポイント 36,000ポイント

             ・東京メトロポイント 40,000ポイント

             ・ハピタス 12,000ポイント

             

            ということですべてマイルになれば、90,000マイル強になります。

            当初目標は来年春に130,000マイルでしたので、順調にマイルが貯まっております。

            ANA Amexのポイントは入会特典で30,000ポイント分もらえたのが大きかったです。

            ソラチカルートは開通が遅れたため、今年1月から開始予定。

            もう少し早めにソラチカカードを発行しておくべきだったと後悔。

             

             

            ◆2018年目標

            2018年中に300,000マイル貯める

            ニューヨークファーストクラス2名分を年内に貯めたいと思います。

            マイルの素晴らしさを理解してもらうため、妻をファーストクラスでニューヨークまで連れていきたいからです。

            ソラチカルートでのマイルと△SFC取得までに貯まるマイルで300,000マイルを目標にしています。

             

            ソラチカルートで216,000マイルとしても、

            残り84,000マイル必要になります。

            現有のマイル10,000マイル。

            アメックスのポイントで40,000マイル。

            フライトマイルで30,000マイル。

            これらと残りは適当にポイント交換して、84,000マイルをかき集めれば、300,000マイル達成です。

            書いてるだけなら、簡単そうに見えるのですが、ソラチカルートで毎回20,000ポイント分を用意するのが。。。

            たぶん無理な気がしますが、ファーストクラスを目指して、気合でなんとかします。

            たぶん最後は精神論だと思います。(白目)

             

            SFC取得

            実は今年は海外出張が2〜3回ほどありそうなのと、新婚旅行にも行くので、これだけでPPが40,000弱ほど貯まりそうです。

            なのであと、10,000PP強を修行(というほどでもない)で集めてプラチナステータスを目指します。

             

            愛知県在住なので中部〜那覇で旅行がてらPPを集めようと思います。

            もちろん妻も連れていきますが、PP単価は倍増。。。

            お金の方が心配ですが、おそらくここまで海外出張の多くなりそうな年もないので、今年必ずSFC取得を目指します。

             

             

            2017年8月から少しずつ活動を始めましたが、思ったよりも順調にマイルが貯まっていて目標を変更しました。

            300,0000マイルは時間がかかりますが、おそらく今年は貯めたマイルで旅行に行く時間もないと思うので、

            来年以降でマイルを使うことになるかもしれません。

             

            以上、昨年の振り返りと今年の目標でした。



            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << April 2018 >>

             

            にほんブログ村バナー

            ブログ村 ランキング

            Twitter

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              しょうにん
            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              ヒビヒビ
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              しょうにん
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              -@-
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              しょうにん
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              -@-

            profile

            search this site.