JCBオリジナルシリーズゴールドカードの年会費が来年度から実質半額になるようです

0

    JCBからお知らせが届いていました。

     

     

    2019年春 「支払い名人」が新サービスに生まれ変わります

     

    と裏面に書いており(表側は宛名のみ)、リボ払いの宣伝だろうと思っていたのでしっかり読んでいなかったのですが、よく読むと良いニュースが書かれていました。ちなみに支払い名人とは、JCBで行っているリボ払い制度の名称です。VISAで言うマイペイすリボに相当する制度です。

     

    これまでJCBの年会費は10,000円+税で、年会費の割引制度はありませんでした。しかし支払い名人から新サービスに移行後はリボ払いに登録し、年一回以上の利用でゴールドカードの場合は5,000円のキャッシュバックが貰えるようです(一般カードは1,350円、プラチナ以上のカードや年会費無料のカードは優遇なし)。つまり、年会費が実質半額になります。さらに、リボ払い手数料の発生した月はokidokiポイントが2倍になる優遇もあるようです。

     

    一方でショッピングリボ払いの手数料の初回手数料無料の優遇がなくなるため、リボ払いの設定金額以上の利用があった場合は、最初の引き落としから手数料が発生するようになると思われます。また新サービスへの移行時、もともとリボ払いのない人は残高スライドコースに自動的に移行するようですが、その後定額コースに変更できるのかが、気になるところです。詳細内容の案内は今年10月に来るようなので、そこで確認したいと思います。

     

     

     

    今回のJCBの支払い名人のリニューアルですが、、、三井住友VISA ゴールドカードではマイペイすリボ登録で年会費が半額になり、かつリボ払いの金利手数料が発生する時はポイントが2倍になる制度がありますので、おそらく三井住友VISAカードを意識した制度変更だと思います。

     

    確かに三井住友VISAゴールドカードの方が年会費が安くできるので、単にゴールドカードが欲しい場合には三井住友の方がメリットがあるように思います。

     

     

    と言いつつ、私はJCBのゴールド所持しており、月10万以上のペースで決済をしています。もちろん目的はJCB THE CLASSです。JCB THE CLASSはJCBプロパーカードで最も上位のカードでブラックカードと言われる部類に属します(人によってはプラチナだという人もいますが、昨年にJCB プラチナができたので、JCB THE CLASS位置づけとしてはブラックカードであると思います)。JCB THE CLASSは通常インビテーションでしか発行できないカードであり、インビテーションを受けるにはJCBゴールド以上を保有してJCBでの優良なクレヒスが必要です。具体的には年100万円以上の決済を2年以上して、JCBゴールドザプレミアのインビテーションを受けてさらにそこから年100万円以上の決済が数年程度でJCB THE CLASSのインビテーションが届くと言われています。

     

    JCB THE CLASSの取得を考えている方にとっては、ゴールドカードの間の年会費を抑えられるのは朗報ではないでしょうか。またJCBゴールドはオンライン入会の場合(ネット経由で申し込めば)、初年度の年会費が無料になります。

     

    JCBのオンライン入会の審査の速さは凄まじく、私の場合は15分で審査通過の連絡が来ました。最短の場合、翌日にカードが来るようです。

     

    JCBゴールドは国内空港のカードラウンジ利用可、旅行保険類など基本的なゴールドカードのサービスは付帯しており、家族カードも一枚まで無料で発行できます。ポイント還元率が0.5%とやや悪いですが、カード保有者向けのキャンペーンを積極的に行っており、還元率の悪さはカバーできている印象です。カード券面もゴールドにしては落ち着いたデザインなので、個人的には気に入っているカードです。

     

     

    JCBのゴールドカードの唯一の欠点ともいえる年会費の高さが今後解消される方向に向かいそうなので、非常に嬉しい限りです。皆様もJCBカードの興味があれば、発行されてみてはいかがでしょうか。

     

    以上、JCB支払い名人のリニューアルのお知らせとカードの紹介でした。

     

     


    三井住友VISAカードが最高額を更新中

    0

      私が少し前に申し込んだ三井住友VISAカード、ポイントサイトでさらに高騰し、最高額を更新しています。

       

      Get moneyで16,500円相当

      i2iポイントで16,100円相当

      ちょびリッチで16,000円相当

       

      です。

       

       

      私の場合は少し気が早かったようで、14,000円で申し込んでしまいました。。。このあたりの最高値を狙っていくのは難しいですね。プラスマイナス2,000円くらいは誤差だと思って諦めるのも大事かもしれません。

       

       

      さて三井住友VISAクラシックカードについてですが、実は年会費無料で持てるため、陸マイラー的には美味しい案件でもあります。マイペイすリボの登録と年一回以上の利用で年会費が無料になります。マイペイすリボはリボ払いへの登録ですが、リボ払い額を限度額と同じにしておけば、手数料が発生しないため、実質一回払いで利用するのと同じになるため、安心して利用できます。

       

      また、ややハードルは高いですが、入会キャンペーンも行っているようです。

      ・新規入会&入会月の2ヵ月後末までに12万円の利用で、2,000円のキャッシュバック。

      ・マイペイすリボ同時登録&入会月の1ヵ月後末までに6万円利用で、6,000円キャッシュバック。

      ・電子マネーiD同時登録&入会月の1ヵ月後末までに6万円利用で、1,000円キャッシュバック。

      上記の利用はiDでもカード利用のどちらでもOKのようです。

      全部の特典を受けようと思うと12万円の利用なのでややハードルが高いと個人的には思います。

       

       

       

      なお、カードの詳細は発行した際の記事に少し紹介したので、リンクを載せておきます。

      三井住友VISAカードを発行しましたが。。。

       

       

      ポイント還元率で言えばやはり他のカードの方が良い印象ですが、ステータス性などのバランスや特定の使い方をすれば意外に良いカードとも思えます。特に三井住友カードの上位のカード(プラチナカード)を狙っている方はクレヒス実績を積み重ねることができるので、まずはゴールドかクラシックからになると思います。

       

       

      その他、陸マイラー的にはポイント経由地としてワールドプレゼントポイントを利用できる点は重要です。ハピタスなどではLINEポイントに交換するまでにポイント経由地として三井住友のワールドプレゼントポイントを経由せざるを得ない状況です。ワールドプレゼントポイントを経由地として使うためには三井住友カードを一枚は持っておかないといけないので、実質無料で持てる三井住友カードは非常にありがたい存在となっています。

       

       

      以上、カード案件の紹介でした。


      ダイナースクラブカードがポイントサイトに掲載中 発行の是非は?

      0

        ダイナースクラブカードがポイントサイトで復活しています。

        ちょびリッチは15,000円相当

        ゲットマネーは14,000円相当

        ハピタスは10,000円相当です。

         

         

        ダイナースクラブカードの基本情報

        年会費 22,000円+税(23,760円)

        利用可能額に一律の制限なし

        入会資格は27歳以上

        還元率 1%

        ポイントに有効期限なし

        ポイントはANAなどのマイルに移行可能(マイル移行手数料6480円/年)

        国内・海外主要空港のラウンジが利用可能

        空港手荷物宅配サービス

        海外旅行保険 最高1億円(うち自動付帯5,000万円)

        エグゼクティブダイニングで一名分のコース料理が無料

        他多数のサービスあり。

         

         

        カードのサービスの内容からはゴールド〜プラチナ級のカードで年会費相応のサービスと言えます。個人的にはエグゼクティブダイニングの特典がかなり魅力的です。アメックスゴールドカードもゴールド・ダイニング by 招待日和という類似のサービスがありますが、アメックスゴールドの年会費が29,000円+税(31,320円)なので、年会費的には少しお得です。

         

        また、ANAマイルに移行するならアメックスゴールドの場合、メンバーシップリワードプラスとメンバーシップリワードANAコースで8,000円+税(8,640円)取られることになり、ダイナースよりも高い移行手数料になります。

         

        一方で、マイル移行先はアメックスの方が多いため、ポイント移行の自由度はアメックスの方が高いです。

         

        ポイントはANAマイルへの移行のみで、エグゼクティブダイニングの利用が目的ならアメックスゴールドよりも優れているかもしれません。

         

        ただし、ダイナースの弱点としてアメックスよりも加盟店の数が少ないことが挙げられます。とは言え、アメックスが使えない所もたまーにあるので、決済力でいえばVISAとMasterが圧倒的でアメックスとの比較はあまり意味がないかもしれません。

         

         

        こうしてみると中々良いカードに思えてくるのですが、やはり年会費23,760円は大きな負担です。私の持っているクレジットカードでコース料理が一名分無料になるサービスの付帯したものはないので、一枚くらいそういったカードを発行してみたいのですが、SPGアメックス、JCBゴールド、ANAアメックスといったカードも持っているので、年会費が家計を圧迫しつつあります。これ以上年会費の高いカードを増やせないという事情からも今回は発行できそうにありません。。。

         

         

        ただ、現在はキャンペーン中で入会後3か月以内にエグゼクティブダイニングの利用で10,000円キャッシュバックされるようです。ポイントサイト経由(ちょびリッチ)から申し込めば、さらに15,000円相当のポイントがもらえるので、初年度の年会費23,760円分のもとは取れる計算になります。

         

        もし、エグゼクティブダイニングの利用をお試しでしてみたいのであれば、申し込みもありだと思います。

         

         

        以上、ダイナースクラブカードの紹介でした。


        三井住友VISAカードを発行しましたが。。。

        0

          JUGEMテーマ:クレジットカード

          三井住友VISAカードのポイントが高くなっており、ついつい申し込んでしまいました。

          ちょびリッチ経由で14,000円相当のポイントを獲得予定です。

           

          ポイントサイトの高騰で何も考えずに申し込んだのですが、三井住友VISAカードのメリットは何があるのか、調べてみたのですが。。。

           

           

           

          今回発行したのは三井住友VISAクラシックカードです。

          一番オーソドックスなVISAカードであり、マイペイすリボに登録し、年一回以上の利用で年会費が無料になります。マイペイすリボは限度額と同じにしておけば、手数料はかからないので実質年会費無料で持てるカードです。

           

          ポイント還元は1,000円につきワールドプレゼントのポイントが1ポイント(=5円相当)もらえますので、0.5%の還元率です。また、リボ払いの手数料がある月は利用額に対して2倍のポイントがもらえるため、還元率は1%になります。リボ払いの手数料を支払い金額の増額等でぎりぎりまで少なくする方法を使えば、実質1%の還元率で使うことができます。

           

          さらに前年の利用額に応じたポイント優遇制度があり、V1, V2, V3の3段階になっています。

          昨年の利用が300万円以上利用でV3になり、還元率が実質0.65%になります。

          (50万円利用で150ポイント付与、以降10万円利用ごとに30ポイント付与)

           

          マイペイすリボ併用でも1.15%の還元率なので、還元率としては物足りない感触です。

          (プライムゴールドやゴールド以上なら1.3%になるので、少し良くなる)

           

           

          ポイントUPモールというネットショッピングでのポイント優待もありますが、楽天やamazonは還元率1%なので、ポイントサイト経由やその他カードのポイント制度を利用した方がお得だと思います。

           

          リアル店舗での利用はココイチという制度があります。

          事前エントリーが必要で少し面倒ですが、キャッシュバックかポイントアップかを選択して優待を受けることができます。エントリー後、優待の有効期限がありますが、何度でもエントリー可能で実質使い放題です。

           

          また、金曜日はエントリーした店舗での利用でポイントがさらに3倍になります。(2019年3月まで)

          例えば、エントリーでポイントが3倍になる店舗で金曜日に利用すれば、実質6倍のポイント還元になります。

          (通常の還元率が0.5%なので、還元率としては3%になります)

          これはうまく使えれば、かなりのポイント獲得が期待できます。

           

          東急ハンズ、大丸、松坂屋、タカシマヤはエントリーでポイント3倍になりますので、大きい買い物をする場合は金曜日にすることでかなりのポイント還元率でお買い物ができるようになります。

           

          海外旅行保険は利用付帯で国内旅行保険はなし。実質年会費無料なので、流石に旅行保険関連は弱いです。

           

           

           

          ということで、三井住友VISAクラシックカードの特典から使い道を考えてみると、

          ココイチにある百貨店で金曜日に利用する。

          となりそうです。

           

          通常のポイント還元率が低いので、使いどころが難しいといった印象です。

          もちろん三井住友のゴールドやプラチナが欲しいのでその前の実績作りとして発行するのはありだと思います。

           

          あと、マイラーの場合はポイント経由地としてワールドプレゼントのポイントが利用できるのは重要なポイントだと思います。ハピタスからはGポイントへの移行が直接できないので、Pexとワールドプレゼントポイントを経由する必要があるためです。ワールドプレゼントポイントは三井住友のカードを持っている必要があるため、年会費無料で持てる三井住友カードは非常にありがたい限りです。私の場合は、三井住友カードを一枚も持っていなかったので、どこかで発行する必要がありそうだと思っていたのですが、ポイントサイトで急騰していたので、申し込んでしまいました。。。

           

          既にたくさんのカードを持っているにも関わらず、さらにカードが増えてしまい、そろそろ管理できなくなりそうです。

          ポイントサイトで発行したカードの整理が必要な時期かもしれません。

           

          以上、三井住友カードの発行と、活用方法の考察でした。

           

           


          バイマイルのためにドットマネーから効率よいANAマイルへの交換ルートを考えみたが。。。

          0

            ドットマネーからANAマイルに交換する方法を模索してみましたが

            結論はTポイントかnanacoポイントからANAマイルにするしかないようです。

             

            最初に考えていたのは、

             

            ドットマネー⇒リクルートポイント⇒pontaポイント⇒LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル

             

            というLINEポイントルートを利用してANAマイルにするルートでした。

            これができれば67.5%でANAマイルに交換できる!と思っていたのですが、

             

            残念ながら、このルートは成立していません。

             

            実はpontaポイント⇒LINEポイントができません。

            pontaポイントで交換できるのはLINEギフトコードで、LINEポイントとは別物だったのです。。。

             

             

            ドットマネーのバイポイント案件で少しでも効率よくマイルにできないか、とソラチカルート終了後に考えていたのですが、やはり単純にTポイントルートを使うしかないようです。Tポイントルートは交換レートが50%なので、ドットマネーのバイポイント案件で1円=1マネーで購入できたとすると、1マイル=2円、というバイマイルになります。ソラチカルート経由だった場合は1マイル=1.11円でのバイマイルが可能だったので、少し悲しいレートですね。。。

             

             

            実際にドットマネーでバイポイントしてみた記事はこちら

            ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた

             

             

            また、ソラチカルート終了前は期間固定Tポイント消化にドットマネーギフトコードの購入する技がありましたが、マイルへの交換レートが下がるため、あまりお得感がありません。

            その代わりにソラチカ終了前後のあたりからGポイントギフトコートが売り出されており、こちらで代用することができます。相場は1ポイント=1.5-1.6円程度でこれまでのドットマネーギフトコードの相場と同じか少し低い程度です。ただし、LINEポイントルートになったことでANAマイルへは81%での交換になるので、その分マイルにできる量は目減りしています。

             

             

            ヤフオクで直接バイマイルもできますが、2.5円〜5円=1マイルが相場になっており直接購入はやはり高くつきます。(ほぼ即時付与される点ではメリットがある。)

             

             

            SPGのスターポイントを購入する方法でバイマイルする場合は、35%OFFのキャンペーン中でドル円の相場が110円/ドルとすると約2.5円=1スターポイントになり、20000スターポイント以上マイルに交換する場合は5000マイル追加でもらえるので、実質2マイル=1円でのバイマイルが可能です。ただし、年間3万ポイントまでしか購入できないという制限があります。

             

             

            1マイル1円くらいで簡単に購入できれば嬉しいのですが、なかなかそういった案件はありませんね。。。



            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>

             

            にほんブログ村バナー

            ブログ村 ランキング

            Twitter

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • MIカード 三越伊勢丹を年一回でも利用するなら持っていて損はないカードです
              しょうにん
            • MIカード 三越伊勢丹を年一回でも利用するなら持っていて損はないカードです
              ひらり〜
            • MIカード 三越伊勢丹を年一回でも利用するなら持っていて損はないカードです
              しょうにん
            • MIカード 三越伊勢丹を年一回でも利用するなら持っていて損はないカードです
              ひらりー
            • 楽天ふるさと納税で返礼品と楽天ポイントを獲得しましょう!
              塾マイラー
            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              しょうにん
            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              ヒビヒビ
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              しょうにん
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              -@-
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              しょうにん

            profile

            search this site.