スマホ版ドットマネーモール 最後のバイマイル(バイポイント)のチャンス

0

    スマホ版のドットマネーモールには実質的にバイポイント(バイマイル)可能な高額案件がありますが、本日その還元率が上がっていました。見かけの還元率は約102.9%、ただし税抜きなので実質95.3%の還元率でバイポイント(マネーを購入)可能です。

     

    ポイントは即付与されるので、ぎりぎりですが、ソラチカルートに持ち込むことが可能です。このため、現時点でメトロポイントが不足している方はバイポイントをするかどうか、一考の余地があります。

     

     

    ソラチカルート終了後はLineポイントルートが還元率が最も良いですが、それでもマイルへの交換比率は81%まで落ち込んでしまいます。4月以降に10,000ポイントを入手予定があり、それをLineポイントルートに乗せて交換した場合、

     

    10,000ポイント=8,100マイル

     

    となりますが、、、

     

    あらかじめドットマネーでポイントを10,000円分購入してメトロポイントに3月中に交換し、4月以降に手に入るポイントを現金に戻す、という操作を行った場合、、、

     

    10,000ポイント=10,000円=9,500ポイント=8,550マイル

     

    となり、約450マイル分を得することができます。

     

     

    もちろんリスクもあり、高額な月額料金のコンテンツを申し込むわけですから、解約忘れや、解約し損ねるともう一か月分の料金を払うことになり、大損します。また、通常は即付与されるポインチが何らかの理由で付与が遅れて4月1日以降にずれ込んだ場合、メトロポイントに交換できなくなります。

     

    以下の記事に書いたように、実際に高額コンテンツの申し込みをやってみましたが、解約しづらいということはなかったですが、解約し損ねると厄介かもしれません。また、コンテンツによっては解約画面までなかなか辿り着けないものもあるようです。

     

    ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた

     

     

    注意点として月初めに高額コンテンツに申し込んでいた場合、同じコンテンツに申し込んでもポイント付与がされない、ということが挙げられます。3月初めは還元率高騰がなかったので、おそらく大丈夫かと思いますが、注意が必要です。また、解約は必ず月末までに行う必要があり、月を跨ぐと二か月分の料金を払う羽目になります。

    3/31の夜にさらに還元率が上がる可能性もありますが、解約までの時間やメトロポイント交換までの時間がほとんどないため、リスクは格段に上がります。

     

    リスクはありますが、ソラチカルート閉鎖直前にメトロポイントを一気に増やす方法としてはありだと思います。実行される際は十分リスクを確認の上、高額コンテンツにお申し込みください。


    実はメリットの多いANAアメリカンエキスプレスカード

    0

      ANAカードで人気の高いカードはANA VISA ワイドゴールドカードだと思います。しかし、今回はANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下 ANAアメックス)を推す記事です。

       

       

      ANAアメックスカードはマイル還元率1.0%と還元率自体は並みです。ただし、ANAグループでの利用は1.5%の還元率になり、ANAカードマイルプラス特典も1.0%貰えるため、合計で2.5%のマイル還元率になります。つまり、航空券を購入する場合は2.5%の還元率になるので、ANAアメックスは空マイラー向きのカードと言えます。

       

      一方、ANA VISA ワイドゴールドはソラチカルートを利用することで最大1.72%の還元率があります。(なお、ソラチカルートは2018年3月31日で終了しますが、LINEポイントルートへの変更で1.65%程度の還元率になるようです。)還元率と年会費のコスパから見るとANA VISA ワイドゴールド一択になります。

       

      しかしながらANAアメックスカードは還元率以外の部分で、意外なメリットがあります。

       

       

      アメックスのカードの中では年会費が最も安い(セゾン系の提携カードは除く)

      私が調べた限りではアメックスが主となって発行しているカードの中で最も年会費が安いです。ANAアメックスの年会費が7,000円+税であるのに対して、アメックスグリーンは12,000円+税なので、プロパーグリーンよりも安いです。アメックスのカードは利用額の1%分のメンバーシップリワード(アメックスカードのポイントプログラムの名称です)のポイントが獲得できますが、このポイントはマイルに換える意外にもアメックスの開催するイベントなどにも使用できるため、アメックスのカードをできるだけ年会費を抑えつつ持ちたい、という方には最適なカードです。私もANAアメックスカードを所有していたので、アメックス開催のイベントに参加できました。

       

      Amex会員限定 清水寺 夜間特別拝観に行ってみた

       

      この時はポイント使用ではなく、現金払いの方で参加しましたが、現金払いは抽選になるため、確実に参加されたい方はポイント払いでの参加をお勧めします。このようにANAアメックスのプロパーグリーンカードよりも安い年会費でアメックスのイベントに参加できてしまう不思議なカードです。なおセゾン系のアメックスカードがあり、アメックスのサービスが一部受けられるものもありますが、アメックスが開催するイベントへの参加権利は発生しませんし、貯まるポイントも永久不滅ポイントであり、まったく別物のカードと思っていただいた方が良いと思います。

       

       

       

      アメックスカードの紹介者になることができる

      アメックスのカードなので、アメックスカードの紹介制度でほかの方をアメックスの紹介することでポイントをもらうことができます。この紹介を行うことができるカードでANAアメックスは一番年会費が安いため、維持費を抑えることができるという隠れたメリットがあります。なお、最近人気のSPGアメックスはSPGアメックスしか紹介できません。これに対してANAアメックスはアメックスグリーンやアメックスゴールドなどのプロパーカードや、スカイトラベラーカードも紹介可能です。

       

      なので、知り合いにアメックスカードを紹介しまくってメンバーシップリワードのポイントを荒稼ぎ、ということも理論上は可能です(実際にやるかどうかは別として)。一方でブログに紹介リンクを貼ってリンクから申し込んでもらうのはアメックスの規約上やや危険です。紹介プログラムの規約内に以下の記載があるためです。

       

      ,款匆陲い燭世方は、カード会員様のご家族やご友人、お知り合いの方など互いに連絡可能な状態にある方に限らせていただきます。

      当規約に違反するご紹介行為があったと弊社が判断した場合には、特典の提供はいたしかねます。過去に獲得されたボーナスポイントについても取り消しをさせていただく場合がございます。また、アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラムへの参加資格や、提携カードにおけるマイルやスターポイント加算を停止させていただく場合もございます。 

       

       

      これらのことを考えると、大きなメリットではないものの身近にアメックスカード入会を考えている方がいれば、紹介制度を利用することができる、といった使い方が自然だと思います。

       

       

       

      ぐるなびで一気にポイントを貯めて、マイルを獲得可能

      これもあまり利用されていないのですが、ぐるなびの予約でアメックスのポイントを貯めることができます。これはアメックスのメメンバーシップリワードのポイントが貯まるカードであればどのカードでも良いので、年会費が安いANAアメックスは他のカードと比べて維持費を抑えることができます。また、メンバーシップリワードプラスに登録しておけばANAマイルに1ポイント=1マイルで交換可能なため、交換比率も非常に良いです。

       

      ぐるなびでネット予約でポイントの貯まるお店の表示のある店をネット予約すれば、ぐるなび会員で1名に付き100ポイント、ぐるなびプレミアム会員なら、1名に付き200ポイントが貰えます。ポイントはアメックスのメメンバーシップリワードでも同じポイントが貰えるので、そのままマイル数になります。

       

      つまり、20名の宴会の幹事をする場合、ぐるなびプレミアム会員に登録しておくことで、4,000マイルも獲得できてしまいます。しかも、この方法は基本的に他の人には分かりません。幹事をやって、クレジットカード払いでマイルを貯める場合は他の方からすぐわかってしまうのですが、この方法だと、予約がぐるなびのネット予約だったか、ぐるなびを見て電話したのか、はたまたお店のHPをみて予約したかどうか、などは分かりません(実際に出てきたコースの内容と値段からどのコースでどこから予約したか、調べることはできなくもないですが。)。私も一回ネット予約でポイントが貯まるお店をネット予約してみましたが、会計の際や入店の際にネット予約経由か、といった話も出てこないので、ノーリスクでマイルを貯めることができます。

       

      なお、ANAマイルを選択した場合は来店人数×30マイルなので、アメックスのポイントを選択した方がマイルが多く貯まります。ただし、貯まるポイントを選ぶ、で事前にアメックスのポイントを選択しておかないと、ぐるなびのポイントが貯まるだけなので注意が必要です。

       

       

      最後に。。。

      ANAアメックスは空マイラーであれば航空券購入時に使えますが、ANA VISAのように日常の決済メインで使用するカードではありません。上に挙げたように、アメックスのカードという特典を利用しつつ、決済以外で入手したポイントをマイルに交換することでより効率的に使うことができます。意外と飲み会幹事が多い社会人若手に良いクレジットカードかもしれません。

       

      なお、ANAアメックスカードの発行は現時点ではアメックスの紹介制度経由よりも、普通に入会する方が入会ボーナスポイントが多くもらえます。さらに少しでも得したい場合はポイントサイト経由が良いと思います。また、ANAカードを作ったことがない方はマイ友プログラムへの登録を忘れずに。せっかくのマイル獲得可能なポイントですから、取りこぼしなく。

       

      以上、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの隠れたメリットの紹介でした。

       


      エポスゴールドカードへのインビテーションが届きました。利用実績から見るインビテーションの条件とは

      0

        今月、20日にエポスゴールドカードのインビテーションが届きました。仕事から帰ってポストを確認すると見慣れない黒い封筒が入っていました。エポスゴールドカードへの切り替えのご案内、INVITATION、と書かれており、一目でエポスカードからのインビテーションだと分かりました。お家でメールを確認するとエポスカードからインビテーションのメールも入っていました。

         

         

        インビテーションが届くと、エポスネットにログイン時にインビテーションの画面になります。ネットからインビテーション(ゴールドカード)の申し込みが可能で10日前後で切り替えられるようです。また、エポスカードセンターでも切り替え可能で、ゴールドカードを当日渡してもらえるようです。

         

        エポスネットのログイン時の画面

         

         

        エポスゴールドカードはインビテーション経由で申し込むことで年会費無料で持つことができるゴールドカードです。年会費無料で持てるゴールドカードは貴重で、エポスゴールドカード以外だとイオンゴールドカードセレクトぐらいしか見当たりません。

         

        エポスゴールドカードは優待面も非常に充実しており、国内主要空港のカードラウンジ利用可、国内旅行保険・海外旅行保険付帯といったゴールドカードの基本的なサービスから、マルイや飲食店での優待も非常に充実しています。また、エポスゴールドカードはポイントが無期限になり、選べるポイントアップショップの制度を利用することで選んだショップ(最大三つ)での決済時のポイントが3倍になります。さらに年間100万円利用でポイントが10,000ポイントもらえるため、決済額が100万円であれば、ポイント還元率の面でもかなり優秀になります。これが年会費無料で持てるのですが、相当太っ腹です。

         

         

         

         

        私の利用実績

        2017年8月にカードを発行し、支払いが発生し始めたのは2017年9月からで、インビテーションが届いたのが2018年3月、支払い完了済みの月は2018年2月までだったので、カード発行から8か月、支払った月数は6か月でインビテーションが届いたことになります。以下に私の利用実績(クレジットヒストリー)の概略を記載しておきます。

         

         

        インビテーションまでの総支払総額は約33万円

        インビテーションまでの総利用回数は56回。

         

        ひと月の最低利用額は約600円

        ひと月の最高利用額は約11.5万円

        ひと月の最低利用回数は1回

        ひと月の最高利用回数は17回

         

        券種はKEYUCAのエポスカードです。KEYUKAで家具を買うときに、エポスカード入会で1万円引きのキャンペーンだったので入会しました。この時ばかりは、ポイントサイト経由で発行するよりも店頭での発行の方がお得でした。

         

        最初にKEYUCAで使用した以外は、マルイなどのエポスカードの優待があるお店では使用していません。また、公共料金や携帯料金などの支払いもありません。利用は主に飲食店が多かったです。

         

        以上、私の利用実績でしたが、

        ここからインビテーションの条件と推定していきます。

         

         

         

        インビテーション条件の考察

        ◆支払いの滞りなし

        支払いの滞りは信用にかかわりますので、インビテーションされるための前提条件といっても良いと思います。

         

        ◆少なくとも毎月一回は利用

        絶対条件ではないと思いますが、毎月の利用がある方が有利だと思います。特に公共料金や携帯料金など、定期的に支払いの発生するものは確実に毎月支払いが発生するので、クレジットカード会社からするとメリットが大きく、こうったものの支払いがあると有利かもしれません。

         

        ◆半年で25万円以上の利用

        エポスゴールドカードは通常の申し込みの場合は年会費5000円が発生しますが、年間50万円以上利用すると翌年から年会費が永年無料になります。このため、インビテーションの条件として、年間50万円以上の利用が見込める、というのがあっても不思議ではありません。そう考えると半年で25万円以上の利用が一つの目安になります。他の方の情報を見てると、20万円程度でもインビテーションがあるようなので、あくまで目安と考えてください。

         

        ◆他のクレジットカードでの支払いの滞りなし、リボ払いなし

        私はエポスカード以外のクレジットカードも複数所有しており、これらも支払いに滞りはありません。おそらくインビテーションを出す際はクレジットカード信用情報を確認しに来ていると思われるため、他のクレジットカードで支払いの滞りがあると、インビテーションが来ない可能性があります。また、支払いの滞りがなくても、リボ払いの状況が良くない場合も同様です。

         

        ◆エポスカードの優待店での利用はあまり関係ない

        モンテローザ系のお店やマルイでの利用はありませんでしたが、インビテーションが来たことから、これらのお店での利用実績はそこまで重視されていないようです。なので、無理してマルイでの利用を考える必要はなさそうです。

         

         

        上述のように私の利用実績からの推定でもエポスゴールドカードのインビテーションの条件はかなり緩いものと考えられます。エポスカードを持っていて定常的な利用があれば、利用額は少額でもインビテーション条件を満たせると思われます。

         

         

         

        最後に

        エポスゴールドカードは年会費5000円で申し込むことができますが、インビテーションの条件が緩いのでエポスカードを発行・利用してインビテーションをもらって年会費無料で申し込んでみてはいかがでしょうか。エポスカードは年会費無料で、発行はマルイなどで店頭申し込み、もしくはネット経由で申し込み可能です。ネットでのお申し込みの場合はポイントサイトを経由して申し込むことをお勧めします。

         


        デュッセルドルフからケルン大聖堂へ行ってみた

        0

          出張の最終日、フライトまで時間があったため、少し足を延ばしてケルンまで行ってきました。ケルンは世界遺産にも登録されている大聖堂が有名です。

           

          宿はデュッセルドルフ中央駅にほど近いニッコーホテルデュッセルドルフで、そこからケルン中央駅に向かいます。デュッセルドルフ中央駅からケルン中央駅までは電車で30分程度です。在来線(RE)、特急(ICE)のどちらでも行くことが可能ですが、在来線の方が治安が少し悪いようで、現地の駐在員の方からはICEに乗ることをお勧めされました。なお、値段は数ユーロの違いなので、せっかくなら特急に乗りましょう。

           

          チケットは自動券売機で買えます。英語表記に変更できるので、買うのはそこまで難しくありません。デュッセルドルフとケルンの往復だけなら、普通のチケットでOKです。ほかにも行くのであれば一日券がありますので、お得な方を選びましょう。

           

          ケルンに到着

           

          大聖堂はケルン中央駅を出てすぐのところにあります。

           

           

          とにかくでかい。写真に収まりきりませんでした。

           

          聖堂の中に入ることもできます。中もでかいです。ステンドグラスは有名だそうです。

          確かにきれい。。。

           

          ステンドグラス

           

           

          そして、聖堂の塔に上ることもできます。が、狭い階段のみです。500段以上あるそうです。体力に自信がある方はぜひ。私も上りましたが、上りより下りの方がしんどいです。下りの途中で左足がつりそうになり、非常に危険な状態でした。無理は禁物です。

           

          塔の上から

           

           

          降りてきてお昼ご飯。ドイツらしく、ソーセージとビールにしました。

          ケルン大聖堂近くのFrüh am Domというお店でいただきました。

          美味しかったです。

           

          この後お土産をチョコレート博物館で購入し、デュッセルドルフ空港へ。

          チョコレート博物館は大聖堂から徒歩で15分くらいの場所でお土産購入にちょうど良かったです。

           

          以上、ケルンへの旅でした。

           

           

           

          P.S.

          ニッコーホテルデュッセルドルフは日本語の通じるスタッフもいるため、安心感があります。

          朝ごはんもご飯とみそ汁があったりするので、洋食だけだときついよ、という方にお勧め。

          なお、ニッコーホテルはone harmony系列のホテルなのでJALマイラー向けかもしれません。

          (日航だから当たり前か)

           

           

          ついでにデュッセルドルフ滞在中に行ったお店を紹介

           

          Brauerei Schumacher

          ドイツ料理とアルトビールが楽しめます。ビール・料理ともに非常においしい。

          シュニッツェル、メット(生の豚ひき肉の料理)、シュヴァイネハクセをいただきました。

          メット(生の豚ひき肉の料理)はびっくりしましたが、食べてみるとこれが美味しい。

          おなかを壊すこともありませんでした。日本では楽しめない食でした。

           

           

           

           

          Fischhaus

          ニッコーホテルから少し遠いですが、海鮮系ならおすすめ。

          ムール貝をいただきましたがこれが非常においしかったです。

           

          正直なところドイツ料理はそこまで期待していなかったのですが、イメージを完全に覆されました。

          また行きたいまであるレベルです。


          空マイラーしてきました

          0

            先週はヨーロッパに出張ということで空マイラーになっておりました。ANA便利用でマイル、ppともに13,000程貯まりました。宿泊は会社の方で手配だったため、こちらでマイルを貯めることはできず。。。とはいえ、初めてのヨーロッパ出張だったこともあり、事前に手配いただいていて楽できました。直前まで仕事がバタバタしていたので、ホテルの予約でどうやってマイルを貯めようか、とか考える余裕はありませんでした。

             

            旅程は

             ̄田空港⇒シャルルドゴール空港(フランス)

            ▲轡礇襯襯疋粥璽覿港⇒デュッセルドルフ空港(ドイツ)

            デュッセルドルフ空港⇒成田空港

            でした。

            シャルルドゴール空港⇒デュッセルドルフ空港の移動はユーロウィングス(EW)を利用したのでPPは付かず、少し残念。行きと帰りはANAの787-9(215席のタイプだと思う)のエコノミーでしたが、こういう時にANAの上級会員か、SFC持っていればなぁーと思っていしまいました。エコノミーとプレミアムエコノミーでも雲泥の差があると、話ではよく聞きます。実際、お偉い方々はダイヤモンド会員でプレエコに座ってました。今回の出張で、やっぱりSFCや上級会員は必要という認識になりました。

             

            といっても今回は行きも帰りも良い席が確保できたのラッキーでした。

             

            行きは23Hという座席。非常口のところなので、足が伸ばし放題でした。

            帰りは22C。こちらは、後ろの席がないのでリクライニングし放題です。

             

             

             

            個人的には帰りの22Cの席の方が楽でした。

            リクライニングできると、寝やすい&座っていてお尻が痛くなりにくい、という点で非常に良かったです。

             

             

             

             

             

            P.S. ANAボーイング787に乗った感想

            ・窓は従来より大きいが、乗ってみるとそこまで体感できない。(座席が通路側だったせいかもしれない)

            ・自動調光システムはすごい。消灯時に窓も遮光されるが、非常に暗くなる。暗いので寝やすい。

            ・離陸前後と着陸前後のフラップの出し入れの音が大きい。(甲高い音なので気になる)

            ・安定飛行中の騒音は特に気にならない。(777より静音性上がった?)

            ・湿度が従来より高めに設定されているらしいが、私の鈍感な体では感じ取れず。

             (ただ、乾燥しにくい気はする。気がするだけかもしれない。)

            ・トイレがウォシュレットになっていて感動した。

             

            以上



            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>

             

            にほんブログ村バナー

            ブログ村 ランキング

            Twitter

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 楽天ふるさと納税で返礼品と楽天ポイントを獲得しましょう!
              塾マイラー
            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              しょうにん
            • 大阪マリオット都ホテルに宿泊して分かったSPGアメックスとマリオットプラチナチャレンジが流行る理由
              ヒビヒビ
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              しょうにん
            • ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです
              -@-
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              しょうにん
            • ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた
              -@-

            profile

            search this site.