【マリオットボンヴォイ】ピーク・オフピークの制度が開始 宿泊に必要なポイント数が変動しています

マリオットボンヴォイ(マリオットホテルの会員制度)で9月14日から3シーズン(ピーク・オフピークの)制度の適用が開始されました。

これによりポイント宿泊する場合に必要なポイント数が日によって変動しています。

必要なポイント数の変動とどのような変化があったかについて解説したいと思います。

宿泊するのに必要なポイント数について

宿泊に必要なポイント数はカテゴリーとピーク・スタンダード・オフピークで決まります。

それぞれ以下の通りです。

ホテルカテゴリー 必要ポイント数
スタンダード ピーク オフピーク
1 7,500 10,000 5,000
2 12,500 15,000 10,000
3 17,500 20,000 15,000
4 25,000 30,000 20,000
5 35,000 40,000 30,000
6 50,000 60,000 40,000
7 60,000 70,000 50,000
8 85,000 100,000 70,000

SPGアメックス無料宿泊特典の場合は50,000ポイントまでの宿泊一泊と交換できるので、オフピークならカテゴリー7のホテルまで宿泊可能になりました。

カテゴリー7はリッツカールトン大阪やセントレジス大阪などか高級ホテルに相当するカテゴリーなので今後SPGアメックスの無料宿泊特典は非常にお得に利用できるようになります。




国内ホテルの変動について

カテゴリー7(スタンダードで必要ポイント数60,000ポイント)のリッツカールトン大阪の場合は、こんな感じです。

2019年10月なら70,000ポイント(ピーク)に上昇した日が2日、逆に50,000ポイント(オフピーク)になった日は7日ほどあります。

70,000ポイントに上昇したのはすべて土曜日となっており、人気の日程において必要ポイント数が上昇したことになります。

50,000ポイントになった日は日曜日と月曜日の宿泊が5日なので、人気の低い日はオフピークとなっています。

しかし、ポイント数と一泊当たりの宿泊金額を比較すると必ずしも最安日(もしくはそれに近い値段の日)がオフピークと一致するわけではないようです。

2019年10月の宿泊料金は以下のようになっています。

50,000ポイントで宿泊できる日で49,980円という日(10月8日)も存在します。

土曜日などの宿泊でポイントと宿泊を使われていた方はポイント数が多い日(ピーク)に該当する可能性が高くなるので少し損ですが、平日メインで使われていた方は少しお得になります。

ポイントの価値が均されるという点では現実的な制度となっているので悪くないと思います。

ピーク・スタンダード・オフピークは日々変動する

ピーク・スタンダード・オフピークの設定に関しては特定の日、というよりも混雑している(もしくは混雑が予想される日)がピーク、空いている日がオフピークというような設定になっているようです。

これに関しては、ゴウタロウさんの記事が非常に分かりやすいのでリンクを貼っておきます

このため、ある時見たらオフピークだったけど、今見たらスタンダードになっていた、ということは十分考えられます。

ポイントがあって泊まりに行く日がオフピークならすぐに予約して、行けなくなったらキャンセルする作戦の方がお得になります。

なお、ポイントアドバンス(ポイントがなくても予約を入れれる仕組み。必要ポイントを15日前までに用意すればOK)で予約した場合、必要なポイント数は予約時点の支払いではなくポイントを実際に支払う時点でのポイント数となるようです。

来年の夏にバリに行く予定にしているので、ポイントアドバンスで3シーズンの制度が始まる前に予約を入れたのですが、本日確認したところ予約した日がピークになっており支払いに必要なポイント数もしっかり増加しておりました。

このため、ポイントアドバンスで予約しても支払いが確定するまでは必要ポイント数は変動する可能性があるので注意が必要です。




3シーズン制は意外と悪くないかも

繁忙期のポイント数が高くなりますが、それ以外のタイミングで泊まりに行く場合は必要ポイント数を抑えられるので意外と悪くない制度かもしれません。

また、オフピーク日の設定が予想よりも多くてSPGの無料宿泊特典の幅が広がったように感じます。

 

SPGアメックスの入会特典では39,000ポイントが獲得できますが、これに+1,000ポイント(40,000ポイント)あれば大阪マリオット都ホテルなどのカテゴリー6のホテルにも宿泊可能になっています。

39,000ポイントが獲得可能なのは紹介入会(公式ページからだと33,000ポイント)のみなので、もし、紹介経由でのお申し込みを考えている方は下のお問い合わせフォームからご連絡ください。ご連絡をいただければ、SPGアメックスの紹介URLをご案内いたします。(紹介用のURLをブログに貼るのはアメックスの規約で禁止されているため。)

 

SPGアメックスを持つことの本当のメリット・デメリットについて解説

2019.03.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です