ホテルの宿泊でお得な特典があるオススメのクレジットカードを解説 国内と海外でカードを使い分けてお得にホテルに宿泊しよう!

クレジットカードは様々な特典が付帯していますが、中にはホテルの宿泊でお得な特典が付いてくるカードもあります

比較的ランクの高いホテルになってくると宿泊代金も高くなるので、クレジットカードに付帯するお得な特典を使いつつ、宿泊したいところです

この記事では、ホテルの宿泊で特典のあるクレジットカードの中でも、お得に利用できるカードをご紹介します。



ホテル系のクレジットカードについて

ホテル系のクレジットカードは楽天カードやイオンカードなどの流通系のカードに比べればあまり有名ではありませんが、いくつかクレジットカードがあります。

ホテル提携のクレジットカードは以下のようなものがあります。

  • マリオット:SPGアメックス
  • ヒルトン :ヒルトン・オナーズVISA(一般、ゴールド、プラチナ)
  • プリンス :SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン(一般、ゴールド)

アパホテルやOne Harmoneyなど他のホテル系列のカードもありますが、有名どころは上に挙げた3枚のカードです。

また、ホテル系列と提携したクレジットカードではありませんが、ホテルでの特典が付いてくるクレジットカードもあります。

  • アメックスプラチナ
  • ANAゴールドカード
  • ダイナースプレミアムカード

特にアメックスプラチナはマリオットやヒルトンなどのゴールド会員になれるので非常にメリットもあります。しかし、その分年会費も130,000円+税と非常に高いと言えます

このようなホテルでの特典のあるクレジットカードの中をうまく使い分けることで、お得にホテルに宿泊できます。

使い方に応じて色々とお得なカードはありますが、結論から言うと海外での宿泊ならSPGアメックス、国内での宿泊ならANAゴールドカードがおすすめです

それぞれのカードのメリットについて解説していきます。



海外ホテルも利用するならSPGアメックスがおすすめ

海外のホテル利用でお得に活用するならば、やはり外資系のホテルのクレジットカードがお得です。

中でもSPGアメックスはポイント還元や無料宿泊特典があるのでおすすめできるカードです

SPGアメックスはマリオットホテルとアメックスが提携して発行しているクレジットカードです。

SPGアメックスは保有するだけでマリオットのゴールド会員になれるのがメリットの1つ

ゴールド会員になるとレイトチェックアウトや部屋のアップグレード(空室状況による)、ホテル宿泊料金に対して貯まるポイントが25%増えるといったメリットがあります。

SPGアメックスはカードの決済でも100円につき3ポイントが貯まる優秀なカードです

しかも、マリオットホテルの支払いでSPGアメックスを利用すると100円につき6ポイント還元されるので、ホテル利用時もお得になります

貯めたポイントは宿泊と交換でき、1ポイントの価値はおおよそ0.5円~1.5円くらいです。宿泊料金の変動の影響でポイントの価値が変化し、基本的に繁忙期のポイント宿泊の方が価値が高くなります。

このようにSPGアメックスは普段のカード決済やホテル宿泊でポイントを貯めて、ポイントの宿泊特典でお得に宿泊するのが基本的な使い方になります。

また、貯めたポイントを様々な航空会社のマイルに移行できるのも重要なメリットです

ANAやJALはもちろんのことシンガポール航空やユナイテッド航空、アメリカン航空などなど非常に多いです。

SPGアメックスのデメリットは31,000円+税という高額な年会費です。ですが、SPGアメックスは入会時のキャンペーンと2年目からは年一回の無料宿泊特典があります

特に無料宿泊特典はオフピーク日ならカテゴリー7のホテルまで宿泊できます。カテゴリー7はリッツカールトン大阪やリッツカールトン沖縄といった高級ホテルがあるのでかなりお得です。

このため、無料宿泊特典をうまく活用できれば年会費の元は取ることができます。

メリット・デメリットの詳細については以下の記事にまとめているので、ご参照ください。

SPGアメックスを持つことの本当のメリット・デメリットについて解説

2019.03.24
朝食無料を優先するならヒルトン・オナーズVISAゴールドもあり

SPGアメックスの弱点はSPGアメックスに付帯するマリオットゴールド会員では朝食が無料にならない点です。

このため、ポイント宿泊や無料宿泊の際に朝食を食べるなら、別途費用が掛かります。(プラチナチャレンジなどでマリオットのプラチナ会員になれば、朝食無料&クラブラウンジのアクセスが付いてきます)

一方、ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードに付帯するヒルトンのゴールド会員は朝食無料サービスがあります。朝食無料に大きなメリットを感じる方は、ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードの方がお得に感じる方もいると思います。

この辺りは、好みや使い方で分かれるところなので、自分の使い方に適したカードを選びましょう。

SPGアメックスは非常にメリットの多いカードではありますが、やはり外資系のホテルだけあって日本では数が少なめです。

マリオットホテルは世界最大級のホテルチェーンだけあって、海外に非常に多くのホテルがあります。

海外だとリーズナブルなマリオットホテルも数多くあるので、SPGアメックスを利用する場合は、国内&海外の両方で利用できる点がメリットであると言えます

最近では、マリオットも日本国内のホテル数が増えていますが、高級ホテルも多いのでバンバン泊まりに行けるようなホテルは少なめです。

このため、宿泊頻度の高い国内では少し安めでお得に泊まれるホテル系列で使える特典があるクレジットカードの方がおすすめです



国内ならANAゴールドカードがおすすめ

国内ホテルでの宿泊なら、ANAゴールドカードがおすすめです。(私はANA JCBワイドゴールドを保有しています。)

ANAカードのうち、ワイドカード、ゴールドカード、プレミアムカードではANAホテルで朝食無料のサービスがあります

この特典が強烈です。

ANAホテルはIHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)と提携し、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンとして国内にホテルを展開しています。

ANAホテルは28ホテル(日本国内のみ)もあるので、使いさすさが抜群です。ホテル一覧は以下のANAのページに記載があります。

また、ANAホテルはマリオットホテルに比べて値段的にもお財布に優しいの非常に重宝します

ANAインターコンチネンタルホテル東京などはお値段が高いですが、全国にあるANAクラウンプラザやANAホリデインは比較的リーズナブルな価格で宿泊できます。

ANAゴールドカードの朝食の特典を受ける際には、IHGかIHG・ANAホテルズグループの公式サイトからベストフレキシブルレートで予約する必要があります。

そしてチェックイン時にカードを提示すれば、OKです(朝食無料だけでなく、5%~10%の料金の割引があります)。楽天トラベルやエクスペディアのような予約サイトから予約した場合はこの特典が適用されないのでご注意ください

また、朝食無料になるのは特典の対象となるANAカードを持っている方だけなので、ご注意ください。

ANAワイドカード、ANAゴールドカード、ANAプレミアムカードなら朝食無料の特典が付いてきますが、ゴールドカードが一番コスパが良く、ANA VISAワイドゴールドは決済用としても人気のカードです

ANA VISAワイドゴールドは年会費の割引制度を利用すれば、9,500円+税まで年会費が抑えられるのでお得です。(私はJCBが好きなので、ANA JCBワイドゴールドの方を利用しています)

なお、ANAゴールドカードの特典はANAホテル限定なので海外には特典を受けられるホテルはありません。

一応、ANAホテルはIHGと提携しているので、ANAホテルの宿泊時に貯めたポイントをIHGの他のホテルで利用することができます

IHGにもホテル会員制度がありますが、そちらで上級会員を目指しても、朝食無料のサービスはないので、ANAゴールドカードの特典は際立っています

なお、インターコンチネンタル・アンバサダーに入会すれば、いきなりIHGのプラチナステータスになることも可能です。(これ以外の特典もあります)

インターコンチネンタル・アンバサダーは年会費200ドル(約22,000円)がかかるので、お財布との相談になりますが、IHG系のホテルにある程度宿泊するなら良いと思います。



まとめ

ホテルでお得に宿泊できるクレジットカードをご紹介しました。

海外のホテルでの利用も多いならSPGアメックス、国内ホテルならANAゴールドカードがおすすめです。

ANAゴールドカードのANAホテルの特典は忘れられがちな特典なので、国内ホテルはANAホテルを利用して朝食無料特典を是非ご活用ください。

 

 

お得にSPGアメックスを発行する方法

SPGアメックスの入会を検討されている方は、SPGアメックスの入会キャンペーンもうまく活用ください。

SPGアメックスは入会キャンペーンも実施していますが、実は公式サイトから申し込むよりも既存のアメリカンエキスプレスのカード保有者からの入会の方がお得になっています。

SPGアメックスの公式ページからの入会特典は、「入会後3か月以内に10万円以上カード利用で30,000ポイント獲得」となります。このため、入会特典分と10万円利用分を合わせて33,000ポイントはすぐに獲得可能です。

しかし、SPGアメックスはアメリカンエキスプレスのカード保有者の紹介経由で入会すると、入会特典が「入会後3か月以内に10万円以上カード利用で36,000ポイント獲得」となります。10万円利用分と合わせると39,000ポイントが獲得可能です。

紹介を経由するだけ6,000ポイント分(=20万円利用分に相当)も多く獲得できます。

ちなみに35,000ポイントあれば、カテゴリー5というランクのホテルまで宿泊可能で、国内でも多くのホテルに宿泊可能になるのでSPGアメックスの入会キャンペーンでもさらに無料宿泊ができるようになっています

もし、紹介経由でのお申し込みを考えている方は下のお問い合わせフォームからご連絡ください。ご連絡をいただければ、SPGアメックスの紹介URLをご案内いたします。(アメックスの規約で不特定多数の人に紹介用のURLを公開することが禁止されているため、本ブログでは紹介URLを掲載しておりません。)

お問い合わせの際、名前はニックネームでOKです。また、申込時に私に個人情報が伝わるということもありませんので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です