朝食が無料で付いてくる! レジデンス・イン・バイ・マリオット・ニューヨークシティ・マンハッタン/タイムズスクエア宿泊記 立地とコスパが抜群に良いホテルでした

ニューヨークは世界有数の大都市だけあってホテルも多くあります。一方で、ホテル代が高いことでも有名な都市でもあります。

今年6月にニューヨーク旅行に行ってきましたが、マリオット系列のホテル「レジデンス・イン・バイ・マリオット・ニューヨークシティ・マンハッタン/タイムズスクエア」を利用しました。

非常に良い立地で使いやすいホテルだったので、お部屋の様子や周辺の施設・アクセスなどについてご紹介します。

ニューヨークまでのANAファーストクラスのフライトの様子はこちら

ANAファーストクラス搭乗記 成田ーニューヨーク(JFK)NH10便  初のファーストクラスはおもてなしに溢れた最高の体験でした!

2019.07.29

レジデンス・イン・ニューヨークシティ・マンハッタン/タイムズスクエアについて

ニューヨークのタイムズスクエアから徒歩5~10分、ブライアントパークのすぐそばにあるホテルです。

私の場合は、JFK空港からこちらの宿まで移動してきましたが、イエローキャブで空港から1時間~1時間30分くらいで到着します。(イエローキャブはマンハッタンーJFKの料金は定額なので安心ですが、空港には怪しい客引きもいるので気を付けましょう)

今回の宿泊はマリオットボンヴォイのポイントを利用しての宿泊です。(正確に言うと、マリオット・SPG完全統合前にトラベルパッケージに申し込み、ポイントをマイル+7連泊の権利に交換しました。)

現在はカテゴリー5で35,000ポイントで1泊できるので、ポイント利用でも比較的利用しやすいと言えます。

有償で泊まる場合は3万円~5万円(300ドル~500ドル)という値段の日が多く、ポイント宿泊すれば1ポイント1円以上の価値で利用できるので、ポイント宿泊がお得なホテルとなっています。

普通のお部屋でも十分な広さ

ポイント宿泊の場合は基本的にスタンダードのお部屋になりますが、このホテルは長期滞在用のホテルなので比較的広い部屋の作りになっています。

スーツケースを二つ広げても十分な広さがありました。

冷蔵庫とミニキッチンがあるのも使いやすいです。スーパーでお買い物をしてお部屋でご飯を食べるという選択肢もありです。

お風呂とトイレは普通。シャワー水量は十分に満足できるものでした。

(シャワーの方は少し映り込んでいます。すみません。)

地下にはランドリールームがあるので、洗濯するつもりの方にとっては非常に快適です。

宿泊者は無料で朝食が付いてきます

マリオットのホテルに宿泊する場合にはマリオットボンヴォイ(マリオットホテルの会員制度)のステータスがプラチナ以上であれば、朝食が無料で付いてきます。

私は、残念ながらステータスはゴールドであり、朝食をホテルで食べようと思うとは別途料金を支払う必要があります。

しかし、レジデンスインというホテルブランドではなんと宿泊者全員に無料で朝食が付いています

このため、ポイント宿泊でも朝食は食べられます!

朝食の内容はごくごく普通のものですが、7泊となると朝食を食べに行くだけでも結構な料金になってしますので、非常にありがたかったです。

地下鉄(メトロ)の駅が近くて便利

このホテルを選んだ決め手は地下鉄の駅へのアクセスが良い点です。

このホテルの近くには二つの地下鉄の線が走っています。ニューヨークの町中の移動はメトロがとても便利なので、メトロの駅の近さは非常に重要な指標です。

また、ニューヨークのメトロは様々な線が走っており、複数の線にアクセスできると移動しやすくなります。

駅名の所に記載されているN,Q,R,WやB, D, F, Mというのが路線の番号で、このホテルからだと8つ路線に乗れるので、ニューヨークの名所にはメトロでほとんど行くことができるようになっています。

結果的に地下鉄駅へのアクセスで選んだのは正解だったと思います。

スーパーや飲食店も近い

実際に宿泊してみると、このホテルの周りにはスーパーや飲食店も近く、この点でも非常に便利でした。

すぐ近くにホールフーズマーケット(Whole Foods Market)というスーパーがあり、イートインコーナーも充実しています。

他にもお寿司やピザなどもあったので、とりあえずここで買い物すれば食べ物には困りません。

スーパーの方では、ばらまき用のお土産もお手軽に購入できるので、オススメのスポットです。

また、徒歩圏内にシェイクシャック(Shake Shack:ハンバーガー店)もあり、夜遅く帰ってきても営業しているので助かりました。

夜10時くらいにシェイクシャックまで出かけて、ハンバーガーMサイズ2個とチーズフライをテイクアウト(英語だと”to go”ですね)。

ホテル周辺の治安も良いので、夜に少々で歩いても問題ありませんでした。(もちろん警戒は怠らずに。)

ハンバーガーのサイズは大きさ的にはアメリカンなサイズではなく、普通のサイズです。チーズフライも量は普通ですが、チーズが重たいのでお腹にはずっしり来ます。

他にも、ブライアントパーク沿いに「Le Pain Quotidien」もすぐ近くにあり、こちらでもご飯を食べることができます。

まとめ

今回宿泊した「レジデンス・イン・バイ・マリオット・ニューヨークシティ・マンハッタン/タイムズスクエア」は利便性を考えると非常に良いホテルでした。

特にマリオットボンヴォイ会員ステータスに関係なく朝食が付いてくる点と、地下鉄や飲食店など周辺の利便性が抜群に良かったです。

宿泊もポイント利用しやすいカテゴリー5(一泊35000ポイント)なので、ポイント宿泊が非常におすすめです。

マリオットのポイントを貯めてお得に宿泊するなら、SPGアメックスがおすすめです。

マリオットボンヴォイの会員入会やSPGアメックスはお得な入会方法もあるので、気になる方は以下の記事をご参照ください。

マリオット新規入会者向け 2滞在で1泊無料(25,000ポイントまで)の宿泊特典が貰えるキャンペーン実施中です

2019.07.15

次の記事からはニューヨーク観光になります!

ニューヨーク旅行記1日目 MOMA近代美術館と自由の女神を訪れました

2019.09.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です