ポイント獲得ナビが画期的なシステムを実装! 陸マイラー初心者に必須のサイトです

今回はポイント獲得ナビというサイトの紹介です。

 

既にいくつかのブログでも紹介されている通り、ポイント獲得ナビはポイントサイトの案件の比較サイトです。これまでは、どこ得、というサイトがポイントサイトの案件の比較をするときに、よく利用されていたと思います。しかし、ポイント獲得ナビはどこ得に対して優位性のある機能を実装しています。

 

それは過去一か月のポイント獲得数(還元率)の推移が確認できる、という機能です。この機能は今までのサイト(どこ得)にはなかったものです。

 

 

この機能、陸マイラー初心者にとって非常に重要です。なぜなら、ポイントサイトの案件は獲得できるポイント数が時期によって変動しており、陸マイラーを始めてすぐの頃は各案件のポイントの相場が分からないからです。例えば、陸マイラーデビューし、初のクレジットカード案件として楽天カードを発行しようと思い立った場合を考えましょう。

 

 

楽天カードと言えば、ポイントサイトのクレジットカード案件では最もメジャーなものですが、実際にいくらぐらいが申し込みの目安か、確認する方法が意外と見当たりません。そこでポイント獲得ナビを利用して楽天カードを検索し、ポイント推移グラフを見てみます。すると、現時点の最高額は9000円ですが、直近一か月の過去最高額は17,000円とわかります。さらにその前にも11,000円の時期があり、現時点(2018年2月4日)では今すぐ発行しない方が良い、と結論づけることができます。

 

 

私自身陸マイラーを始めてすぐの頃は各案件のポイント数の相場が分からず、ポイント数が低い状態の時に申し込んでしまうこともありました。最初にやった案件の楽天カードを7000ポイントぐらいで申し込んでしまい、今でも後悔しています。こういったことがなくなれば、陸マイラー活動での各案件の効率を最大限上げることができるため、非常に有利です。

 

 

 

さらにポイント獲得ナビは、高額案件の確認が容易にできます。下の画像はクレジットカード案件をポイント獲得額順に並べたものです。ポイントサイトを横断して高額案件を調べられるのは、非常にうれしい機能です。

現時点(2018年2月4日)ではクレジットカード案件で最高額はMIゴールドカードの15100円です。年会費無料のカードだとセゾンインターナショナルとライフカードですね。こんな感じでポイント数の高い案件をすぐに申し込みたい場合もこの機能でポイントサイトを横断して調べることができ、非常に便利です。

 

なお、現段階でポイント獲得ナビで対応ポイントサイトは以下の14のサイトです。

i2iポイント

ECナビ

GetMoney!

Gendama

ちょびリッチ

ドットマネー(PC版)

ドットマネー(スマホ版)
ハピタス

ポイントインカム

PointTown

PONEY

モッピー

MOBATOKU

LINEショッピング

 

 

今まではポイントサイトをまわりながら、狙っている案件のポイントの動きを観察しながら、申し込む時期を見定める必要がありましたが、これからはポイント獲得ナビを一日一回確認すればいいだけになりそうです。また、ポイント獲得ナビの機能を使うことで初心者でも高額案件を適切な時期に申し込むことができます。陸マイラーを始められたばかりの方はポイント獲得ナビをすぐにブックマークされてはいかがでしょうか。

 

以上、ポイント獲得ナビの紹介でした。

 

 

 

 

 

 

P.S.

 

ポイント獲得ナビの機能を使って高額案件を紹介しているのが多いサイトはどこか、というのを調べてみました。今回の調査では10,000円以上のクレジットカード案件(10案件)を対象にポイント数の順位を確認し、平均順位と3位以内ランクイン数を比較してみました。

 

平均順位 1位回数 2位、3位回数
GetMoney! 6.60 2 0
ハピタス 4.70 1 2
ECナビ 6.50 1 3
ポイントインカム 6.00 1 2
Gendama 5.30 0 3
ちょびリッチ 4.00 2 1
モッピー 5.20 1 2
PointTown 5.90 1 1
PONEY 6.80 0 3
i2i 6.30 2 0
モバトク 5.80 0 3
.money(スマホ) 10.20 0 0
.money(PC限定) 10.10 0 0

 

 

参考になりそうなのは1位回数や1位から3位くらいまでの回数の方だと思うのですが、見事に拮抗しています。これは各サイトが目玉商品の投入しており、特定の案件ではトップを確実に取りに来ているからだと考えられます。

 

平均順位で見るとハピタスとちょびリッチが良さそうです。データ集計上、順位に出てきていない案件は最下位としているため、そもそも案件がない場合は不利になるような計算になっているのも一因かもしれません。(ハピタスとちょびリッチはいろんな案件を扱っており、順位もそこそこ良いとも読み取れます。)実際には金額の部分も比較が必要ですが、今回の調査では金額と順位の重み付をどの程度にするべきか分からないこともあり、やっていません。

以上。

2 件のコメント

  • ポイント推移はとても便利だとは思うのですが、今調べられるのは「全ポイントサイトの最高額の推移」ですよね?例えばモッピーだけなど、特定のサイトに絞ってポイント推移を見る方法はあるのでしょうか?

  • 残念ながら特定のサイトに絞ってポイント推移を見る機能は今のところないようです。自分の登録しているサイトや頻繁に使っているサイトに絞ってポイント数推移やポイント最高数が調べられるとさらに使い勝手が上がりそうです。この辺りは今後に期待したい所ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です