楽天カードって実際使いやすいのか。発行したのでレビューしてみる。

高還元率のカードとして人気の楽天カードですが、実際に使いやすさ、還元率などなど、実際のところどうなのでしょうか。私自身が使ってみて感じたメリットとデメリットからレビューしていきたいと思います。

 

 

◆楽天カード基本スペック&メリット

・年会費無料

・通常の利用では還元率1.0%

・楽天市場で利用でボーナスで1%

・楽天Edy、楽天ポイントカードと一体型カードとして使用できる

・入会キャンペーンで5,000ポイント~8,000ポイント程度がもらる

・VISA, Master Card, JCB の三つのブランドから選択可能。

 

楽天カードの特徴として、楽天市場の買い物で+1%のポイントがカード利用額とは別にもらえることです。さらに楽天市場では様々なキャンペーンが行われており、還元率をどんどん高めることができます。現在はSPU(スーパーポイントアッププログラム)で最大13%の還元率になります。さらに、5と0の付く日はポイント5倍や、お買い物リレーでのポイント10倍など、非常にポイントが貯まりやすい環境があります。一番いいのが、楽天ふるさと納税。これもポイント付与の対象のため、大量のポイントと返礼品が貰えるため非常にお得です。(なお、SPUの最大還元率は楽天ゴールドカードまたは楽天プレミアムカードでないと出ません。)

 

一方で還元率1%のカードは他にもあることを考えると、楽天市場を使わないとあまり得しない気もします。が、入会キャンペーンのポイントは非常に嬉しい特典になります。入会キャンペーンで貰ったポイントは楽天ポイントは楽天関連のサービスだけでなく、楽天ポイントカードの利用できるお店(実店舗)でも使うことができます。

 

楽天ポイントカードが利用できるお店としては、

 

出光興産

くら寿司

マクドナルド

ミスタードーナツ

ダイコクドラッグ

 

などがあり、期間限定ポイントでも利用可能なのが嬉しい点です。楽天市場でのキャンペーンでのポイント付与は期間限定ポイントです(※楽天カードの利用額に対して貯まるポイントは通常ポイントのため、最後のポイント獲得から1年有効なので毎月100円以上の支払いがあれば、実質無期限のポイントになります。)。このため、期限までにポイントを消化する必要があるのですが、無駄なものを楽天市場で買うと勿体ない。。。

 

しかし期限の切れそうなポイントは実店舗の利用でも消費できるため、ポイントを無駄にしなくて済みます。私が実際にやるのは、出光でのガソリンの給油です。これなら無駄なものを買うことなく、ポイントの消化が可能になります。そのほかダイコクドラッグで消耗品のまとめ買いもありだと思います。

 

 

楽天Edyはオートチャージ設定も可能ですし、使わなくなったらオートチャージ設定をやめて余ったEdyは楽天ポイントに移行可能なので、微妙に残った残額で困ることはありません。なお、カードが壊れた場合(ICチップの故障)は返金し貰えるようですが、カード更新時は自動で移行されないので要注意です。カードを裁断する前に使い切るか、楽天ポイントに移行しておきましょう。

 

 

こう考えるとクレジットカードと楽天ポイントカードと楽天Edyの機能が一体型になっている楽天カードはかなり使い勝手が良いのではないかと思います。

 

 

 

◆楽天カードのデメリット

・ETCカードの年会費が有料(税込み540円)

・海外旅行保険は利用付帯

・楽天のサービスを使うことになり、そこからのメールが大量に届く

 

ETCカードに関しては、楽天プラチナ会員以上で年会費無料になるので、楽天サービスのヘビーユーザーなら実質無料にできます。

もしくは楽天ゴールドカード以上でも無料ですので、楽天ゴールドカードを利用するのもありだと思います。

 

海外旅行保険に関しては年会費無料で高還元率のカードなので、必要な場合は別のカードで補うことになります。個人的には高還元率のカードの目的は決済によるポイント獲得なので、旅行保険が付いていてもあまり意味がないと思います。

 

最後に楽天の各種サービスから届くメールですが、、、

これはフォルダ分けするか、しくは楽天専用のメールアドレスを作成するか、で対応するしかありません。楽天カードに決済を集中して楽天市場や楽天トラベルなどなどのサービスを利用していると宣伝のメールがかなりの数届きます。普通のアドレスと共用にしていると煩わしくなる可能性が高いので、しっかりと仕分けしましょう。(私の場合は仕分けも煩わしくメールもそんなにしないのでほったらかしていますが。)

 

 

こう見ると唯一のデメリットはETCカードが有料な点だと思います。楽天会員のランクが上がれば無料になるので、そこを目指すか、年会費2160円を払って楽天ゴールドカードにするかです。楽天ゴールドカードであれば、楽天市場での買い物でさらに2%のボーナスポイントがもらえるので、楽天市場で年間100,800円の買い物をすればペイできます。もちろんふるさと納税も対象なので、50,000円分ふるさと納税すれば、少なくとも半分はペイできる計算です。

この辺りを勘案してゴールドにするかを決めるのが良いと思います。

 

 

 

まとめ 楽天カードを使う上でのポイント

 

以上から楽天カードを使いこなすうえで大事なのは、楽天のサービスをうまく利用して楽天ポイントを貯めて、上手に使うことだと思います。とはいえ、そこまで楽天は利用しないという方も多いと思いますが、100円で1ポイント付与でポイントが使いやすいことも考えると、使い勝手が悪いということはあり得ません。楽天カードでのポイントでガソリンの給油代を浮かすこともできますし、ふるさと納税で一気にポイントをもらうのもありです。

 

この使い勝手の良さに加えて、入会時のポイント付与もあり、人気が出ているのだと思います。普段カードを使わない方も楽天カードでのクレジットカード決済に乗り換えてポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です