結婚式の費用をカード払いOKな所ならSPGアメックスで支払うのがおすすめ SPGアメックスが圧倒的にお得である理由をご紹介

一生の中で数百万以上する買い物はそうありません。車と家は高額ですが、通常はクレジットカードで支払いのできないものばかり。その中で唯一カードで払えるのが結婚式です。式場によりますが、実は結婚式の費用はクレジットカード払いが可能なところが結構あります。

結婚式の費用はおおよそ350万円くらいが平均のようです。もちろん招待する人数や式場などによって大きく変動しますが、少なくとも300万円程度は支払うことになります。私の場合は約400万円ほどかかりましたが、全額クレジットカード払いにしました。

結婚式の費用をカードで支払うメリットはいくつかあり、ポイントがたまる、ご祝儀を支払いに充てることができる、ということが挙げられます。クレジットカードで支払った場合、ほとんどの場合で決済してから一か月前後で引き落とし日になるため、ほとんどの場合、式後に引き落としになります。このためご祝儀を、支払いに充てられるようになるわけですが、、、支払総額は変わらないので十分資金があれば、問題ないですし、ご祝儀をあてにしての支払いはあまりお勧めしません。クレジットカードで払ったはいいが、ご祝儀が少なくて払えなかった場合は信用情報に傷がつくことになりますので。。。

カード払い最大のメリットはポイント還元

ご祝儀を支払いに充てたいがためにクレジットカードで支払いたいという場合ももちろんありますが、クレジットカードで払う最大のメリットはポイントがもらえる点です。クレジットカードの種類によりますが、カード決済額の0.5%~1%程度のポイントがもらえます。

例えば、400万円の結婚式費用を楽天カードで決済した場合、40,000楽天ポイントが付与されます。40,000ポイントは実質40,000円の価値なので、ちょっとしたぜいたく品を購入することが可能です。また、ふるさと納税を楽天ポイントで行い、返礼品を持ち出しのお金なしでもらって、次の年の還付を待つ(実質的に現金として帰ってくる)のも面白い使い方かもしれません。

実質的に数万円分の還元が得られるので、クレジットカードで支払えるなら間違いなくお得なのは確かです。なので、結婚式の費用はクレジットカードでの支払いがおすすめと言えます。

結婚式費用のカード払いの注意点

こちらの記事で紹介していますが、普通のクレジットカードだと支払い限度額の関係で支払いが困難な場合が多いです。しかしアメックスのプロパーカードは一律の限度額設定がなく、大きなお買い物や決済が必要な時は限度額引き上げや、事前入金を行うことで対応することができます。この点で見てもSPGアメックスは結婚式の費用を支払うのに向いているカードです。

しかし、もっとお得な方法があるのではないか、、、

と考えると実はいくつか候補があります。その一つはマイルの貯めるカードで決済すること。マイルは1ポイント=1円の相当のポイントに比べて価値が高いと言われており、1マイル=2円程度、という計算をする場合が多いです。例えば、1%還元率のANA アメリカンエキスプレスカードで決済した場合、40,000マイルがたまります。

レギュラーシーズンで東京-沖縄間往復のの特典航空券の必要マイル数は一人当たり18,000マイルなので、40,000マイルあれば二人で沖縄旅行が可能です。確かにANAで沖縄までの飛行機を取ろうと思うと、一人あたり数万円なので最低でも2円の価値はあります。しかし、沖縄までの旅行であればANAマイルを利用してANA便を取らなくても、LCCで十分だったりするのでそこまで大きなメリットではないかもしれません。

ANAのマイルを貯めていて追加で貯めて国際線の特典航空券を発券する場合は良いのでは、と思われる方がいるかもしれません。確かに国際線の長距離区間でビジネスクラス以上であれば最低でも1マイル=4円以上の価値があります。しかし、国際線の特典航空券は(特にANA)席が埋まっていることが多く、路線や日程をうまく選ばないと使いにくいという欠点があります(国内線もですが、開放している席数の関係で国際線の方がシビア)。マイルが貯まったから旅行に行こう! と思い立っても行きたい場所にはすぐにはいけない、という可能性が高いのです。

狙い目はマイルじゃなくてホテルのポイント

そこでもう少し使いやすくてお得にならないか、と考えて出した結論がSPGアメックスでの決済です。SPGとはスターウッドと呼ばれるホテルグループ(の会員制度)の名前です。SPGはシェラトン・ウェスティンなどのホテルが含まれ、さらにホテルグループの統合によりマリオットやリッツカールトンも同じグループです。

そのSPGとアメックスが提携したカードがSPGアメックスで、決済額の3%のマリオットリワードのポイントが貯まります。このポイントはSPG・マリオット系列のホテルで利用可能なポイントです。このポイントが使いやすく価値が高いのおすすめなのです。

マリオットとSPGのポイントについて

2018年8月にマリオットグループとSPGグループが完全統合したことに伴って、ポイント制度も統一されました。統合前は、SPGアメックスのポイント還元は利用額に対して1%のスターポイントが貯まり、スターポイントは1:3でマリオットのポイントに交換できる仕組みでした。

統合後は、スターポイントはマリオット側のポイントに統合され、SPGアメックスのポイント還元は利用額に対して3%のマリオットリワードのポイントが貯まる仕組みとなりました。

仮に結婚式費用で400万円を決済した場合、120,000ポイントが貯まります。

マリオットリワードのポイントは特典宿泊に利用可能です。しかもほとんどの日程で利用可能なため、非常に使いやすいのが特徴です。

例えば、本日(6/27)リッツカールトン大阪に7/14~7/16(海の日の3連休)で二人で二泊しようと思うと通常料金で一泊65,000円、二泊で130,000円ですが、なんとマリオットリワードのポイントで宿泊する場合一泊50,000ポイント、二泊で100,000ポイントになります。つまり1ポイント1.3円の価値で利用可能なわけです。SPGアメックスは利用額に対して3%のポイントが貯まるので 還元率としては実質3.9%ということになります!

さらに言えば、直近の3連休で利用可能なポイントですから、すぐに使える、という点でも非常にgoodです!

(さらにクラブフロアの部屋に空きがあれば一泊30,000ポイントを追加してクラブフロアにアップグレード可能なようですが、宿泊予約後電話での連絡が必要。)

一方マイルは価値の高いポイントの代表格ですが、個人的には即時利用が難しく、価値を高めて使うためにはかなりのマイル数が必要になるのが玉に瑕だと思っています。

例えば、マリオットのポイントはマイルにも交換可能でその比率は3ポイントで1マイルです。ただし、60,000ポイントを一度に交換するとボーナスとして5,000マイル獲得できます。移行先は非常に多く、日系のANA、JALどちらにも移行可能です。

ANAのマイルの場合、比較的長距離なる路線でビジネスクラスのチケットをマイルで取ろうと思うと60,000マイルは必要になります。ちなみにハワイの場合は65,000マイル。このマイル数で一人分なので、二人で旅行に行きたい場合はこの2倍のマイルが必要になります。

しかも、人気路線はマイルでチケットを取るのは至難の業です。クレジットカードの決済だけでマイルを貯めるのには限界がありますし、カード決済に頼らない方法もあるため、マイルへの交換よりも貯めにくいけど使いやすいホテルのポイントの方がおすすめです。

そしてマリオットリワードのポイントは価値が高いのにも関わらず、即時利用しやすい点で非常に優秀です。実際に私はSPGアメックスで結婚式の費用を支払い、120,000ポイント(当時はSPGマリオット統合前だったので40,000スターポイント)をゲットしました。

もし結婚式をこれから行う方はSPGアメックスでのお支払いを検討されてみてはいかがでしょうか。普段はできない高級ホテルステイが待っているかもしれません。

SPGアメックスの発行はアメリカエキスプレスの所有者からの紹介の方が入会特典でもらえるポイントが多くなります(通常30,000ポイントが36,000ポイントになります)。

SPGアメックスの発行を検討されている方はお問い合わせフォームからご連絡ください。紹介用のURLをご連絡いたします。

もしお問い合わせが面倒だという方は以下のFacebookのページにも紹介URLがありますので、覗いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です