結婚式の費用をカードで払う上での注意点について

以前にアップした記事:

結婚式の費用はカード払いがおすすめ、中でもSPGアメックスが良いと思う理由を紹介してみる

ではSPGアメックスでの支払いをおすすめしましたが、

結婚式の費用をクレジットカードで払う上での注意点についてご紹介したいと思います。

 

①  式場がカード払いに対応していない可能性がある

これは式場に真っ先に確認しましょう。カード払いできないからという理由で、良いと思った式場を諦めるのはまずいと思いますが、カード払いが可能かどうか確認しておくのは後々の支払いの事を考えると重要だと思います。

 

②  カード払いできるクレジットカードブランドが少ない

あまりないとは思うのですが、VISAかmasterのみだった場合はアメックスやJCBやダイナースで支払いできないので要注意です。念のため確認しておきましょう

 

①と②をクリアするのは希望のカードで支払いたい場合の前提条件なので、早めの確認を推奨いたします。

しかしながら、①と②を乗り越えた先にもまだ難関はあります。

 

 

③  式(披露宴)の費用がクレジットカード限度額を超えてしまう

この問題はかなり深刻な場合が多いです。例えば楽天カードで支払おう、と思っても限度額が100万であれば最大でも100万円分しか支払いできません。複数のカードで支払いOKという場合もあるようで、楽天カードで100万、エポスカードで100万、YJカードで100万、計300万を支払うというのが可能なところもあるようです。ただし、ポイントが分散するのであまりお勧めではありませんし、全部のカードを限度額いっぱいまで使うと引き落とし日まではカードが利用できなくなります。

幸いにも、ほとんどのクレジットカードでは利用枠の一時増枠の申請が可能で、これを利用すれば一枚のカードで決済できる可能性が高まります。ただし、一時増枠も審査のうえ増枠が認められるかが決まるので、クレジットヒストリーが少なかったり悪かったりすると増枠が否決される可能性が高まります。

 

私の場合はSPGアメックスで支払いましたが、利用額を事前に知らせて増枠してもらう方法(事前承認)をとりました。アメリカンエキスプレスは一律の限度額を設けていない、と書いていますが、限度額がないという意味ではありません。また、Web上で利用可能額が確認できるのですが、どうやらこれは事前承認で承認可能な上限額のようです(はっきりとはわかりませんが。。。)。

なお、アメックスの事前承認は電話で行いますが、承認手続きだけであれば自動音声の案内に従っていくだけで、最後の事前承認額を入力し、OKならそれで終わりです。こんな簡単なのかとびっくりしました。

しかし、この方法も実質的に一時増枠と同じなので、承認がもらえないことも十分考えられます。

 

③を一時増枠でもクリアできない場合はあきらめムードが濃厚ですが、実はアメックスとダイナースだけは裏技があり、支払いが可能な場合があります。それは“事前入金”です。

 

アメリカンエキスプレスとダイナースクラブのカードは事前入金をすることによって実質的にカードの利用枠を増枠することが可能なのです。クレジットカード会社が限度額を低めに設けている理由として高額な決済をされて支払いがなかった場合、大損してしまうということ挙げられます。逆に言えば、担保(支払える根拠)があれば、高額の決済でも受け付けない理由はありません。つまりあらかじめ入金しておいてくれたらその分は利用枠を増やすよ、ということです。

この方法では式の費用を後払いにはできませんが、きっちりとポイントをもらうことができます。私も事前承認が通らなかった場合は、事前入金を行うことで限度額の問題を回避しようと思っていました。ただし、事前入金もまれに断られることがあるようなので、クレジットヒストリーはきちんと積み上げておくことが大事たと思います。

 

実はこういった事情もあり、アメックスは結婚式の費用の決済にはかなり向いているカードです。事前入金をしてしまえばカードの利用枠を無視できるので、高額な決済も行えて価値の高いマイルなどのポイントをしっかり貯めることができるからです。

 

 

 

そのほかの注意点としては、限度額内で決済可能な金額でも限度額ぎりぎりだと他の決済で枠を使ってしまっていて決済できない可能性もあります。

クレジットカードで高額決済を行う場合はくれぐれも事前にしっかりと計画を練ることをおすすめいたします。

以上、クレジットカードでの結婚式の費用を払う上での注意点でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です