リクルート期間限定ポイント おすすめの消化方法を紹介! リクルートカード発行で獲得したポイントを使い切りましょう!

リクルートカードは入会キャンペーンで6,000~10,000ポイントのリクルートポイントが獲得可能なキャンペーンを実施していることが多いです。特に週末はポイント数が高くなりやすいので、申し込むなら週末がおすすめです。

しかし、このポイントはすべて期間限定ポイントでポンタへの交換ができず、JALマイルなどにも交換することができません。

このため、リクルートカード発行で獲得したポイントはリクルートのサービス内で利用する必要があります。

リクルートのサービスはYahoo!や楽天に比べて使い勝手がイマイチでパッとしませんが、上手に利用すればリクルート期間限定ポイントも効率的に消化することが可能です。

今回は、リクルート期間限定ポイントのおすすめの消化方法をご紹介します。

ポンパレモール

ポンパレモールはリクルートのやっているネット通販サイト。楽天市場やYahoo!ショッピングのリクルート版ともいうべきサイトです。

実はポイント還元が3%もあるため、利用先としては最有力候補。生活に必要な消耗品を購入してポイント消化をするのがお得です。

書籍も販売しているため、ポイントで本を購入して読み終わったら、そのまま保管しても良いですし、ブックオフにもっていくなり、メルカリで売るのも良いと思います。

また、購入時のポイント目当てなら20%還元の商品を購入する手もあります。

この場合還元されるのは通常のリクルートポイント=ポンタポイントなので、JALマイルに交換可能です。

ただし、ポイント還元は税抜き価格対して適用されるので、10,000円分の買い物の場合は1,851ポイントしか付きません。

Pontaポイントは2ポイント=1JALマイルの比率で交換可能なので10,000ポイントの期間限定リクルートポイントをきっちり使えば

理論上は1,851ポンタポイント = 925 JALマイル が獲得可能になります。これに加えて購入した商品が手に入るので、悪くない消化方法です。

PontaからANAのマイルへの交換は今はできない

以下の記事で紹介したのですが、ポンタからLINEポイントへの交換が可能になると発表がありました。

Ponta(ポンタ)からLINEポイントへの交換が可能に! リクルートカードでANAマイルが還元率0.81%貯められるようになりました!

2018.11.04

しかし2019年に入ってからも、いまだに交換できない状態になっています。

そのうち開通するとは思うのですが、現状ポンタからLINEポイントの交換は不可となっているようなので注意が必要です。

お米とお肉を購入した場合

例えば、この商品の組み合わせなら肉と米とポイントが手に入ります。(少し足が出ますが・・)

支払いは合計で10,370円+送料ですが、Ponta(リクルートポイント)が計1,919ポイント獲得できます。

クーポンが利用できるようなので、送料分はほぼ相殺可能。手出しのお金は500円程度です。10,000ポイント持っているなら悪くない組み合わせです。

 

じゃらん

じゃらんはリクルートの運営する旅行予約サイト。非常に使い勝手が良く、10,000ポイントあれば一泊分くらいにはなります。

還元率は1%~2%と低いので、ポイント狙いの場合はあまりお勧めできませんが、3,000~5,000ポイントでもかなりの足しになるので宿泊料金の一部に充当すれば大いに利用価値があります。

掲載数も非常に充実しているので、泊まりたい宿があれば期間限定のリクルートポイントを使ってみてはどうでしょうか。

 

ホットペッパービューティー

これも有名サイトですね。美容院やヘアサロンが探せる検索・予約サイトです。楽天ビューティーなどに比べて掲載店舗数が圧倒的に多く、ポイント支払いも可能なので非常にお得です。

還元率も2%と悪くないので利用価値は高いです。

実はホットペッパービューティーは私も時々利用しているサイトで、EPARKで行きたいところが見つからなかったときはホットペッパービューティーで予約しています。

ホットペッパーグルメ

こちらはマイナーですが、意外と利用できます。

ホットペッパーグルメではポイントの使えるお店もあるため、ポイントで飲みに行ったり食事に行くことも可能です。

ポイントの使えるお店はネットで予約できる店舗数のざっくり半分程度なので、使える店舗がなくて困るということはありません。

さらにお得なのがホットペッパーグルメの食事券をリクルート期間限定ポイントで購入する技。

購入時に2%のポンタポイントが付きますし、飲み会の幹事の時に食事券を併用して支払うことで非常にお得になります。

使い方に関する説明は公式サイトが非常にわかりやすく書いてくれています。

 

さいごに

期間限定のリクルートポイントは使い道が限られるものの、うまく活用すればかなりの節約効果があります。

リクルートカードを発行して期間限定ポイントを獲得したのなら、今回紹介した方法でポイント消化をして節約やちょっとした贅沢をしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です