琵琶湖マリオットホテルに宿泊してきました 統合前に滑り込みでゴールド特典を楽しむ

SPGとマリオットの完全統合前に宿泊してきました。

 

琵琶湖マリオットホテルは滋賀県守山市の琵琶湖のほとりにあります。

旧ラフォーレ琵琶湖を2017年7月リブランドしてオープン。

 

アクセス

電車の場合は堅田駅か守山駅からになります。

堅田駅からはシャトルバスが15分間隔で運行されているようです。

守山駅もシャトルバスがありますが、完全予約制で所要時間も40分と遠いようです。
車の場合は栗東IC(または竜王IC)から向かうことになります。

名古屋方面から来る場合は名神・新名神のどちらのルートも候補になります。

ナビでどちらが早いか比較してみると良いと思います。

 

今回は車で訪れました。

私は愛知県在住ですが、ナビだと名神ルートも新名神ルートもほぼ同様の所要時間!

行きは名神で、帰りは新名神経由にしてみました。

竜王IC、栗東ICからホテルまで30分程度かかり、

Google Mapのナビ機能だと結構きわどい道を案内されます。

車のナビか、Yahooナビの方がこの辺は信頼できます。

 

お部屋はスーペリアツインを予約しておりましたが、

混雑していたようでアップグレードはなかったため、据え置き。

(ミッチーのファンクラブのイベントがあったようです)

 

 

とは言え、アップグレードなしのお部屋でも十分な広さがあります。

アップグレードなしと聞いて少しがっかりしていたのですが、これならOKです。

お部屋と浴室(トイレは浴室扉のさらに右側にあります。)

 

温泉付きのお部屋もあるようですが、B1に温泉浴場もあります。

今回はUGなしだったのそちらの方を利用させていただきました。

 

15:00くらいに到着し、そのままチェックイン。

少しお部屋でゆっくりしてラウンジへ。

琵琶湖マリオットのラウンジは1Fにあり、オープンな感じです。

(上の右側の写真。ソファー奥の仕切りから向こう側がラウンジです。)

17:00くらいに行ったのですが、まだお酒はないのでお菓子で。

うまい棒やおにぎりせんべい、源氏パイがあるのが面白いです。

パンやクッキーなども置いていました。

 

くつろいでる間にイブニングスナックの準備が進んでおりました。

おしゃれな感じでクロックムッシュというものが出てきました。

他にも手羽先、たこやき、枝豆などオードブル類はそれなりにありますが、

名古屋マリオットやコートヤード新大阪の方が充実していた印象です。

 

 

私はビール(一番搾り)、妻はスパークリングワインで。

(ビールはキリン一番搾りか、ブラウマイスターか選択できました。)

今回は名古屋マリオットの教訓を活かして、お酒はほどほどに19:30ごろ撤収。

といってもお部屋に帰ったら、疲れもあってバタンキューでした。

 

 

次の日は7:00頃に起床。良く寝ると気持ちよく起きれますね。

朝風呂でさっぱりしようとB1の温泉浴場へ。

私が行ったときは3~4人程度しかおらず、快適に利用できました。

 

 

戻ってきて朝食へ。

朝食会場は12階のGrill &Dining G になります。

定番の卵料理に加えて、春巻やシュウマイなどもありました。

(他にもたくさんありましたが、これでお腹一杯に。もっと食べたかったです。)

 

フィットネスセンターで少し汗を流してみたり、外の風景を撮ってみたり。

体育館、テニスコート、フットサルコート、プールなどがあり、アクティビティの面では最高です。

遠目で見る限り、テニスコートの整備状態も悪くなさそうでした。

 

早々に帰るつもりだったので、チェックアウトしてフロントに荷物を預けてお昼ご飯へ。

20%割引の券がもらえたので、12階のGrill &Dining Gでいただきました。

 

3,500円のコースはビュッフェ+メイン+ワンドリンクでとても良かったです。

(サービス料10%と消費税8%は別なので、20%引きでも実料金では一人当たり3300円強です。)

本当はワンドリンクでお酒が飲みたかったですが、車なのでウーロン茶をオーダー。

 

ビュッフェ①

 

メイン+ビュッフェ②(デザート)

 

メインはお肉を選択しましたが、◎でした。

赤身のお肉ですが、柔らかくソースも美味しかったです!

最後にデザートまでいただきましたが、お腹パンパンになりました。

20%の割引で、ビュッフェ+メイン+ワンドリンクがついてくるので、コスパ的にはOKだと思います。

(一人当たり2,000~28,00円くらいだともっと嬉しいですが。)

 

ということで、お昼ご飯を頂いてから琵琶湖マリオットを後にしました。

琵琶湖マリオットホテルは、アクティビティを重視する方にはかなり良いホテルだと思います。体育館やテニスコート、フットサルコートなどが使えるのは非常に良いです。

逆にラウンジは名古屋マリオットの方がよかったということを思うと、宿泊のみだと少し物足りたさも感じます。次の宿泊の時はテニスコートを使う計画を練って、宿泊がてらアクティビティを楽しみたいですね。

 

 

8月のSPG・マリオットの完全統合に伴い、マリオットゴールドの朝食とラウンジアクセスの特典がなくなってしまいます。SPGアメックスの効力が少し減ってしましますが、まだまだSPGアメックスは使い倒すつもりでいます。

SPGアメックスでポイントを貯めておけばラウンジアクセスのある部屋の予約やアップグレードできるからです。また、宿泊でもらえるポイントもゴールド会員の特典で増えるのも◎な点です。

 

マリオットゴールド特典がなくなるため、SPGアメックスの改悪と言われていましたが、結局のところ、SPGアメックスをどう使いこなすかが重要なポイントです。少しリッチにホテルを楽しみたいなら、SPGアメックスの発行は選択肢の一つだと思います。

 

以上、琵琶湖マリオットホテルの宿泊記でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です