衝撃の「8泊マリオットプラチナチャレンジ」のやり方を解説! アリババ88VIP会員経由の裏道ルートでお得にプラチナエリートを獲得できます

マリオットのプラチナチャレンジが8泊で出来る…..

そんな情報を入手したのは、ちょうどプラチナチャレンジをするための16泊の予約を入れた直後でした。

 

しかし、実際にどのような手順でやるのかは分かっていない状態。

手元にある情報は「中国のアリババのサービスを利用した方法らしい」ということだけでリスキーな方法という認識でした。

ですが、8泊でプラチナチャレンジしてマリオットのプラチナエリートの資格が手に入るなら安いと考えて、人柱覚悟で実際にやってみました。

 

 

結果として8泊プラチナチャレンジの権利を無事手に入れることができました。

ですが、今回の8泊プラチナチャレンジの申し込みをやってみた感想として、「非常に手間のかかる」という印象です。

また、色々と注意点があり、中国のタオバオ(アリババ)、wechatに電話番号やパスポート番号などの個人情報を渡すことになります

この辺りに関しては個々で判断が分かれると思います。

そして途中で何らかのトラブルが発生した際も、中国のサイトを利用しているので対応が難しいです。

 

この記事では、私が実際に行った方法についてご紹介しますが、この方法が一番簡単で正しいかどうかは分かっていません。

少なくとも私のケースではできた、というだけです。(現時点では8泊のプラチナチャレンジの権利を得ることが確認できた、という段階です)

本記事を読んで実際に8泊プラチナチャレンジを実行される場合も、すべて自己責任でお願いいたします




そもそもマリオットのプラチナチャレンジとは?

マリオットのプラチナチャレンジは、一定の期間内に一定の条件を満たすとマリオットのプラチナエリートのステータスが得られるマリオット会員向けの制度です。

本来、マリオットのプラチナ会員になるためには年間50泊も必要ですが、以下で説明するように16泊でプラチナ会員の資格を得ることが可能です。

通常のプラチナチャレンジでは、マリオットのデスクに申し込みが必要で「申し込み月+3か月以内の期間に16泊」でプラチナエリートとなります(申し込み前の宿泊数は申し込んだ月と同じ月内でもカウント外)。

 

年間で50泊に比べて16泊でプラチナ会員になれるのであれば、ハードルは低くなります。

ですが、今回の方法ではその半分の8泊でプラチナ会員の資格を手に入れることが可能です

 

「8泊のプラチナチャレンジ」にチャレンジ

情報によるとアリババの88VIP会員の特典として、マリオットゴールド会員と資格と120日以内の8泊でマリオットプラチナ会員になれる権利が付いてくるとのこと。

アリババは中国の会社なので色々と遠回りする必要がありましたが、88VIP会員への登録自体は可能でした。

 

諸々の作業が必要ですが、最終的にマリオットのプラチナ会員の資格を得るために必要な作業は以下のような流れになります。

①淘宝(タオバオ)の会員に登録する

②支付宝(アリペイ)に登録し、タオバオの会員と紐づける(基本的に自動で紐づけが行われます)

③支付宝(アリペイ)のツアーパス(tour pass)を利用して888元をアリペイにチャージする。

④支付宝(アリペイ)にチャージした888元で、淘宝(タオバオ)から88VIP会員になる。

⑤中国の電話番号を取得するため、wechat(中国版のLINE的なアプリ)に登録する。

⑥wechatからeSenderのサービスを利用して中国の電話番号を取得する

⑦取得した電話番号を利用して、88VIP会員のマリオットの特典ページからマリオットのアカウントを作成する

⑧VIP88経由で作成したマリオットのアカウントを有効化する

⑨VIP88経由で作成したマリオットのアカウントで120日以内に8泊する

(⑩既にマリオットのアカウントを保有している場合は、アカウントの統合を行う。現在検証中)

 

見ていただければ分かる通り、非常に長い手順を踏む必要があります。

また、この方法では8泊でプラチナチャレンジ可能ですが、実際には88VIP会員になるために15,000円弱の支払いが必要です

プラチナチャレンジの宿泊数は減らせますが、別途費用は発生する点にはご注意ください。

 

ちなみに、、、

88VIP会員の8泊プラチナチャレンジが可能な情報を知ったのは直近ですが、その方法自体は前から知られていたようです。

88VIP会員でマリオットのゴールド会員の権利やプラチナチャレンジの権利が得られることはいくつかの記事で紹介されています。

 

以下は中国のページです。

中国語で書かれていますが、Googleの日本語への翻訳機能を使えば大意は読み取れます。

 

いずれの記事も8泊でのプラチナチャレンジが可能である旨が記載されています。

しかし、これらの記事では日本在住の人が実際にどのような方法でアリババに登録したり、88VIP会員になったり、そこからマリオットのアカウントを作成するのかについては触れられていません

 

そこで、以下に私が実際に8泊のプラチナチャレンジの権利を手に入れるために行った作業を解説していきます。

(とはいっても、各種登録作業などは色々なサイトで紹介されており、その方法に習って登録しただけに過ぎないことを最初に申し添えておきます。)

 

作業に必要なもの

ある程度必要なものがありますが、大体の方は持っているものだと思いますので特段の用意は不要です。

  • SMSを受け取れる電話番号
  • スマホ
  • パスポート
  • クレジットカード
  • メールアドレス(既にマリオットの会員の方は、マリオットの会員登録に使用していない別のアドレスが必要)

電話番号はタオバオやアリペイの登録の際にSMSでの認証を行うので、必要になります。

スマホについては普段使用しているスマホでも問題ありませんが、私は念のためデータをほとんど入れていないスマホを使用しました。(今使っているスマホでもよいですが、アリペイやタオバオなどのアプリをインストールすることになるので少し気持ち悪かったので。)

また、今回の作業で使用するアプリから色々なデータへのアクセスを求められますが、基本的に許可しないでOKです。(パスポートの写真撮影だけがカメラへの許可が必要になります)

パスポートはアリペイのTourPassの登録の際に使います。

クレジットカードはアリペイへのチャージに使います。

メールアドレスはマリオットのアカウント作成の際に必要です。Gmailで問題ありません。

なお、既にマリオットのアカウントをお持ちの方は、そのアカウントで利用しているメールアドレスとは異なるアドレスが必要です(同じアドレスを使って複数のアカウントには登録できないため)。

以上を用意して、8泊プラチナチャレンジへ挑みましょう。




①淘宝(タオバオ)の登録する

まずは、プラチナチャレンジの権利を手に入れるためにアリババのVIP88会員になるために、淘宝(タオバオ)の会員登録を行います。

タオバオはアリババが運営するインターネットショッピングサイトです。

今回はタオバオの会員サイト(スマホのアプリ)から88VIPに登録します。

 

タオバオ自体は世界的にも有名なサイトなので、ネットで調べれば色々と記事が出てきます。

電話番号があれば、誰でも登録可能です。

私はパソコンで登録しましたが、最終的にはタオバオのアプリが必要になります。

 

タオバオのトップページ左上または上部右側の「免費注册」(無料登録という意味です)のボタンから会員登録を行います。

 

最初に電話番号の認証と検証(验证)があります。

验证(検証)は左から右にスライダーを動かせばOKです(人が操作しているかどうかの検証です)。

手机号(電話番号)は左の欄を「日本 +81」として、そのまま電話番号を入力してください。(先頭の0を取る必要はありません)

同步创建支付宝账户(同期してAlipayアカウントを作成する)にチェックを入れてください。

 

これらを行ったら「下一歩」(次のステップへ)をクリックしてください。

すると入力した電話番号にSMSが届きますので、届いたSMSに記載されている番号を入力してください。(スクショを取り忘れたのでありませんが、上で紹介したサイトを参考にしてください)

 

認証が終わると次はアカウント名とパスワードの登録です。

中国語の意味はそれぞれ以下のようになっています。

  • 登彔密码:ログインパスワード
  • 密码确认:パスワードの確認
  • 登彔名:登録名(=アカウントのID名)

パスワード、アカウント名はログイン時に必要になるので、忘れないようにメモしておきましょう。

それぞれ入力して、「提交」(参加する)を押せば登録完了です。

続いてアリババのVIP88会員になるための888元を支払うためにアリペイに登録します。

 

②支付宝(アリペイ)に登録する

タオバオでの支払いは支付宝(アリペイ)を利用可能なので、次にアリペイをインストールします。

Google Play で手に入れよう

アリペイも日本で利用したいという方が多いようで、これに関してもネットで調べるといくつか記事が出ています。

通常、アリペイは中国の銀行口座か中国のクレジットカードでのチャージしかできません。

ですが、海外からの旅行者向けにTour Pass(ツアーパス)というサービスを行っています。

これを利用すれば日本のクレジットカードでもアリペイにチャージ可能です。

 

まずはアリペイのアプリをダウンロードします。

電話番号認証となるので、同じように登録します。

日本の番号の+81を入力し、今度は頭の0を取った電話番号を入力します。(090-1111-1111なら90-1111-1111と入力)

ここもスクショを忘れてしまったので、上で紹介しているサイトを参考にしてください。

Sign Upのボタンをタップすると、次画面に進むとともにSMSで認証用の数字が届きますので、それを入力してください。

すると早くもアリペイを利用可能な状態になります。

次にアリペイのチャージを行うための作業に移ります。

 

③支付宝(アリペイ) ツアーパスで888元をチャージする

続いて888元のチャージのためにツアーパスの認証を行います。

アリペイのトップページのTourPass(ツアーパス)をタップします。

 

ここからTourPassへのチャージの際に個人情報の入力が必要です。

「USE NOW」から次のページに飛びます。

 

以下のページに遷移しますが、ここでパスポートの番号とパスポートの写真が必要になります。

国籍、パスポートナンバー、パスポートに記載の名前、生年月日を入力して、パスポートの写真をアップロードします。

「Next」をタップすると次のページに進みます。

 

次はクレジットカードでのチャージを行います。

チャージする金額は88VIP会員の登録に必要な888元ちょうどにしましょう。

Amount(CNY)にチャージしたい金額(今回は888元)を入力します。

金額を入力したら、Nextで次のページに移ります。

次はクレジットカードの情報を入力します。

チャージの際は3dセキュアでの認証があるので、3dセキュアに対応しているクレジットカードが必要です。

私はエポスカード(国際ブランドはVISAです)でチャージしました。

「上海銀行のカードサービスとQuick Paymentの契約に同意します」にチェックを入れて、Top up 888 CNYをタップします。

サービスの確認が出ますので、「Confirm&Pay」 をタップしてください。(内容は上海銀行のサービスであることや5%の手数料がかかること、90日後に払い戻しできることなどが書かれています。)

この後、3dセキュアで認証を行えばチャージできるのですが、私は1度目でなぜかここでチャージできませんでした。

再度888元をチャージする操作を行うと3dセキュアのページに飛んでうまく行きました。

これでTourPassへのチャージは完了です。

 

今回チャージした888元は日本円に換算すると約13,600円ですが、実際にはアリペイのツアーパスのチャージでは5%の手数料を取られます

また、日本のクレジットカードで人民元を支払っているので、その手数料もあります。

実際に支払い(見込み)額は932.4元=14,606円となり、合計で約7.4%の手数料になりました

アリペイのチャージでは手数料が7~8%程度はかかる点にはご注意ください。




④淘宝(タオバオ)のアプリから88VIP会員になる

88VIP会員というのはアリババの色々なサービスで特典を受けられる有料会員のことです。

88VIP会員になるにはタオバオのスマホアプリ(手机淘宝)から入ります。(なお、PC版では88VIP会員への登録ページを見つけられませんでした)

Google Play で手に入れよう

PC版から登録された場合はアプリをダウンロードしてログインしておきましょう。

アプリのトップページの「我的淘宝」をタップ

 

我的淘宝のページ内の「会員中心」をタップ。

 

すると88VIP会員の案内があります。「开通88VIP~」という項目をタップして登録します。

なお通常は888元で88VIP会員になれますが、淘气値を1000以上にすれば88元で88VIP会員になれます。

タオバオを利用すれば淘气値を上げることが可能ですが、今回は淘气値を上げるのが面倒だったので素直に888元を支払いました。

 

「同意协议 888元开通88VIP」をタップすると次に進めます。(その上の項目で年度VIPかもう一個の項目を選べるようなのですが、よく分からなかったので適当に年度VIPの方を選んでおきました)

 

すると支払いの画面が出てきます。

「立即付款」(即時支払い)をタップします。

ここでタオバオとアリペイのアカウントが紐づいており、アリペイに888元(以上)チャージされている状態なら、支払いが自動で行われます。

同じ電話番号を利用してタオバオとアリペイを登録していれば自動的にアカウントが紐づいているはずです。

(チャージせずにここまで来て立即付款をタップすると、アリペイに残高がないので中国銀行口座から支払うための画面が出ます)

 

88VIP会員への登録が完了すると以下のような画面になります。

 

次にマリオットの会員の作成に入りますが、その前に中国の電話番号が必要になるのでwechatとesenderを利用して中国の電話番号を取得します。

 

⑤wechatをインストールして登録する

wechatは中国におけるLINEのようなアプリです。

このアプリとesender(香港のMVNOらしいです)というサービスを利用して電話番号と取得&SMSを受信できるようにします。

まずはwechatをインストールします。

Google Play で手に入れよう

 

 

インストールしたwechatを開くと、ログインか会員登録を行う画面になります。

電話番号で登録をタップしてwechatに登録します。

 

wechatでも電話番号認証があるので、こちらも同じように登録します。

名前は何でもOKのようですが、私はいちおう本名で登録しました。

電話番号は頭の0を取って入力します(電話番号が「090-1234-5678」なら「9012345678」と入力)。

パスワードの登録も必要なので、入力したパスワードは念のため忘れずメモしておきましょう。

 

利用規約に同意して、電話番号で登録を押すとSMSの認証になります。

先ほど入力した電話番号当てに認証用のSMSが届くので、そこに記載されている数字を入力します。

この後、声紋認証もあるそうなのですが、マイクへの許可を拒否しまくれば声紋登録なしでも利用できました。(ただ、アクセス許可を拒否しまくったせいか登録してそのままログインができず、一旦アプリ落としてから再度立ち上げると問題なくログイン状態になっており利用できました)

また、電話帳などへのアクセスも求めてきますが、当然拒否します。

次にwechatを使ってesenderのサービスに登録します。




⑥eSenderに登録して電話番号を取得する

eSenderは中国の電話番号を取得する方法としては有名なようで調べると色々記事が出てきます。

最近は中国のアプリなどで電話番号認証の際に中国の電話番号でないとNGのものが増えているようで、それをかいくぐる方法としてeSenderが利用されているようです。

eSenderは登録後7日間は無料で利用可能なため、今回の一回限り必要なものにはちょうど良いサービスです。

wechatを登録したら、eSenderの公式アカウントのフォローします。

 

チャットの画面の右上の⊕マークから連絡先を追加するをタップします。

 

公式アカウントを選択します。

 

すると検索窓が出てきますので、esenderと入力すると候補に「易博通eSender」が出てきます。

 

このアカウントをフォローします。(フォローをタップ)

 

チャットの画面に易博通eSenderが追加されます。このチャット画面を開くと以下のようなページになります。

ページ下部のeSenderをタップしてメニューを出すと「Registration Service」があり、ここからeSenderに登録が可能です。

登録の画面に移動するとMainland China Number(中国本土の番号)Hong Kong Numer(香港の番号)を作成するか聞かれます。

今回の用途であれば、どちらでも問題ないとは思いますが、一応「Mainland China Number」を選択しました。

次に作成する電話番号の種類を聞かれますが、「General Number Registration」でOKです。

 

次に性別、名前、電話番号、パスポート番号などなどを入力します。

Type of Documentはパスポートを選択し、Document No.にパスポート番号を入力します。

Promotion Codeも入力していますが、現在はこのコードは使えないようです(無料期間が30日に延びるというクーポンみたいなものです)。

Referrer eSender No.は作成する電話番号の国際番号を決めるものですが、+86を選んでおけばOKです(+852は香港の方です)。

Verification Codeは右に表示されている英数字を入力すればOKです。

下まで行くと規約への同意と個人情報の取り扱いについての項目があります。

規約への同意にはチェックを入れて、個人情報の取り扱いについては一番下(Boyuanが販売促進のために個人データを使用することに同意しません、という意味)を選んでSubmitをタップします。

これで中国の電話番号を入手できます。

 

登録が完了すると電話番号の通知もチャットの方に来ます。

 

この後eSenderの利用を継続するためには、本名認証も必要なのですが、今回はとりあえず電話番号さえあればOKなので不要です(SMSの内容を確認する作業がないため)。

取得した中国の電話番号を次に段階で利用します。

 

⑦88VIP会員のページからマリオットのアカウントを作成する

今度はタオバオのアプリ(手机淘宝)に戻ります。

最初と同じくチップページから「我的淘宝」⇒「会員中心」と移動します。

このページの「联名卡」の右側の「更多」をタップして、特典ページへ入ります。(「联名卡」の項目がちょっと下側に出てくるときもあるのでその時はスクロールしてください)

 

「联名卡」のページの中に「88VIP×万豪旅亭家」というのがあるので、これをタップ。(万豪=マリオット)

 

すると特典付きのマリオット会員に登録できるページに移動します。

ページの内容を見ると88VIP会員からマリオットに登録する場合、特典は3つあり、

No.1 マリオットゴールド会員

No.2 有効期限90日の88元のクレジット

No.3 120日以内の8泊マリオットプラチナチャレンジ

となっています。

88VIPの登録費用(15,000円弱)だけでマリオットのゴールド会員の資格も手に入ると考えると非常にお得です。

さらに120日以外8泊でのマリオットプラチナチャレンジの権利も付いてくるとなると非常にお得です。

(なお、88元のクレジットはFliggy(フリギー)での使用のみのため、普通の予約では利用できません)

 

「詳細規則」という所から、細かい規約を読むことができますが、全部中国語なので大事な所だけ翻訳しました。

120日以内に対象となる8泊をすればプラチナエリートになれるということが書いてあります。

とりあえず8泊でのプラチナチャレンジの権利があることは分かります。

 

88VIP×万豪旅亭家のページの「立即注册」(すぐに登録)をタップすると、マリオットの会員登録のための入力事項が出てきます。

 

入力内容は名前と電話番号のみ。

ローマ字で名前を入力し、電話番号は先ほどeSenderで入手した番号(+86は不要)を入力します。

名前はなぜか半角スペースや全角スペースは使えない文字になっています。

電話番号に関して、最初は日本の電話番号を入力したのですが、残念ながら中国語で「有効な電話番号を入力してください」という内容の表示が出て弾かれました

このため中国の電話番号を取得しましたが、他の方法で突破可能な可能性もありますので、色々お試しください。

チェック欄2つ(マリオットの会員規約への同意と、「私は登録活動のルールを知って同意し、Fliggyにアリペイの実名情報を取得して保存し、マリオットに送信してメンバーとして登録することを許可しました」という内容です)にチェックを入れて、「注册会員」をタップ。

 

成功すると以下の画面が表示されます。

 

マリオットの会員番号も表示され、これでプラチナチャレンジの権利の付いたマリオットのアカウントが作成できました。

120日以内に8泊で達成できるプラチナチャレンジの権利もしっかり表示されています

 

これにて88VIP経由でマリオットのアカウントの作成は終了です。

次にこのアカウントの有効化を行います。




⑧作成したマリオットのアカウントを有効化する

マリオットではオンラインアカウントを作成した場合は有効化の作業が必要になります。

88VIP会員経由でアカウントを作成した場合も例に漏れず、有効化の作業が必要です

 

通常、オンラインアカウントを作成してから24時間から48時間で有効化可能になります。

webから有効化を行う場合は以下の方法になります。

マリオットのトップページの「サインインまたは入会する」をクリックします。

すると以下の画面がポップアップします。

このページの「オンラインアカウントを有効にする」をクリックします。

すると以下のページに遷移します。

ここでVIP88経由で入手した会員番号と名前、国/地域を入力します。

「次へ」を押し、入力内容が正しければ、右側の欄に入力が可能になります。

E-mailアドレス、パスワードの入力して「送信」ボタンを押して登録完了になります

なお、パスワードは8~20字、小文字、大文字、数字(または記号)が必須となっていますのでご注意ください。

最後に送信をボタンを押してアカウントの有効化も完了となります。

 

ただ、私の場合は登録されている情報と一致しないというエラーで有効化ができず、マリオットのデスクに電話で問い合わせを行いました。

その結果、どうやら名前の入力フォームが中国仕様だったので、名前の部分がうまく登録できていなかったようです

このため、アカウントを作成してから24時間経ってオンラインアカウントの有効化できない場合はマリオットのデスクに電話した方が良いです。

 

マリオットのデスクに電話してアカウントの有効化(のための名前の修正)を行う場合は、有効化したいアカウントの会員番号と名前を伝えればOKです。

確認として登録時に使用した電話番号を聞かれます。(今回はeSenderで作成した番号を答えればOKです)

また、デスクでの有効化の際にメールアドレスの登録が必須で、登録するアドレスを聞かれます。

既にマリオットのアカウントを保有している場合は、そのアカウントに使用しているアドレスとは別のアドレスを用意しておく必要があります。

 

マリオットのデスクの電話番号は以下通り。

03-5423-6726

 

これでめでたくアカウント作成が完了です。

0泊の宿泊実績のマリオットゴールドのアカウントが出来上がります。

 

補足 8泊マリオットプラチナチャレンジの権利について

このアカウントに本当に8泊でプラチナチャレンジの権利が付いてきているかの確認をしました。

まずはオンラインアカウント有効化の際に日本のデスクに聞いてみたのですが、プラチナチャレンジの権利が付いているかは確認できないという回答でした

そこで、中国のマリオットのデスクにメールで確認したところ、8泊プラチナチャレンジの権利があることが確認できました。

実際にいただいた回答は以下のものです。

内容をみるとこのサービスはフリギーというサービスに連携したもののようです。

88VIPからアカウントを作成していれば自動的に8泊マリオットプラチナチャレンジの権利が付いてきているということですね。

 

ということで日本のデスクからはプラチナチャレンジに関する状態を確認できないようですが、中国デスクでは確認できるという結果になっています

私は既にSPGアメックスに入会したときにマリオットのアカウントも作成しており、複数のアカウントを保有している状態です。

なので、このままアカウントの統合を行うことも考えましたが、日本側でプラチナチャレンジの状況を確認できないため、一旦プラチナチャレンジを完了させてから、アカウントの統合を打診してみることにしました。

アカウントの統合が可能かについては後日追記します。

なお、アカウント統合ができなかった場合はアカウントを乗り換える必要が出てくるので、これまでの滞在実績はパーになります

ですが、ライフタイムエリートを目指していな限り大きな問題にはならないと思います。

 

⑨120日以内に8泊する

88VIP経由で作成したアカウントで、アカウント作成日から120日以内に有償宿泊を8泊すればOKです。

ポイント宿泊やポイント+キャッシュ、SPGアメックスの特典で付いてくるE-サーティフィケイトでの宿泊は対象外です。

 

有償であればよいので、できるだけ安い宿の方が効率的にプラチナチャレンジを達成できます。

私は、プラチナチャレンジ用のホテルとして「フェアフィールド・バイ・マリオット・大阪難波」を予約しています。

GoToトラベルキャンペーンを併用して8泊の宿泊費用は約5万円です。

88VIP会員になるために約15,000円を支払っているので、総額6.5万円でマリオットのプラチナエリートになれる見込みです

 

⑩マリオットのアカウントを統合する(現在検証中

既にマリオットのアカウントを保有している場合は新しく作成したアカウントと最終的には統合する必要がありますが、これに関しては現在検証ができていない状態です。

ただ、いくつかの情報を見ると統合は可能なようです。

しかし、どのような条件でアカウントが統合されるか不明であり、これはプラチナチャレンジが終了してから確認作業を進めます。

 

8泊プラチナチャレンジ+SPGアメックスはお得か?

SPGアメックスは保有するだけでマリオットゴールドの会員資格が得られますが、今回紹介した裏技的方法ではもっと効率的にゴールドorプラチナの会員資格が得られます。

このためSPGアメックスのメリットは小さくなりますが、それでもSPGアメックスを保有することで以下の3点では明確なメリットがあります。

  1. SPGアメックスは入会時の特典でポイントが獲得できる
  2. マリオット系列のホテルで決済すれば6%還元
  3. 2年目以降は無料宿泊特典が獲得できる

 

現段階ではアカウントの統合できるか不明ですが、プラチナステータスを引き継いだままアカウントの統合が可能な場合でもSPGアメックスは継続して保有していく予定です。

 

なおSPGアメックスは入会キャンペーンも実施していますが、実は公式サイトから申し込むよりも既存のアメリカンエキスプレスのカード保有者からの入会の方がお得になっています。

SPGアメックスの公式ページからの入会特典は、「入会後3か月以内に10万円以上カード利用で30,000ポイント獲得」となります。このため、入会特典分と10万円利用分を合わせて33,000ポイントはすぐに獲得可能です。

しかし、SPGアメックスはアメリカンエキスプレスのカード保有者の紹介経由で入会すると、入会特典が「入会後3か月以内に10万円以上カード利用で36,000ポイント獲得」となります。10万円利用分と合わせると39,000ポイントが獲得可能です。

紹介を経由するだけ6,000ポイント分(=20万円利用分に相当)も多く獲得できます。

ちなみに35,000ポイントあれば、カテゴリー5というランクのホテルまで宿泊可能で、国内でも多くのホテルに宿泊可能になるのでSPGアメックスの入会キャンペーンでもさらに無料宿泊ができるようになっています

もし、紹介経由でのお申し込みを考えている方は下のお問い合わせフォームからご連絡ください。ご連絡をいただければ、SPGアメックスの紹介URLをご案内いたします。(アメックスの規約で不特定多数の人に紹介用のURLを公開することが禁止されているため、本ブログでは紹介URLを掲載しておりません。)

 

まとめ

アリババの88VIP会員を経由した8泊でできるプラチナチャレンジについて紹介しました。

中国のサイトをバンバン利用することや色々怪しい点はあるので、リスクも大きいです。

現段階ではアカウントの統合に関しても情報が少ないので、今後分かったことがあれば追記していきます。

 

今回紹介した方法を実行される際は相応の覚悟のうえ挑戦ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です