ANAマイルを貯めるなら、スマホはドコモがおすすめである理由を解説

クレジットカードで決済したり、ポイントサイトを利用する方法などでANAマイルを貯めることができます。

特に固定費の支払いは確実にマイルを貯めることができる部分なので少しでも多くのマイルが獲得できるようにしたい部分です。

今ではスマホを一人一台持つのが当たり前になっていますが、通信料金は年間で見ると最低でも数万円の料金を支払うことになります。

このため、スマホの料金の支払いでも多くのマイルを貯めることができれば、効率的にマイルを貯めることが可能になります。

最近では格安simの登場でスマホ料金を抑えている方も多いかと思いますが、実はマイルを貯めるならスマホは「ドコモ」にするがとてもおすすめです

今回は、ドコモを利用することで通信費を抑えつつ、ANAのマイルを貯める方法をご紹介したいと思います。

料金の支払いでdポイントを貯める

ドコモでは、料金の支払いに対してdポイントが貯まる仕組みになっています。

この仕組みを最大限生かすことで、効率的にマイルを貯めることが可能になります。

dカードゴールドで10%のdポイントが獲得できる

最初に重要なのが、dカードゴールドを利用する点です。

ドコモの料金は通常では支払いの1%に相当するdポイントが貯まるのですが、dカードゴールドを所有すると支払いの10%に相当するdポイントが貯まります!

dカードゴールドは年会費10,000円+税がかかりますが、10%ポイント還元以外にもケータイ補償サービスが付いてくるのでドコモユーザーなら損することはありません。

詳細はこちらのページで解説しています。

ドコモユーザーに人気のdカード GOLD メリットと注意点を解説

2018.09.17

このため、ドコモのスマホを利用してdカードゴールドを持っていると、dポイントがザクザク貯まります。

dカードゴールドはポイントサイト経由で発行!

しかも、dカードゴールドはポイントサイトから発行することで多くのポイントが獲得できます。

「すぐたま」というポイントサイトを経由して発行すると、なんと44,000mile(=22,000円相当)が獲得できます。(2019年4月15日時点)

しかも、以下のバナーから「すぐたま」に登録して、dカードゴールド発行すれば、入会特典として3,000mile(=1,500円相当)も獲得できます。

すぐたま公認 ここからの登録で600mile(300円相当)無条件で貰える♪

「すぐたま」で獲得したポイントもANAのマイルに交換する方法があるため、カード発行だけでも大量のANAマイルが獲得可能になっています。

しかも、dカード側のキャンペーンも実施しているので、非常にお得です。詳細はこちらの記事で紹介しています。

ANAのマイル、プリンスポイントのどちらに交換してもOK! 一撃44,000mile + 11,000円相当のdカードゴールドは超おすすめ案件!

2019.04.15

料金の支払いはdカードゴールド以外で!

dカードゴールドを利用する上で注意すべき点があります。

それは、dカードゴールドは「ドコモのスマホ料金」や「ドコモ光の料金」の支払いに対してポイントが付かない、ということです!

実は、dカードゴールドに入会するとドコモの料金の支払いで付く1%のポイントが10%になるという仕組みになっています。

このポイントはどのような支払い方法でも付きますので、料金をdカードゴールドで支払う必要はないのです。

なので、ANAカードやSPGアメックスなど、ANAのマイルが貯まる別のカードで支払うのがお得です。

気が付きにくい落とし穴なので注意しましょう。

ドコモ光を併用する

ドコモ光の料金もdカードゴールドの10%ポイント還元の対象になっています。しかも、スマホのドコモ回線とドコモ光を併用することで割引制度もあり非常にお得です。

このため、お家のインターネット回線はドコモ光にすることで回線費用を下げつつ、dポイントがザクザク貯まります。

しかも、ドコモ光はdカードゴールド同様に「すぐたま」を経由して申し込むと46,000mile (=23,000円相当)が獲得可能になっています!(2019年4月15日時点)

すぐたま公認 ここからの登録で600mile(300円相当)無条件で貰える♪

さらに、ドコモ光のキャンペーンで今なら新規工事費用無料、最大10,000円相当のdポイントプレゼント、最大15,000円キャッシュバックがあるのでと非常にお得なので、申し込むなら今がチャンスです。

貯めたdポイントはANAマイルに交換!

ドコモ回線とdカードゴールドで貯めたdポイントをANAのマイルに交換します。

交換方法はいくつかあるのですが、比較的交換レートの良い2つの方法をご紹介します。

dポイント⇒Pontaポイント⇒LINEポイントのルート

ANAのマイルを貯めるにはソラチカルートを利用するのが一番効率が良い方法です。

現在のソラチカルートは「LINEポイント⇒東京メトロポイント⇒ANAマイル」の流れで交換するため、LINEポイントルートとも呼ばれています。

LINEポイント⇒メトロポイント、メトロポイント⇒ANAマイル、でそれぞれ90%の交換になるので、LINEポイント~ANAマイルで81%の交換になります。

dポイントからLINEポイントに交換するには、Pontaを経由する方法があります。(下図:出典はポイ探より)

ドコモ回線ならこの方法で交換可能になっていますが、10,500ポイントから6,723マイルとなり、交換率は64%です。

しかし、交換上限が年間10,500ポイントなので大量のdポイントを交換することができないという欠点があります。

そこで、おすすめは次の方法になります。

モッピーで月額課金コンテンツを購入する方法

実はこの方法が確実で効率的にANAのマイルに交換できます。

使うのはモッピーというポイントサイトです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
会員登録でもポイントゲット!

4月30日までの期間限定ですが、モッピーはこのページのバナーから会員登録後に5,000ポイント以上獲得(達成期限は5月31日まで)で1,000ポイントが貰えるので、非常にお得です。

モッピーのトップページのメニューから「即P付与」をクリック。

すると、スマホで利用可能なアプリダウンロードなどの案件が出てきます。

お使いのスマホのOS(iPhoneか、android)を選択して、ポイント数順に並べると様々な案件が月額課金のコンテンツが出てきます。

使うのは、HAPPY!動画(9,000円コース)の案件です。

ドコモを利用している人限定で利用可能な案件になっています。

ポイント獲得条件は、初回登録または前月末日までに退会済みで再登録でも対象となります。このため、毎月利用可能な案件になっています。

支払いにdポイントを充当

この月額課金コンテンツを利用して、9,000円+税を支払ってモッピーのポイントを手に入れます。このコンテンツはドコモの料金の支払いと一緒に請求が来ますが、支払いにdポイントを充当することが可能です。

なので、dポイントを実質モッピーのポイントに交換することができるのです。

注意点は「解約しないと翌月の請求が来る」という点です。ポイントが付与されたら、忘れずに解約しましょう。

このコンテンツを購入⇒解約すれば、9,720円の支払いで実質9,000ポイントを手に入れることができます。

モッピーのポイント⇒Gポイント⇒LINEポイントというルートでLINEポイントまで等価で交換可能になっています。

なので、dポイント9,720ポイントを7,290ANAマイル(交換率75%)で交換できるため、非常にお得です。(Gポイント⇒LINEポイントでポイントが減っていますが、ポイントバック制度があり、実質等価で交換可能です。)

しかも、月々9,720ポイントまでなら可能なのでdポイントが大量にあっても問題になることはほとんどありません。

複数回線なら、月々のコストを抑えられる

ここまでドコモでANAのマイルを貯める方法を紹介してきましたが、格安Simより割高なドコモでマイルを貯める必要はないと思われるかもしれません。しかし、ドコモの場合は工夫すればかなり料金を下げることが可能です。

家族分の回線をすべてドコモに変更してシェアパックに加入、家のネット回線をドコモ光にする、これだけでも1回線当たりの料金はかなり下がります。

他社からの乗り換えの場合は月々サポートも付きますし、長年ドコモを利用されている方も割引制度があります。

1回線だとコストを抑えるのが難しい

1回線契約だとシェアパックを利用して1回線当たりの通信料金を下げることができないので、やはり割高になってしまいます。

なので、ドコモを割安で利用しようと思うと家族の回線をすべてドコモにするなど、回線の共通化を図る必要がある点は注意が必要です。

6回線の契約+ドコモ光で以下の計算になります。

  • 通話プランはカケホーダイライトを利用:回線数×1,700円
  • ウルトラシェアパック30GB:13,500円
  • ドコモ光:3,800円~5,400円(住宅タイプによる)

上記とは別に、spモード使用料300円が各回線に、主回線以外にはシェアオプション500円がかかります。

一方、ドコモ光セット割で最大2,500円の割引があるため、最安の場合は29,300円(税抜)となります。

6回線+自宅の光回線で30,000円を下回るのはかなり安い水準です。他にも新規回線契約すれば月々サポートでの割引もあったり、ドコモの学割があったり、スマホの種類次第ではdocomo withも使えるので、割引をさらに増やすことも可能になっています。

これに加えて、dカードゴールドの威力で1,000ポイント以上は確実にdポイントが入ってくるので、マイラーをやっているのであればドコモを非常におすすめできます。

ずっとドコモ割でもdポイントがもらえますが、期間・用途限定dポイントなので、ケータイ料金の支払いに使えない点には注意が必要です。

5月22日から新料金体系に変更

ドコモの料金体系が今年の5月22日から変更になりますので、ご注意ください。5月21日までに申し込めば旧料金体系で申し込めます。

さいごに

今回紹介したようにドコモの料金はうまくプランを組み合わせれば大幅にコストを下げることも可能になっています。

なので、ドコモユーザーの方は回線料金を見直しながら、dカードゴールドを発行すれば非常にお得にスマホを利用することができるようになります。

マイルを貯める目的もありますが、スマホの料金自体を抑えることも重要なので、既にドコモを利用されている方も是非既存のプランを見直してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です