還元率1.2%のクレジットカード発行で最大18,000ポイント獲得可能な案件が登場! 週末限定の美味しい案件を見逃さずゲットしよう!

ポイントサイトのクレジットカードの発行案件は大量のポイントが獲得できる貴重な案件です。

特に年会費無料&高ポイント数の案件となるとポイントサイトに案件が掲載されることも少なくなってきています。

ですが、今回ポイントサイトのハピタス経由のリクルートカードの発行案件でなんと最大18,000ポイント(=18,000円相当)も獲得できるチャンスが到来しています。

リクルートカードは年会費無料にも関わらず、還元率は破格の1.2%という素晴らしいカードです。

なお、このキャンペーンは3月2日の9:59までなので早めに申し込みましょう

この記事では、最大18,000ポイント獲得の内訳や獲得条件、リクルートポイントの使い方について解説していきます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタス経由でリクルートカード発行で8,000ポイント!

リクルートカードの発行をハピタスを経由するとなんと8,000ポイント獲得できます

年会費無料&高還元カードでは破格のポイント数です。

ポイント獲得条件は新規カード発行完了(カード受け取り必須)となっています。

リクルートカードの国際ブランドはVISA, MasterCard, JCBの3つがありますが、今回はすべて対象となっています

逆にポイント対象外となるのは、既にリクルートカード・プラスを所有の方となります。

ハピタスのポイントアップ期間は3月5日の12:00までとなっていますが、早期に終了する可能性もあるので早めの申し込みがオススメです

ハピタスのポイントはドットマネー経由で好きなポイントへ交換できます

ハピタスで獲得したポイントはドットマネーを経由すれば非常に多くのポイントに交換できます。

ドットマネーからはリクルートポイントやTポイントなどにも交換可能となっています。

また、ハピタスから現金にも交換可能となっているので、ハピタスで獲得したポイントの使い道に困ることはありません。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

リクルートカードのキャンペーンで最大10,000ポイント獲得可能!

リクルートカードの方でもカード発行のキャンペーンを実施中です。

条件を満たすことで最大10,000ポイント獲得可能になっています

キャンペーン期間は3月2日の9:59までとなっています。

ハピタスのポイント数も高い今週末はまさにリクルートカード発行の狙い目です。(リクルートカードは週末にポイントアップすることが多いですが、ポイントサイトに掲載されているポイント数が高い状態で10,000ポイントのキャンペーンが来ることは非常に珍しいです。)

カード発行で4,000ポイント獲得

リクルートカード発行で4,000ポイント獲得できます。

なお、カード発行後のポイント受け取り期間中にカードマイページで受け取り操作が必要なので注意しましょう

この4,000ポイントに関してはカードを発行すればほぼ無条件で獲得できるので受け取り操作だけは忘れずにやっておきましょう。

ポイントの受け取り期間はカード発行日~カード発行日の翌月末までとなっています。

カード利用で2,000ポイント獲得

カード発行日から60日以内にリクルートカード利用で2,000ポイントを獲得可能です。

ただし、以下の利用分は対象外なので気を付けましょう

  • キャッシングの利用分
  • キャンセルした利用分
  • 年会費や電子マネーチャージ(一部を除く)利用分など、カード会社が1.2%のポイント加算対象外と定める利用分

通常の買い物で利用すれば対象となるので、対象外となるカード利用をそこまで気にする必要はありません。

カードを発行したら、早めに一度はカードを利用しておきましょう。

ポイントの加算時期は初回カード支払い月の11日頃となっています。

携帯料金の支払いで4,000ポイント獲得

こちらは少し条件のハードルが高めで、携帯電話料金の支払いをリクルートカードにする必要があります。

対象となる携帯電話会社は、ドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobileの4社のみです。

このため、格安simを利用されている方はこの4,000ポイントは獲得が難しくなっています。

対象とうなるカード利用期間はカード発行日から60日となっています。

ポイント加算日は携帯電話料金の初回カード支払い月の11日頃となっています。

期間限定ポイントはじゃらんやホットペッパーで消化可能!

リクルートカード側のキャンペーンで獲得できるポイントはリクルート期間限定ポイントとなっています

このキャンペーンで獲得できるリクルートポイントの有効期限は、受け取り・加算日の翌月末までとなっています。

有効期限としては約1.5か月程度なので、早めに使い切る必要があります。

また、リクルート期間限定ポイントは他のポイントへの交換はできないので、リクルートのサービスで利用することになります。

リクルートの代表的なサービスとしては、じゃらん、ホットペッパーなどがあるので、使い道に困ることはありません

特にホットペッパービューティーは掲載店舗数が非常に多いので、全国どこでも利用できるのは強みです。

リクルート限定ポイントの消化方法について以下の記事にまとめていますので、気になる方はご参照ください。

リクルート期間限定ポイント おすすめの消化方法を紹介! リクルートカード発行で獲得したポイントを使い切りましょう!

2019.01.17

合計で最大18,000ポイント獲得可能です

ハピタス経由でリクルートカードを発行することで、最大18,000ポイントを獲得可能です。

内訳はハピタスで8,000ポイント&リクルートカード側のキャンペーンで10,000ポイントとなっています。

リクルートカード側のキャンペーンの携帯料金支払いの条件をクリアできない方は14,000ポイントとなりますが、それでも年会費無料&高還元率のカードでこれは非常に美味しい案件です。

この機会に、ハピタス経由でリクルートカードを発行して大量ポイントを獲得しちゃいましょう!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です