Kyashリアルカードが還元率0.5%に改悪!

KyashリアルカードはVISAもしくはMasterCardの国際ブランドのクレジットカードと紐づけてりようできるプリペイド式のカードです。

Kyashを利用すると利用額の1%のポイントが還元され、Kyashにチャージされる際にクレジットカードの方のポイント還元も受けられるため、ポイントに二重取りがお手軽にできます。

しかし、2020年4月からKyashリアルカードの還元率が0.5%に改悪されることになりました

本記事ではKyashリアルカードの改悪の内容と対応策について解説します。



Kyashリアルカードの改悪内容

Kyashリアルカードは2020年4月から、「Kyash Card Lite」に名称が変更になります。

これに合わせて還元率が1%から0.5%に引き下げられます

また、Kyash Card Liteになると元々無料だった発行手数料が300円かかるようになります

発行手数料の元を取るためには6万円も利用額が必要で、Kyash Card Liteではメリットが激減します。

しかも、利用額が100万円を超えた際の再発行でも発行手数料300円がかかるので、今回の改悪はかなりダメージが大きいです。

新たにKyash Cardが発行されるが、発行手数料は900円

2020年4月から「Kyash Card」という新しいカードも発行されます。

こちらは還元率1%と現在のKyash リアルカードと同じ還元率を維持できますが、発行手数料として900円がかかります

発行手数料の元を取るためには9万円の利用が必要になるので、ガッツリ利用しないと手数料の元を取るだけで時間がかかってしまいます。

ですが、これまでのKyashと同じ還元率で利用でき、これまで同様還元率1%のVISAかMasterCardのクレジットカードと紐づけて利用すれば。Kyashでの還元率1% + クレジットカードでの還元率1%の計2%の還元率で利用できる点は大きなメリットです。

なお、新しい「Kyash Card」では累計利用額の上限は撤廃されており、累計100万円利用ので再発行の必要はありません

このため、一度発行手数料を払えばOKな点はKyash Card Liteもメリットが大きいです。

またKyash Cardは一回当たりの決済額上限が30万円に、月あたりの決済上限が100万円まで引き上げられています(ただし、月当たりの還元対象決済は12万円で据え置きなので注意が必要!)。

対応策はPayPay×ヤフーカード

2020年2月からのヤフーカードの改悪により、この方法も使えなくなります。

ヤフーカードが大改悪! PayPay、nanacoへのチャージ利用分のポイント付与がなくなります! 取るべき対応策は。。。

2019.12.23

 

2020年4月のKyashリアルカードからKyash Card Liteへの変更で還元率が0.5%に低下し、発行手数料もかかるため、他の決済手段への乗り換えも検討する方が良いでしょう。

2020年4月から発行されるKyash Cardの方へ乗り換えれば還元率1%+クレジットカードの還元率という二重取りを維持することは可能です。

ただし、発行手数料900円がかかることもあり、利用頻度の低い方にはあまりお勧めできません。

現状の還元率ではPayPayとヤフーカードの組み合わせで還元率2.5%を出せるので、最もお手軽な高還元の決済手段です

PayPayはヤフーカードからのチャージで1%、PayPayの残高からの利用で利用額の1.5%が還元されるため、計2.5%の還元率がたたき出せます。(PayPayにチャージできるクレジットカードはヤフーカードのみです)

ヤフーカードは年会費無料&PayPayも無料で利用可能なので、発行手数料がかかるKyash Cardよりも優位性があります。

まとめ

2020年4月からのKyashリアルカード(Kyash Card Lie)の改悪についてまとめました。

還元率が1%から0.5%に半減し、発行手数料も300円かかるため、他の決済方法に乗り換えがオススメです。

2020年4月から発行されるKyash Cardに乗り換えれば還元率は維持できますが、発行手数料が900円かかる点には注意が必要です。

現状ではPayPay×ヤフーカードで還元率2.5%をお手軽に達成できるので、Kyashからの乗り換え先としておすすめです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です