ANAのマイルもJALのマイルもバイマイルできる! ドットマネーモールを利用したポイント・マイルの購入をご紹介

ANAやJALのマイルは航空会社からの直接的な購入はできませんが、間接的にいくつかの方法で購入できます。

通常は1マイル2円以上の単価ですが、ドットマネーモールを利用すると少しお得に購入できます

本ブログでも毎月恒例の記事となりつつつある、ドットマネーモール月末-月初でのポイント購入によるバイマイルをご紹介します。



月末-月初のドットマネーモールでポイント購入ができる

スマホ版のドットマネーモールには、実質的にポイントを購入できる月額課金コンテンツが存在しています

ドットマネーモール経由でコンテンツを購入するとドットマネーのポイント(マネー)が付与される仕組みです。

普段は30,000円(税別)のコンテンツ購入で、15,000~20,000マネーの付与となっており、まったく旨味はありません。

ですが、月末ー月初ではコンテンツ購入代金と付与されるポイントがほぼ同額になることがあり、これを利用して実質的にポイントを購入を狙うことができます

そして、購入したポイントをマイルに交換することで間接的にマイルを購入可能になっているわけです。

コンテンツの購入方法と注意点

ドットマネーモールでのコンテンツの購入については以下の記事で紹介しています。

ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた

2018.01.28

コンテンツの購入方法の記事でも記載していますが、ドットマネーモールでポイント購入を狙う上での注意点がいくつかあります

中でも最も危険なのが、2か月分課金されてしまうリスクです。

月額課金コンテンツなので、月末に契約して翌月まで解約しないままだと、2か月分の料金が課金されることになります。

例えば、33,000円のコンテンツを購入して33,000マネーを獲得しても、解約し忘れるか解約に失敗すると2か月分の料金66,000円も支払う羽目になります

また、コンテンツの料金は税抜き表示になっているのでご注意ください

下の画像のように10,000円のコースなら支払額は11,000円です。なので、見かけの還元率表示は110%で実質100%還元となります。(下の画像の例なら実質還元率は94.25%です)

コンテンツの購入サイトに飛ぶ前にポイント(マネー)の獲得条件も確認が必要です。過去に利用があるとポイント付与対象外の案件もありますし、同月内の再課金はポイント付与対象外がほとんどです

他にも、コンテンツの契約中に還元されるポイント数が下がるケースもあり、ドットマネーモールページからコンテンツのページに遷移したら、できるだけ素早く契約を完了させましょう

契約後にドットマネーでポイントが付与されていることが確認できたら、すぐに解約しておきましょう。解約時も解約したように見せかけるページが出てくるコンテンツも多いので、要注意です

実質的にポイント購入できるといっても、相応のリスクも伴うため、実行される場合は自己責任でお願いいたします

11月30日時点の還元率の状況

11月30日15:20頃にドットマネーモールの状況を確認しましたが、現段階では高還元のコンテンツは出ていません。

(一時的に見かけの還元率が109%程度のコンテンツが出ていたようですが、今は出ていないようです)

今回は土日跨いでの月末月初になるので、12月1日0:00前後に還元率がどのように変化するか、少し気になるところです。



ドットマネーからANAマイルへの交換方法はTOKYUルートがお得

ドットマネーからANAのマイルへの交換はTOKYUルートを利用するのがオススメです

ドットマネーから直接ANAのマイルにも交換できますが、レートは300マネー⇒85マイル(28.3%の交換)となっており、激マズです。

このため、ドットマネーからTOKYUポイントを経由してANAのマイルに交換しましょう。

だたし、このルートを利用するにはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必要です

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードがないとTOKYUポイント⇒ANAのマイルの交換レートが75%になりませんのでご注意ください。

TOKYUルートについては以下の記事で詳しく解説しています。

交換レート75%で簡単にANAマイルが貯められるTOKYUルートが誕生!ラインポイントルートやニモカルートとの違いを解説!

2019.06.11

TOKYUルートは月100,000ポイント(75,000マイル)の交換上限がありますが、交換レート75%で毎月この量のマイルを貯めることができれば十分と言えるでしょう

ドットマネーからJALマイルへの交換方法は永久不滅ポイント経由が少しお得

JALマイルへの交換はドットマネーからJALマイルへ直接交換も可能です。

レートは500マネー⇒250マイルで50%の交換となります。

JALマイルはANAのように交換レートをアップできるルートはないのですが、現在はキャンペーンの関係で永久不滅ポイント経由での交換が少しお得です

2019年12月末までは永久不滅ポイント200ポイント(1,000円相当のポイント)をJALマイル600マイルに交換できます。(通常は200ポイント⇒500マイルで50%の交換レート)

交換レートは60%となり、ドットマネーから直接交換よりもお得です

なお、このキャンペーンは事前にエントリーが必要です。(以下のリンクがキャンペーンページです)

永久不滅ポイントからJALマイルに交換する場合は、事前にキャンペーンページから必ずエントリーをしておきましょう

一方で、ドットマネーから永久不滅ポイントへの交換は3回のポイント交換が必要です。

ドットマネーはTポイントとJRキューポを経由することで永久不滅ポイントに交換することができます。

また、JRキューポから永久不滅ポイントへの交換はJQカードセゾンが必要です

既に所有されている方は、12月初旬にドットマネーから出発しても2週間程度あれば、永久不滅ポイントまでの交換が完了するので、永久不滅ポイント⇒JALマイルの交換キャンペーンには間に合います。

JQカードセゾンをこれから発行される場合はタイミング的に間に合うと思いますが、ギリギリになると思います

JRキューポまではJQカードセゾンがなくても交換できますし、永久不滅ポイントからJALマイルの交換も通常時でも50%の交換なので、間に合わなくても永久不滅ポイント経由にするデメリットはありません

まとめ

ドットマネーモールでポイント購入し、ANAやJALのマイルに交換する方法をご紹介しました。

ANAのマイルに交換する場合はTOKYUルート、JALマイルへの交換なら永久不滅ポイント経由がお得です。

マイルを買ってでも確保しておきたい場合は、ドットマネーモールの利用も便利ですが、コンテンツの購入には相応のリスクがありますので、自己責任でお願いいたします



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です