SFC修行の費用を抑えるバイマイルの裏技 TOKYUルートとドットマネーモールを使って単価1.33円でANAマイルを手に入れよう!

SFC修行はANAマイレージクラブのステータスであるプラチナメンバー(になってSFCカードを発行すること)を目指すマイレージ修行の一つです。

SFC(スーパーフライヤーズカード)は一度発行して保有し続ければ、プラチナメンバーとほぼ同等のサービスを永続的に受けられるので、非常にメリットがあります

このため、旅行や仕事ではなく、ステータスを取ることを目的に飛行機にのるという行為でSFCを取得する=SFC修行を行う方も多くいます。

ANAのプラチナメンバーになるためには、飛行機の搭乗で獲得できるプレミアムポイント(PP)を50,000ポイント以上貯める必要があります。

しかし、PPは飛行機の搭乗以外に獲得方法はなく1PP当たり10円前後するとも言われますから、50,000PPを稼ぐにはなんと50万円も必要になってしまいます。

このSFC修行の費用を少しでも抑えたいところですが、実はポイントとマイルをうまく利用すれば安くすることが可能です

マイル⇒スカイコインで費用抑制は可能

50万円の費用をそのまま捻出するのは困難ですが、少しの工夫で負担は減らせます。

それはANAスカイコインを使って航空券を購入する方法です。ANAスカイコインはANAの航空券の購入などに1コイン=1円で充当できる電子マネーのようなものです。

ANAスカイコインはANAのマイルから交換して手に入れることができます。

交換レートは、10,000マイル未満だと1マイル=1コインでしか交換できないのですが、数万マイル単位で交換すれば交換レートもアップしてお得です。

さらに、SKYコインに交換する場合はANAゴールドカードかANAのステータスを持っているとよりお得に交換できます。

交換レートは以下の通り(ANAのHPより抜粋)

ステータスがない場合は最大1.6倍、ステータスがブロンズ以上であれば最大1.7倍までのレートでスカイコインに交換できます

つまり、SFC修行を開始してノンステータスの間は1.6倍で、ブロンズステータスになれば1.7倍に交換できるので、ANAのマイルが約30万マイルほどあればSFC修行にかかる50万円分の費用を賄うことができます

(マイルを使った特典航空券ではPPは貯まりません。ご注意ください。)

ANAマイルは様々な方法で貯めることが可能

30万マイルを貯める方が大変と思われるかもしれませんが、ANAのマイルは元となるポイントさえ集められれば、効率的にマイルに交換できます。

代表的なのがソラチカルートです。

交換レート81%となっており、大量のマイルを集めることも可能ですが、月18,000マイルという交換上限がネックです

また、上の図を見ていただくとわかるように、交換回数も多く、ANAのマイルにたどり着くまで時間がかかります。

このため、30万マイルを貯めようと思うと一年以上かかってしまうため、思い立ったが吉日という感じでマイルを貯め始めても修行を始められるのは一年後ということになってしまいます

大量のマイルを貯められるTOKYUルートを活用する

交換レート75%で簡単にANAマイルが貯められるTOKYUルートが誕生!ラインポイントルートやニモカルートとの違いを解説!

2019.06.11

ソラチカルートは一気にマイル貯めるのには不向きです。そこでTOKYUルートという今年6月に開通した新ルートを活用します。

交換レートは75%ですが、ドットマネーから交換二回でANAのマイルにたどり着き、上限も月75,000マイルと大量のマイルを貯めるのに最適なルートです。

しかし、30万マイル分に交換するための40万ポイントを集めるのはポイントサイトなどを活用しても至難の業。そこで登場するのがドットマネーモールでのポイント購入です




ポイントはドットマネーモールで実質的に購入できる

スマホ版のドットマネーモールには実質的にポイント購入可能な月額課金コンテンツがあります

ドットマネーモールで実際にポイントを購入する方法は以下の記事で解説しています。

ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた

2018.01.28

ドットマネーモールの月額課金のコンテンツは月末から月初めにかけてポイントがアップし、1ポイント=1円での購入が可能になるパターンが多いです

月額課金コンテンツに申し込むので、ポイントが付与されたら即解約を行う必要があります。

解約を忘れると翌月も課金されます。つまり、10,000円で10,000ポイント貰えるコンテンツを申し込んで解約を忘れると追加で10,000円(計20,000円)と取られてしまい、10,000ポイントのために20,000円を支払う羽目になります。

このような事態に陥ると、ポイントの購入で大損することになりますので注意が必要です。

このポイント購入方法はノーリスクではない点をご理解いただき、実践される場合は自己責任でお願いいたします。

実際にドットマネーモールでポイント購入をする場合の注意点を列挙しておきます

ドットマネーモールでポイントを購入する際の注意点

  • 申し込む前にポイント付与条件を確認する。(再申し込みでもOKなコンテンツと不可のコンテンツがあります)
  • 申し込んでポイントが付与されたら、すぐ解約する。
  • 月末のポイントアップのタイミングに申し込む際は、月初に同じコンテンツに申し込んでいないことを確認する。
  • 月末のポイントアップのタイミングに申し込む際は、日をまたぐ前に解約できる時間的猶予があることを確認する。課金は月締めなので、31日でコンテンツ購入するとその時点で課金され、翌月1日まで契約状態だと翌月分も課金されてしまう。
  • 申し込みから解約まではこまめにスクショを取るか、まとめて動画を取っておくとよい。(解約がwebでできなかったときの保険)
  • 解約が簡単なコンテンツからチャレンジする(うざたん、コレクト彼氏、よむよむアニメなどが簡単です)
  • 支払いはクレジットカード。VISA, MasteCardは使える、JCBも大体使えるが、アメックスは使えないことが多いという点には注意。
  • 申し込みが確定する前にドットマネーモール側のポイント数が下がると、付与されるポイント数も下がったポイント数になるため、購入ページに遷移してからはできるだけ素早く申し込む。

ドットマネーからTOKYUルートでANAマイルを実質的に購入

ドットマネーモールで1ポイント=1円で仕入れてTOKYUルートでマイルに交換した場合、1マイルあたり1.33円で購入したことになります

ANAのマイルからスカイコインへの交換は1マイル=1.6円なので、単に航空券を購入するよりもお得です

ドットマネーを使った各種バイマイルについては以下の記事にまとめていますので、ご参照ください。

ANAのマイルを1マイル1.23円~1.48円でバイマイルする方法を解説 ~ドットマネーモールを活用して実質的にポイント&マイルを購入~

2019.06.29

SFC修行に費用は50万円ですが、マイルなら30万マイル。

30万マイル1マイル当たり1.33円で購入したとすると、40万円になります。つまり、SFC修行の費用を10万円も抑えることが可能です

また、ソラチカルートも併用すればさらにマイル単価は下がりますし、ポイント購入だけでなくポイントサイトなどで集めたポイントを当てれば費用はさらに削減可能です。




まとめ

ドットマネーモールを利用した実質的なポイント購入を利用することで低単価でANAのマイルを仕入れることが可能になっています。

これを利用すれば、ANAマイル⇒ANAスカイコインへの交換を利用してANAの航空券を実質的に割引で購入でき、SFC修行の費用も安く抑えることが可能になっています。

ドットマネーモールでのポイント購入は、各種ポイントやマイルを手に入れられるため、今回紹介したようにうまく活用すれば非常にお得になります。

一方で、ドットマネーモールでのポイント購入方法はノーリスクではありません。

この点をご理解いただき、実践される場合は自己責任でお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です