年一回海外旅行に行くなら、マイルを貯めるのが最強の節約術 ポイントサイトを利用してマイルを貯めよう!

まとまった休暇が比較的取りやすい方は、海外旅行を趣味にしているという方も多いと思います。

私の周りも海外旅行にちょこちょこ出かけている方もいるので、どうやって海外旅行に行っているか尋ねると、繁忙期を外れたタイミングの格安をツアーを狙っている方もいれば、少々お金を出してでも行くという人もいます。

しかし実はもっとお得に豪華な旅を楽しむ方法があります。

それはマイルを貯めて海外旅行に行くという方法です

マイルを使うことで飛行機のチケットを無料(もしくは格安)で手に入れることができるため、海外旅行の中でも最もお金がかかる飛行機代を大きく抑えることができます

しかし、「航空会社のマイルってそんなに貯まるものなの?」とか「飛行機に乗らないとと貯まらないのになぜマイルを貯めるの?」と思われるかもしません。

そんな疑問にお答えしつつ、マイルを貯めて海外旅行に行ける方法をご紹介したいと思います。

マイルは飛行機に乗らずに貯めるものです

ANA(全日空)やJAL(日本航空)のマイルは飛行機に乗ること(フライト)で貯まりますが、実は貯める方法それだけではありません。

むしろ、フライトで貯まるマイルは微々たるもので、海外に仕事でバンバン出かける人以外は飛行機に乗ってマイルを貯めている人はいないと言ってよいでしょう

例えば、羽田ーニューヨーク路線は区間の基本マイルが6,723マイルとなっています。往復で13,446マイルですが、座席クラスによってマイルの積算率が違うため、安い座席を取った場合は30~70%になるので、貯まるマイル数も激減します。

マイラー支援サイト様より引用(https://www.milertool.com/mile-pp-simulation/)

出張なら比較的積算率が高いクラスでの予約になることが多いので、マイルがそれなりに貯まりますが、ニューヨークまで出張にバンバン行く人はほんの一握りの人々です。

この路線だけでマイルを10万マイル以上貯めようと思うと8往復は必要ですから、全く現実的な数字ではありません。

このようにフライトでマイルを獲得できるのは海外出張の多い人だけで、残りの大多数の人は飛行機に乗らずにマイルを貯めているのが現実です。

では、飛行機に乗る以外でマイルを貯める方法は他に何があるでしょうか?

ANAカード・JALカードを利用するのも大事だけれども

一番メジャーな方法は航空会社のクレジットカードを利用する方です。クレジットカードの利用額の1%前後がマイルとしてもらえるようになっています。

例えば、ANA VISAカードなら利用額の0.5% or 1%のマイルが貯まります。

マイルを貯めるために、家計のキャッシュレス化を進めて全部ANAカードやJALカードで支払っているという方も多いかもしれません。

年間100万円の決済で10,000マイルほど貯まりますのでそれなりの量にはなりますが、国際線の航空券が取れるほどもマイルの量にはなりません

もちろん、決済額が多くなればなるほど、獲得できるマイル数は増えますが、1,000万円も年間で利用しないでしょうから、クレジットカードの決済だけで貯まるには限界があります。

ポイントサイトが最大にして最強のマイル獲得源

上で説明した通り、クレジットカードで貯める方法には限界があります。

そこで飛行機に乗らずにマイルを貯めるために利用するのがポイントサイトです。

ポイントサイトはお小遣いサイトとも言われるサイトですが、サイト内の広告を利用することでポイントが還元されるという仕組みになっています。

ここで獲得したポイントを様々な方法で航空会社のマイルに交換していきます。

貯めるならANAのマイルがおすすめ

マイルを貯めるなら、JALよりもANAのマイルがおすすめです。ANAのマイルはJALよりもマイルが貯めやすいからです。

というのも、ANAのマイルはポイントサイトで貯めたポイントを効率よくANAのマイルに交換する方法が確立されています

基本的にはポイントサイトで貯めたポイントをLINEポイントに集約して、そこからANAのマイルに交換します。

以下の記事から始まる一連の記事に具体的な方法をを記載しています。

飛行機に乗らずに年間20万マイル以上を貯める方法とは? 誰でも実践できるマイルの貯め方を公開します!

2018.09.02

マイルがあれば、ビジネスクラスも夢じゃない!


ANAビジネスクラス機内食の紹介ページより

ポイントサイトを利用したマイルを貯める方法はクレジットカードとは比べ物にならないほど、マイルが貯まります。

集中的にポイントを貯めれば年間20万マイルも貯まるため、マイルでビジネスクラスの特典航空券を取ることも十分可能です。例えば、ANAでハワイに往復ビジネスクラスで行く場合は一人当たり65,000マイル必要になりますが、ポイントサイトを利用すれば貯めることが可能なマイル数です

普通の旅行でビジネスクラスなんて取ろうものなら、いくらかかるか想像しただけでも恐ろしいですが、マイルを貯めればできてしまうのです。

おすすめのポイントサイトはハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

もし、マイルを貯めるためにポイントサイトを初めて利用しようと考えている方には、ハピタスというサイトがお勧めです。

ポイントサイトは他のサイトもいくつかあり、私は併用していますが、最初に利用していたサイトはハピタスで、今も利用頻度が高いサイトです。

主に楽天市場や宿泊予約サイトを使うときに経由するのと、クレジットカードの発行で利用しています。

詳しくは以下の記事で解説しています。

ポイントサイトのハピタスが圧倒的に支持されている理由を徹底的に解説

2018.01.14

さいごに

こんなマイルの貯まる方法があるなんて、何か怪しい、と思われるかもしれません。

正直なところ、私もポイントサイトを利用したマイルを貯める方法を始めたときは、そんなにマイルなんて貯まるものなのか?と非常に懐疑的でした。

しかし、半年ほど継続してやってみると意外にもマイルが貯まることに気づき、最終的にはマイルでファーストクラスのチケットも発券しました。

ANAファーストクラス 成田-ニューヨーク往復分を発券! 一年にわたる陸マイラー活動の成果の集大成!

2018.07.22

そして、実践すればするほど奥が深いと気づくマイルの世界。皆さんもマイルを貯めて格安で豪華な海外旅行を楽しんでみてください。

番外編 ホテル代は安くならないの?と思われた方は

実はホテル代を少しでも抑える方法もあります。それはホテルのポイントを貯める方法です。しかし、こちらは貯める方法が限られているので、マイルほど劇的な効果はありませんが、確実に低減は可能です。

中でもSPGアメックスが人気で、私もお勧めのカードです。年会費は高いですが、決済額の3%のポイントが貯まる点と年一回一泊の無料宿泊特典があるので、結果的に旅行のホテル代を抑えることができます。

私の場合は旅行に行くこと自体よりもホテルステイを楽しんでいるところもあり、このカードが非常に相性抜群でした。

詳しくは以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

SPGアメックスを持つことの本当のメリット・デメリットについて解説

2019.03.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です