100万円利用で実質年会費無料のプラチナカードに エポスプラチナ 年会費をポイントで支払い可能になります

クレジットカードの中でもステータスの高いプラチナカードとなると年会費も高額になります。

安いものだと1万円程度から高いものだと10万円を超える年会費がかかるクレジットカードもあります。

プラチナカードのようなステータスが高く、様々なサービスが付帯したカードをできるだけ低い年会費で所有したいという方も多いと思います。

今回、エポスプラチナカードが年会費のポイント払いに対応したことにより、条件さえクリアすれば実質年会費を無料でカードを所有できることになりました

この記事では、エポスプラチナカードの年会費のポイント支払いと、エポスプラチナカードのポイント還元制度について解説していきます。



エポスプラチナカード 年会費をポイント払い可能になります

エポスプラチナカードの新たなサービスとして年会費を全額ポイント払いすることが可能になります。

エポスプラチナカードの年会費は通常は税込30,000円ですが、以下のどちらかの条件を満たすと20,000円になります。

  1. インビテーション経由での申し込み
  2. 年間利用額100万円以上(達成した翌年から)

インビテーション経由であれば最初から年会費20,000円で入会可能となっており、エポスゴールドカードで利用実績を積んでインビテーションが来るのを待つのがお得な申し込み方法になっています。

ポイントでの年会費の支払いは全額払いのみで、年会費の支払いの一部にポイントを充当することができないようになっています。

エポスプラチナカードのポイント還元制度

エポスプラチナカードのポイント還元は大きく分けで以下の5本立てです。

  1. 通常のポイント還元0.5%(200円につき1ポイント)
  2. 誕生日月の利用で還元率+0.5%
  3. 選べるポイントアップショップで還元率+1.0%
  4. リボ払い利用で還元率+0.5%
  5. 年会利用額に応じたボーナスポイント

通常の還元率は0.5%とごくごく普通のクレジットカードと同等ですが、様々なポイントアップがあります。

②の誕生日月の利用や、③の選んだショップで利用するとポイントが3倍(還元率としては+1.0.%)になる制度は上手く利用するとかなり還元率を上げられます。

④はリボ払い利用なのでリボ払い手数料が発生しますが、繰り上げ返済を利用すれば手数料をほとんど払わずにポイントを獲得することも可能です。

そして、⑤の利用額に応じたボーナスポイントというのが非常に強烈です

なんと年間100万円利用すれば20,000ポイントも獲得できてしまいます

また、200万円利用なら30,000ポイント、300万円利用でさらに40,000ポイントというように利用額が増えた場合はボーナスポイントが増えます。

年間利用額に応じたボーナスポイントはカード利用の通常のポイント還元とは別に獲得できるため、エポスプラチナカードは非常にポイントを貯めやすいカードと言えます。



年間100万円利用すれば、年会費は実質無料に

上で説明した通り、エポスプラチナカードは年間100万円利用することでボーナスポイントとして20,000ポイントを獲得できます。

そして、エポスプラチナカードの年会費はインビテーション経由か年間100万円以上利用した翌年以上は20,000円(税込)です。

つまり、100万円利用で獲得できるボーナスポイント20,000ポイントを年会費に充てれば、実質年会費無料でエポスプラチナカードを所有できます。

言い換えれば、エポスプラチナカードは100万円以上の利用で実質年会費は無料になります

年間利用額100万円さえ満たせば年会費無料になるプラチナカードは稀有なカードと言えます。

しかも、エポスプラチナカードに以下で紹介するようにプライオリティパスやダイニングサービスがしっかりと付帯しており、サービス面も非常に充実しています。

エポスプラチナカードはプライオリティパスやダイニングサービスが付帯

エポスプラチナカードはプラチナカードとしてのサービスが付帯しています。

中でもお得なのが、プライオリティパスとダイニングサービス(プラチナグルメクーポン)です。

プライオリティパスは海外空港ラウンジを利用できるサービスです

世界の1,300の空港ラウンジを利用でき、このサービスが付帯するクレジットカードも年会費が高いものが多いです。

プライオリティパス付帯のクレジットカードの中で年会費が安いものとして「楽天プレミアムカード」がありますが、年会費10,000円+税がかかります。

このため、プライオリティパスが付帯して実質年会費無料にできるカードは非常に貴重と言えます

また、ダイニングサービスのグルメクーポンは掲載されている店舗のコース料理が1名分無料になります。

グルメクーポン経由でレストランの予約は必要で、料理のコースも指定ですが、お値段の高いコース料理が一名分無料になるのは大きな魅力です。

プラチナカードでは多くのカードに付帯しているサービスではありますが、年会費を抑えつつ所有可能なカードに付帯しているのは珍しいです。



エポスプラチナカードを入手するには?

年間利用額の条件をクリアすれば実質年会費無料になるエポスプラチナカードですが、エポスカードのサイトから申し込み可能です。

ですが、直接申し込みの場合は年会費が30,000円になるというデメリットがあります

また、いきなりプラチナカードを申し込むのは審査のハードルは高いと考えられます。

順当に行くのであれば、エポスカードを発行して、

「エポスカード ⇒ エポスゴールドカード ⇒ エポスプラチナカード」

という順でインビテーションをもらって切り替えていくのが良いでしょう。

インビテーションを経由すれば、年会費も抑えられますし、途中のエポスゴールドカードはインビテーション経由なら年会費無料です

エポスゴールドカードへのインビテーションは比較的すぐに届くことが多いようです。

以下の記事で解説していますが、約30万円の利用でインビテーションが届きました。

エポスゴールドカードへのインビテーションが届く条件とは? 利用実績からインビテーションの条件を解説!

2018.03.24

インビテーションでエポスゴールドを発行すれば、エポスプラチナカードのインビテーションを待つ段階でも年会費のコストがかからない点は大きなメリットです

まとめ

エポスプラチナカードの年会費がエポスポイントで支払い可能になりました。

このサービスと、年間利用額に応じたボーナスポイントを活用することで実質年会費無料で所有が可能になります。

エポスプラチナカードはプライオリティパスはグルメクーポンも付帯しており、利用額の条件をクリアするだけで年会費無料となれば、メリットが大きいカードになります。

プライオリティパスをできるだけ費用を抑えて所有したい方はエポスプラチナカードを目指すのも有力な選択肢となりそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です