楽天ポイントをANAのマイルに交換する方法まとめ【最大75%】

楽天ポイントは楽天カードの利用や楽天市場、楽天トラベルなどの楽天関連のサービスを利用することで貯まります。

ANAのマイルを貯めているなら、色々なポイントをすべてANAのマイルに集約できるとマイルが多く貯まるのでよりお得です。

楽天ポイントは楽天市場や楽天ポイントの利用できるお店で使うことが多いと思いますが、楽天ポイントはANAのマイルにも交換することもできるようになっています。



楽天ポイントをANAのマイルに交換する手順

楽天ポイントからANAのマイルへの交換は、楽天ポイントクラブのポイント交換のページから行うことができます。

楽天ポイント⇒ANAのマイルの「交換する」のボタンを選択すると交換ページに移動します。

交換レートは2ポイント=1マイルで一回の交換で50~1,000ポイントに交換が可能になっています。

交換位は24時間につき一回、一か月につき20,000ポイントまでという上限があるので注意しましょう。

ANAのマイルに交換できるのは楽天の通常ポイントのみで、期間限定ポイントは使えないので注意が必要です。

交換は一週間を要すると記載がありますが、実際にはもう少し早いです。

ポイント交換に必要な情報は、ANAお客様番号、ANAお客様氏名、交換ポイント数です。入力したら、「確認画面へ」のボタンを押して下さい。

すると、交換内容の確認画面になりますので、問題なければ「確定する」を押してください。

以上で交換の申請は完了です。ANAのマイルに交換されるのを待ちましょう。

通常の方法では交換レートが悪い

楽天ポイントをANAのマイルに交換するには楽天ポイントクラブから直接交換するのが簡単で便利です。

しかしながら、交換レートが悪いのがネックです。

1ポイント1円で利用できるポイントなら、2ポイント=1マイルの交換が一般的な相場になっていますが、ポイント数が半減してしまうのでANAのマイルに交換してもお得感がありません。

そこで無理やりにでも楽天ポイントをANAのマイルにレート良く交換する方法をご紹介します。



楽天ポイントをANAのマイルに75%で交換する方法

無理矢理な方法ですが、楽天ポイントをANAのマイルにレート良く交換する方法があります。

この方法を利用するには以下の2つのクレジットカードが必要です。

  • 楽天カード
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 

楽天カードの国際ブランドはVISAかMasterCardの方が良いです。

楽天ポイントをANAのマイルに交換するために、ドットマネーモールを利用します

スマホ版のドットマネーモールでは、月額課金コンテンツを購入することでポイントが付与される案件があります。

これを利用することでポイントを実質的に購入することが可能になっており、購入したポイントをマイルに交換することでバイマイルも可能です。

ANAのマイルもJALのマイルもバイマイルできる! ドットマネーモールを利用したポイント・マイルの購入をご紹介

2019.11.30

そして、楽天カードの支払いは楽天ポイントが充当できるようになっています。ポイントでの支払いは楽天e-naviで申請できますが、期間が毎月12日~20日22時までとなっているのでご注意ください。

これらを利用して、

①ドットマネーモールで月額課金コンテンツを購入し、その代金を楽天カードで支払う(これによりドットマネーのポイントが付与される)
②請求された楽天カードの支払いに楽天ポイントを使う

というように組み合わせれば、実質的に楽天ポイントをドットマネーのポイントに交換することが可能になっています。

ドットマネーモールの月額課金コンテンツは月末-月初めにしか1ポイント=1円購入できないので、タイミングを逃すとなかなか購入できません。

また解約忘れなどのリスクが存在するため利用する前には十分注意しましょう。

一方で、大量のポイント購入も可能な点は非常に多くなメリットです。

実際にドットマネーモールでポイントを実質的に購入する方法や注意点については以下の記事で解説しています。

ドットマネーモールの高額案件にチャレンジしてみた

2018.01.28

 

なお、楽天カードの支払いには通常ポイントしか充当できない点は注意しましょう。

この方法で楽天ポイントをドットマネーに交換したら、以下のルートでANAのマイルまで交換します。

「ドットマネー⇒TOKYUポイント⇒ANAマイル」というルートでポイントを交換することで、全体として75%での交換が可能になっています。

TOKYUポイント⇒ANAマイルでの交換は月上限100,000ポイントまでという制約がある点にはご注意ください。

「TOKYUポイント⇒ANAマイル」の交換で交換レート75%で交換するには、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必要になっています。

詳しくは以下の記事で解説しています。

交換レート75%で簡単にANAマイルが貯められるTOKYUルートが誕生!ラインポイントルートやニモカルートとの違いを解説!

2019.06.11

少し無理やりな方法ですが、確実に交換レートがアップする点は非常にメリットが大きいです。

期間限定ポイントは交換できない

楽天ポイントは通常ポイントの他に期間限定ポイントもあります。

例えば楽天市場のSPUで貯まるポイントの大半は期間限定ポイントとなっていますが、ANAのマイルの交換や楽天カードの支払いに充てることができません

このため、期間限定ポイントをANAのマイルに交換する方法は今のところありません。なので、楽天市場や楽天ポイントの使えるお店で利用してうまく消化する必要があります。

楽天ポイントからANAのマイルに交換しようと思っている方は、期間限定ポイントにはご注意ください。

さいごに

楽天ポイントは楽天カード・楽天市場・楽天トラベルなど楽天関連のサービスを利用していると勝手に貯まってくるポイントです。

楽天ポイントは楽天市場以外でも楽天ポイントが使えるお店が増えてきているので、使いやすさは抜群です。

なので、マイルを貯めていなければわざわざマイルにする必要もありませんが、マイルを貯めているならできるだけ多くのマイルがある方が効率的にマイルを活用できます。

実は楽天ポイントだけでなく、様々な方法でポイントを貯めてANAのマイルに交換する方法があり、私自身もその方法を実践して多くのマイルを貯めています。

マイルを貯めると通常のポイントとは一味違った贅沢ができますので、マイルに興味がある方はぜひ以下の記事を読んでみてください。

飛行機に乗らずに年間20万マイル以上を貯める方法とは? 誰でも実践できるマイルの貯め方を公開します!

2018.09.02

以上、楽天ポイントをANAのマイルに交換する方法の紹介でした。



4 件のコメント

  • こんにちは!
    楽天ポイントをドットマネーに交換するには、楽天ポイントを楽天Edyに交換してから、ドットマネーに交換するのでしょうか?

    • 「スマホ版のドットマネーモール」と「楽天カードの支払いに楽天ポイントを利用できる」という2つのサービスを利用します。
      スマホ版のドットマネーモールを利用してポイント購入する方法はリスクもあるので、自信を持ってオススメできる方法ではありませんが、使いこなせると便利ではあるので、ご紹介しています。
      (チャレンジされる場合は2か月分課金のリスクなどもあるので、自己責任でお願いいたします。。。)

  • お世話になります。

    楽天スーパーポイントをANAマイルにする方法について
    参考にさせていただきましてありがとうございます。

    今までは、楽天のポイントは50%でANAマイルに変えていましたが
    記事にあるように

    (以下抜粋)
    楽天ポイントをANAのマイルに交換するために、ドットマネーモールを利用します。

    スマホ版のドットマネーモールでは、月額課金コンテンツに課金することでポイントを実質的に購入することが可能になっています。

    そして、楽天カードの支払いは楽天ポイントが充当できるようになっています。ポイントでの支払いは楽天e-naviで申請できますが、期間が毎月12日~20日22時までとなっているのでご注意ください。

    これらを利用して、ドットマネーモールで月額課金コンテンツを楽天カードで支払い、そのカードの支払いに楽天ポイントを使うことで実質的に楽天ポイントをドットマネーのポイントに交換することが可能になっています。
    (終了)

    この意味がいまいちわかりません。
    ドットマネーでどのように交換するのか
    教えてください。
    よろしくお願いいたします。

    • こちらこそありがとうございます。
      ご質問頂いた内容ですが、ドットマネーモールを利用する方法はかなり無理矢理な方法で交換をしているので、リスクがあるというのをご理解の上でご利用ください。

      スマホ版のドットマネーモールの「今すぐもらえる」という広告のジャンルのところを見てもらうと、「月額サイトで今すぐ大量にもらえる!」という広告一覧があります。
      この広告(歌の殿堂、よむよむアニメ、うざタンetc)は広告利用後(=課金後)すぐにポイント付与されるので、一か月の料金だけ払って解約すれば、ポイントを購入したのと同じになります。
      (似たような広告はモッピーやECナビ、ポイントインカムなどでも出ていることがあります。)
      (1ポイント=1円で購入できるのは月末-月初だけでタイミングは限られますが、ポイントを購入できる数少ない方法です。)

      楽天ポイントをドットマネーに交換している方法ですが、
      ドットマネーモールにある実質的にポイント購入可能な広告を利用し、支払いを楽天カードで行います。
      そして、ドットマネーモールで利用した分が楽天カードに請求が来ていることを確認して、楽天e-naviから楽天ポイントで支払うサービスを利用します。
      そうすると、楽天ポイントでドットマネーのポイントを購入したことになるため、あとはドットマネーからTOKYUルートでANAマイルに交換できます。

      月額課金コンテンツを利用したポイント購入は解約ミスによる2か月分の課金などのリスクもあり、手間もかかるので自信を持ってオススメできる方法ではないですので、よくわからないと思われる場合は通常通り50%の交換の方が良いと思います。
      (本文の表現も少し分かりにくかったので、少し修正させていただきました。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です